2013年02月28日

爪痕。

R2067437一昨日はいやーな飲み会だったが、2次会はいいメンツで楽しくすごすことが出来た。昨日の夜は杜の都で午前様だったが、1999年のビンテージワインの開花に驚く一方で、仙台牛のスキヤキが全てリターンしてしまった。
■今日は石巻に行ってきた。震災、津波の爪痕を見るに、目頭が熱くなった昼下がりであった。

posted by kuchida at : 20:00 | コメント (0)

2012年12月07日

虚像。

P1010065わずか30分間のために往復4時間の新幹線の旅であった。仕方ないとは言え、その内容はエセ巨像による真の虚像の誤った検証であるが故に、フロントに立つものとしてのツラサがある。やれやれである。
■今日は大きな余震があったようだが、ちょうど東海道線の中。完全に蚊帳の外であった。

posted by kuchida at : 21:50 | コメント (0)

2011年04月28日

3+6連休へ。

286294869あっという間の4月が通り過ぎてGW突入だが、運悪く5/2は出勤になったので3+6連休である。さて、何をいたすかな?
■走る、こぐ、駆る、泳ぐ、楽しむ、憩う、これらを達成することとしよう。
2010122404さて、震災後の東京電力叩きに終わりがない。震災および原発による被害者への補償はされるべきであるが、その原資は電気を活用している全国民で税負担すべきであり、それは被災者の前に国民である方も負担すべきである。
■その上で、エネルギー大量消費型社会を省エネルギー型社会(生産-流通-消費の使用エネルギー半減社会)に変革し、新規格の21世紀型社会で世界をリードできるようになって欲しい。

posted by kuchida at : 19:32 | コメント (0)

2011年04月16日

キング・ゲット。

277924999朝イチで息子と市民プールを3軒回ったが、どこも泳げず。2カ所は来週から営業開始とのことで、1カ所は震災の避難所で福島からの方々が滞在しているとのことだった。身近にあった被災生活に現実を思い知った。
夕方からは実家の台所のテレビを地デジ化してきた。置き場にピタリサイズの24型はインチ単価がとても高かったが、母はご満悦の様子だった。
そして、子供の頃から欲しかった、父のKING SEIKO (ファースト1961-1964製?)をもらってきた。僕よりもこの世をよく知っている腕時計である。母はCREDORを持って行けというが、金色の薄型ウォッチはまだあと5年は早いように思う。部長になったら付けてみることにしよう。

posted by kuchida at : 20:40 | コメント (0)

2011年04月09日

それは「新興」である。

Imgp1105春なのに閉塞感がある世相に刹那を思う。今日は目黒に向かい、311 World reactionの国内長期マクロ分析のワークショップに参加してきた。
■短期的な経済活動は振れ幅が大きく長短があり、中期的には被災に学ぶ新しい仕組みへづくりが始まるだろう。また、物質社会や貨幣価値基準は人の心やプライスレス価値に重心が移り、安全・安心への期待値がより高くなるだろう。中長期的な「復興」は元に戻るという定義ではなく、従来型のモデルには当てはまらないで新しいところに向かう「新興」になるだろう。新規格の21世紀型社会となるかもしれない震災後の日本型社会が漠然と見えてきた。

posted by kuchida at : 17:56 | コメント (0)

2011年03月31日

新規格の21型社会。

P3174943夕べは飲酒で相変わらずに眠れず、ベッドに入っていた5時間も半分は覚醒していた。それ故、自ずと眠い一日を過ごしていた。
■さて、最近気になっていることとして、これからのライフ&ビジネススタイルはどう変化するか?ということがある。震災による原発事故で原発推進は世界的にストップする一方で、地球温暖化対策は留められず、また、化石燃料は有限であり、電気に変わる代替エネルギーもない。行き着く先は”超”がつくエコだったり、高効率化なのだと思うが、それは一体どんな社会なのだろうか?日本は今、新規格の21世紀型社会を創出するリーダーになれる機会にあると考えており、いろんな人たちとの意見交換の中で「新・未来予想図」の仮説を作り仕事に役立てたい、と思っているのであった。

posted by kuchida at : 20:08 | コメント (0)

2011年03月29日

久しぶりの富士山。

P1030012昨日は久しぶりのA席に着席したので富士山を眼下に見下ろしてきた。LX5での撮影もナカナカだ。
■帰路は羽田混雑に付き出発空港待機ということで滑走路一歩手前で待機状態となり、羽田着も少々遅れ、加えてバス送迎の駐機場に到着で随分と時間をロスした。ヤレヤレだ。
■余震が相変わらずに続いており、心配なご時世はまだ暫く続くのであろう。そんな折りではあるが、明日は歓送迎会。平和裡に過ごすコトへの疑問がある。

posted by kuchida at : 20:04 | コメント (0)

2011年03月27日

震災の証。

P3274964久しぶりにベッドルームにある真空管アンプに灯を入れてクラシックピアノを聴きながら読書をしていた。ふとみると地震対策用のつっかえ棒が大きくずれて曲がっており、直してみると金具の付け根が曲がった状態となっていた。我が家でもこれだけ揺れたんだな、という証を初めて見つけた。5分で直るだけで良かったと心から思う。

posted by kuchida at : 17:42 | コメント (0)

2011年03月25日

本番はこれから。

Pc114556年度内最後の特許出願準備を終えた一日であり、来週のデモに向けた準備を終えた金曜日である。微妙な充実感だが、どちらも終わったのは準備であり、本番はこれからである。
寒い冬、花粉症、地震、原発問題でRNC7にさっぱり乗っていない。もしかしたらもう3ヶ月ほど乗っていないのではないだろうか?この持ち腐れはただただモッタイナイ。でも、明日も乗らないだろうなぁ。

posted by kuchida at : 21:22 | コメント (0)

2011年03月23日

不幸な知らせ。

R2065771今日もポロは往復共に燃費が20 km/l。ありがとう。
■さて、今日は早朝から緊急地震速報が何度もあったが、会社の社屋の軋む音が変わってきたように思う。耳にしたところによると中途同期のお父さんが被災してしまったらしい。できることはないからと出社しているようだが、一歩でも東北の地を踏ませてあげて欲しいと切に願うのである。

posted by kuchida at : 21:09 | コメント (0)

2011年03月20日

ビユーン。

Sany0041-1久しぶりの休日出勤。6時半に家を出たが、途中で数kmオーダーの給油待機渋滞が5本ほどあった。開店前のスタンドでの渋滞なので、時間を追う毎に長くなったことだろう。交通量も随分と少なかったこともあり、ポロは往復とも燃費が20km/l超。ありがたいことだ。
エコワークでブラインドを上げて仕事をしていたら、午後には陽だまりで少々うとうとしかけてしまったら、緊急地震速報が「ビユーン、ビユーン」とうなりをあげる。落ち着くことを世界中が願っているはずである。

posted by kuchida at : 19:40 | コメント (0)

2011年03月19日

お月見>地震。

R2066398食後に息子が「月がキレイだ」というので、部屋の灯りを消してオモチャの望遠鏡で月を眺めていた。クレーターも多少は見えるので、天体不思議発見の世界である。
■すると息子が「揺れている」というと同時に携帯の緊急地震速報が鳴り響き、我が家に震度4が訪れた。アリーナには福島からの被災者の方も来られていると言うが、さぞや心配になったのではなかろうか?安堵の夜が皆に訪れることを願うばかりである。
P3194961

posted by kuchida at : 19:15 | コメント (0)

リソース入れ替え。

R1033695-2朝から息子の通院送迎で新都心へ。中山道のガソリン待ち渋滞は2km以上が3カ所だった。あの行列は僕にはムリである。車を使わず公共交通機関に完全スイッチすることだろう。
■息子の通院中、ヨーカードーに行ってみた。入場規制を10分程並び、妻に頼まれたあれこれを購入した。店内は薄暗く、北米の田舎町のマーケットのようだった。それに比べると通りを挟んだコクーンは随分と明るい印象で、更なる節電が出来そうだった。
■そして、息子の通院も終わりコクーンでイタリアン。まぁまぁの割りに高くなくて得した気分である。
P5230071■その後、実家に向かい、W650のガソリンをポロに移し、ポロは満タンとなった。ハイオクとレギュラーが半々まではokな仕様と聞いているが、今のところは3:1程となっているはずである。
■Djebelのバッテリもバッタモンの新品に交換で夕方である。

posted by kuchida at : 16:55 | コメント (0)

2011年03月18日

照らす夜は。

P3184946今日は所用で有給休暇。その分、3連休の間に一日出勤する予定である。日曜かな?
■夕刻には計画停電があったが、昇る月は今夜をよく照らしていることだろう。被災地は今夜も寒いのだろうか?
■さて、今日はDjebelのガソリンをPoloに移した。数リットルだったが、100km弱の走行距離の延長にはなるはずである。来週後半にはガソリンの供給が平常化するという報道だが、さてどうなることやら。

posted by kuchida at : 19:25 | コメント (0)

2011年03月17日

夢から覚めた。

Imgp1117月夜の晩、住宅街はブラックアウト。ここに住み始めて7年間で初めての景色である。県北からの帰途、1カ所のガソリンスタンド渋滞があった以外は比較的空いていたが、自宅に近づくと徐々にバイパス沿いが暗くなり始め、バイパスを左折すると信号も真っ暗で警官が交通整理をしていた。そして、今まで見たことがない真っ暗な道を数百mで自宅に着いた。
Imgp1116■月は煌々とあたりを照らしていたが、マンション内の非常階段は真っ暗で、今週は持ち歩いているヘッドランプがなければアザか擦り傷を作っていただろう。
Imgp1120■帰宅すると、先日自作したW650のウインカーランプが部屋を柔らかく照らし、一昔前に義父が妻にくれたという手回しラジオのFMを妻子が聞いていた。食事を終え、息子が床に就き、ヘッドランプを天井にかけた風呂を出る直前に停電が回復した。
■何かの夢から覚めたような文明を感じた。この感覚は約1ヶ月のキャンプ生活からもどったウランバートルのホテルの夜の感覚と似ている。

posted by kuchida at : 21:32 | コメント (0)

2011年03月16日

この局面での期待。

P1050053そう言えば先週の大震災。東京駅前の高層ビルの屋上のクレーン車は振幅8m位にしなっていたが、乗っていた人はどれほど恐ろしかったのだろうか?
■今日も余震が多々あったが、茨城で震度5弱があった時には秋葉原のラジオデパートの2階にいた。この1週間の地震で一番怖かったのはその時かもしれない。
■さて、今日は来月からの内示があった。難しい局面でリーダーシップを取ることになったが、新たな試みも加えながら邁進したいと思う。明日は社内通知される。期待してくれることを期待することにしよう。

posted by kuchida at : 19:44 | コメント (0)

2011年03月15日

除線訓練開始。

R1032406今朝も早起きで東京駅まで通勤したが、6時過ぎの埼京線、京浜東北線ともにプチラッシュの様相だった。そして、遅刻者も多い朝だった。帰宅は定時で速攻退社だったが同様の混雑。人の流れが変わったのか、それとも間引き運転が故か。
■友達が居ないはずの僕であるが、北から西から安否を問う電話やメールをもらっている。皆に感謝である。放射能の飛散も時間の問題かもしれず、あとは風任せとなるのだろうか?人類の英知をしっかり統制して頂きたいものである。
■今日は除線の練習と言うことで、我が家は24時間換気が止まり、帰宅後は即シャワーでスーツと鞄&ランドセルは玄関保管となった。気休めかもしれないが、人は恐怖に脅えるものである。

posted by kuchida at : 18:54 | コメント (0)

2011年03月14日

計画停電初日。

P2204877大震災後、初の出社となる月曜日。計画停電のニュースもあったため早めに起きたところ、鉄道はもっぱら区内のみの運転で、ベランダから見る武蔵浦和駅も真っ暗だった。混乱に惑わないためにポロでの事業所通勤に切り換えた。
■午後は計画停電が予定されていたので災害休暇と言うことで昼食後に渋滞気味の幹線を避けていつもの1.5倍をかけて帰宅した。途中のガソリンスタンドは軒並み品切れ閉店であり、事業所通勤にも限度があるようだ。
■RNCの登場も時間の問題かもしれないが、盗難が怖いのでCIELOの出番が先になるのだろう。

posted by kuchida at : 16:42 | コメント (0)

2011年03月13日

東日本大震災。

Imgp1104あれから48時間。町民の行方がわからず跡形がない映像は学友の故郷であり、彼がどんな思いで盛岡にいるのかと思うと言葉が出ない。
■午前中にW650を実家に戻しに行ったら、大工の従兄弟が屋根瓦の応急措置をしていた。そして、故郷の駅は変わらずに穏やかであった。これは(被害が少ない)運が良いハッピーだと感じていた。
Imgp1106■気が付くと、自宅マンション脇の小公園の桜がよく咲いていた。もう8分咲きだろうか?北の春は随分遠くに行ってしまったようであるが、一日も早い復興の一助となりたいと思う。また、震災地の復興以上に必要な公共事業などありはしない、とも感じていた。

posted by kuchida at : 16:38 | コメント (0)

2011年03月12日

幸せな海へ。

P8073661東北地方太平洋沖地震(→東日本巨大地震)から24時間以上が経ったが、その間に中越地方でも地震が起きた。宮城沖から茨城沖までの相当エリアで岩石破壊が起きたのだろう。プレート境界型地震とその津波の前で日本は何と小さな島国だろうかと感じている。恐ろしき津波の映像には目頭が熱くなった。
被害は甚大散在といった様相だが、生産、流通共に大きな影響を及ぼすことだろう。政府与野党においては関連法案スルーで来年度予算の早期執行と復旧主体としての役割を日本国に果たしてもらいたい。また、海外からの支援申込も多数とのことだが、是非とも世界からの支援通じて世界の中の日本であることを日本人に教えて欲しい。
海がまた、幸せの場所になることを願っている。
2011311Wp
afterWashingtonpost (c).

posted by kuchida at : 16:55 | コメント (0)

2011年03月11日

大地震!


大揺れだったが新丸ビルは震度4位の揺れだった。18時前に丸の内を出発し、約18キロの戸田の実家には21時半に到着。屋根瓦が多少落ちたそうだ。あとはW650のすり抜け帰宅で22時に無事帰宅。怪我人がいない道中だったのでいい気なものだったが、惨事の中だったら尚大変だったろう。

posted by kuchida at : 22:38 | コメント (0) | トラックバック (0)