2014年12月31日

大晦日in2014。

■2014年最後の夕暮れは息子と自宅の2階から眺めていた。健康ランドはどこも満車で帰宅して退屈してのヒトトキだった。9連休の5日目だが、はじめの3日は仕事とプライベートの混在で、その後もメール処理やらで本当の休日はやってきていない。「新しい門戸を拓く45歳」「両立の46歳」として相応の年末なのかもしれない。
Dsc 0049家庭:4月の異動以降、長期休暇を含んでも週休1日が続き、10月からは週休1.5日になる努力をしている状態で、家族と共有する時間がなくなり、家庭を考える時間がなくなった歳であった。それ故に、妻子には負担を強い、支援できない歳だったと振り返り、申し訳なく思う。1月からは職務編成が変わり、また一人旅になるようだが、家族と当たり前に過ごす時間は増やせるだろうか。「両立の46歳」はまだあと半年あり、それに取り組みたい。
P1000159-1■仕事:研究職から新規事業職に移り、完全なる事業収束を体験し、国際事業に身を転じた。語学が堪能なわけでなく、国際事情に精通しているわけでなく、鉄道に詳しいわけでもない。(全然違うが)経験とバイタリティが強みになるのだろうか。実に疑問であるが、何らか役になっていることは実感しており、強みを磨き、弱みを人並みにする努力を続けていきたいと思っている。製品も顧客も理解していない世界への異動は、自らが取り組むであろう転職以上のものと思っているが、それを理由にすることなく、自らを磨いていきたいものである。
■乗り物:2006年以来の国際線に乗り、中近東、南アジア、東南アジアに出張した。現地でもメトロやフェリーに乗り、思ったよりも立派なそれに驚いた。また、ミャンマーとバングラでウィルス性胃腸炎となり、以前に作った免疫が既に消えていることを実感した。また、のぞみにも乗らなくなった。GolfとR100RSとDJEBELに加えて、ラパンショコラを取得した。結婚12周年の贈り物である。K6AとCVTは何をしても遅いが、足回りと音回りをいじり、まぁ乗れる。いや、家族との時間がない中、ゴルフは不要なのでは?とも思える。
Img 0920PC&カメラ:キヤノンのG1xの機動性に閉口し、パナソニックのLX7を購入して海外出張の友とした。ツーリングの友ともなった。しかし、スマホの利便性に押され、カメラを携帯するという習慣がなくなりつつあり、バッテリーも落ちているのではなかろうか。そんな折り、ニコンのDfをボーナスで入手した。父の遺品のレンズをマウントアダプタで使用してきたが、素子の小ささ故の弊害もあり、フルサイズが欲しかった為である。発売から1年、価格も下げ止まってきたのも要因か。全ての写真はファインダ越しのそれであり、買った甲斐がある。明日の定点観測にも持ち出そうと思っている。パソコンはmacbook airを購入したが、もっぱらプライベートの外出用で、海外進出はしていない。
Dsc 00772015年、まずの半年は「両立の46歳」を掲げ、「公私」の両立、また、「公」の中の実務と雑務と交流の両立、「私」の中の家族と自分の両立をしたと言える歳にしていきたい。「意義」を見出し、自分のものと思えることが先立つものであろうと思っている。

posted by kuchida at : 16:34 | コメント (0)

2014年07月04日

タフに3ヶ月目。

Img 2309インド、バングラに続きトルコと出張続きで、今月はまだミャンマーに行く。遊びに行くわけではないので、成果を求められるつらさがあるだろうなぁ。しかし、昨日は11時前に着陸で、御徒町のサウナ経由で出社し、20時まで会議でその後で懇親会。タフに過ごしてきたが、3ヶ月目もそれは変わらないようである。

posted by kuchida at : 21:26 | コメント (0)

2014年06月14日

8年ぶり。

Img 23642006年末のタイ出張以来の海外出張として、インドとバングラディッシュに行ってきた。成田空港がすっかりと近くなっていたのが驚きで、復路、成田に着陸したのが13:20で、13:38のスカイライナーに乗り、15時前には帰宅、近い。3時間の時差はないようなものだが、それでもボケがあるようである。
国際事業の必要性を感じる旅であった。そこには魚がいる池が間違いなくあるのであった。新規事業よりも堅いことは誰でも証明できそうである。

posted by kuchida at : 15:38 | コメント (0)

2014年01月12日

マイペースツーリング。

Img 06548時発だったが、それはまだ氷点下(-2℃)の出発で、指がしびれてしまったが、京葉道経由で大網白里へ。気温は上がるが風が冷たく体感温度は尚低いままだが、サーファーを見て少し心温まっていた。南下を続けて御宿、館山に至ると早春の候で襟元を開けてのライディングであった。
Img 0667R100RSでのマイペースツーリングは350kmで16.5km/L。もう少し伸びて欲しいが、よく考えると82年式のリッターバイクならこんなものかもしれない。ジャストマイバイクのW650に比べての大いなる差は、高速道をイヤな思いすることなく、むしろ優位に立った気持ちでハイスピードに流せることではないだろうか。ツーリングに必須の高速道を楽しめるというのは大切なことである。土産は落花生2kgなり。

posted by kuchida at : 20:47 | コメント (0)

2013年11月24日

多様性親子。

Img 0493昨日は息子と二人の棒の折山(969m)ハイキング。G1xを持ち込んだが、プアなAFスピードとマクロ以外はシャープさも色合いもナイスであった。また、疲労の足でラクチン帰宅できたのは、COTYとなったゴルフのACCのフル活用であろう。
■ディケイドを超えた息子とは「怒り過ぎない父と正直な息子」でシェイクハンドで楽しい一日であったが、今朝は二人で学習塾に向かい退塾手続き。学習習慣定着が理由である。思えば、僕の両親は「勉強しろと言ったことがない」と自慢していた。そういう子だった僕には宿題をサボり続ける思考が理解できないが、それまた多様性であろう。
■昨夜、MT-01を見に行ったが、社外品マフラーは爆音であれでは買えないが、純正もあるとのことで、それはまた心が揺れる一言であった。

posted by kuchida at : 16:28 | コメント (0)

2013年11月10日

秋が瀬ハイキング。

Img 0433妻がいない朝、息子と二人であれこれ入ったオムレツを作る。寒いねと迎えた朝であるが、寒いのは古民家の中だけで、外に出ると風が温かく、昨夜、息子に買い与えたトレッキングシューズの慣らしに出かける。普段履きだと歩きづらい草地も泥地も枝地もラクチンだと喜んでいた。約2時間弱の秋が瀬トレッキングであった。
■ソフトボール場では、ピッチャーをやっていたらしい女の子が顔面をアイシングしており、その後、救急車が来ていたようである。思いがけない事故の被害、加害について、息子に教えていた。さて、何が記憶に残っているモノだろうか。

posted by kuchida at : 16:16 | コメント (0)

2013年10月20日

無人島へ。

Bw5852LcaaahcwrJRと京急で横須賀へ。そして、フェリーで無人島へ。最低限の商業色の中での2時間にて日本の広さと狭さを実感する。ドンブラコッコ揺られながら、本土に戻り、薬膳料理と珈琲で午前様。
■人の行動基準がどこにあるかということを見定めるのは難しいことであり、5W1HのWhyでのみ疑問を呈することは相手に混乱を来す原因となり、一方で、人を遠ざけてしまう可能性があることに気が付いた一日である。とは言え、好きな人に出ないと、それは問えないなとも感じた一日である。
■2週間ぶりにいい週末であった。

posted by kuchida at : 00:29 | コメント (0)

2013年08月21日

真面目な一日?

Pa095587大阪出張にて真夏の午後を過ごす。コテコテではないが、真面目な大阪気質に出会い、新たなつながりを感じた一日。帰りの新幹線で酔い、帰社後の接待で二度目の酔いでバタンキューの帰宅である。しかしながら、蒸し暑い夜は相変わらずで、今日も寝付き悪いままに朝を迎えるのだろうか。
■新たな一歩二歩三歩があった一日であるという点で、それを嬉しく思う一夜である。明日からはまたプチ憂鬱な課題にどう取り組むかを考える日の始まりである。今日が良き日であることをまずは堪能しよう。

posted by kuchida at : 22:53 | コメント (0)

2013年08月04日

慰安旅行帰り。

Img 0115息子は田舎に帰省故、夫婦の慰安旅行で赤城温泉へ。メゾネットタイプの広い部屋で一夜を過ごす。標高1km近い朝は涼しく、布団にくるまる朝が懐かしかった。三度寝の遅い朝の後で佐野に向かい、プレミアムアウトレットのショッピングと元同僚と行った佐野ラーメンを頂いた。
■ゴルフは18km/Lで上質感もありまぁまぁ。アンチ・カーナビ派にとっては、現仕様で十分であるが、幅1.8mは街のパーキングでちょっとやっかいである。

posted by kuchida at : 22:12 | コメント (0)

2013年05月04日

秩父アゲイン。

P101019443歳にして初めて見た去年の秩父の芝桜であるが、今年は妻と二人で観桜。来年は息子も含めた3人になるだろうか?柔道大会の方は、組んでもらえない柔道に振り回されて抑え込まれて30秒で終わってしまった。いい柔道をする対戦相手だったので惜しいことであるが、それは指導者の問題だと思う。
P1010226■夜は長瀞に宿をとり鉱泉とBBQ。食の細い我が家にあって、BBQコースはなかなかの苦痛だったが、肉有り、魚有り、貝有り、野菜有りの夜で、早寝早起きのGWである。
P1010282■本日は長瀞ライン下りの始発(9時)にて荒川を下り、橋立鍾乳洞で地底体験を済ませ、長瀞での蕎麦ランチを経て15時の帰宅である。昨朝は渋滞なしの一般道で1時間半の秩父着で、今日も渋滞なしの高速道で1時間半弱の帰宅。その辺はストレスフリーである。
■今夜は息子と庭キャンプ。テントとシュラフの一夜で、またまた疲れがたまりそうである。

posted by kuchida at : 17:31 | コメント (0)

2013年04月11日

地域性。

2009010801-1初の原発入場だったが、火力発電所に比べると、見栄えも何もクリーンな感じでスマートな印象だった。リスクはそれと大いに反比例ではあるが・・・。
■昨日の柏崎の夜は、1軒目が余りに不発で、2軒目は大当たりだった。±0の夜であり、1軒目は死に金の4千円で、2軒目は生き金の4千円の出費であった。
■今日の長岡の昼食はラーメンだったが、これまた・・・。越後とは、外食産業が少ない地域なのだろうか?気軽に入れる飲食店が少なくて驚いた。これはまた一つの発見である。

posted by kuchida at : 19:42 | コメント (0)

2013年03月09日

第二のふるさとへ。

P1010141昨日は第二の故郷、弘前に行ってきた。歩道にも雪が積もり、その上を歩くのが懐かしい。また、春のそれはシャーベット状で、思い出す感触であった。
■3人の恩師と会ったが、永遠のお兄さんのような先生方は、誰もが歳を重ね、笑い会うほどの年齢になっていた。卒業してから22年も経てば当たり前のことである。
■夜は学友に会うため、青森市に移動。創作料理屋と静かなバーで旧交を温めつつ、中堅世代の頑張りを讃え合った。夜が更ける頃にホテルに戻ったが、粉雪が吹雪く午前様は寒かった。
P1010152■青森駅から新青森駅に奥羽本線で6分。その後ははやてであっという間のはずだったが、緊急停止と強風による徐行で30分遅れの大宮着であった。とは言え、十分に早い700kmの移動だった。

posted by kuchida at : 17:05 | コメント (0)

2013年02月28日

爪痕。

R2067437一昨日はいやーな飲み会だったが、2次会はいいメンツで楽しくすごすことが出来た。昨日の夜は杜の都で午前様だったが、1999年のビンテージワインの開花に驚く一方で、仙台牛のスキヤキが全てリターンしてしまった。
■今日は石巻に行ってきた。震災、津波の爪痕を見るに、目頭が熱くなった昼下がりであった。

posted by kuchida at : 20:00 | コメント (0)

2012年11月24日

お泊まり!

P1010007昨日は東京ビッグサイトから中央道経由で富士山5合目と周遊で河口湖畔まで。300km弱を18km/Lだったポロ。今日は甲府から昇仙峡を経て韮崎からの帰宅でやはり300km弱だったが22km/L。大きくみて上りか下りかは重要なようである。スタッドレスでグリップが頼りない以外は、ターボの利きもいいし、乗り心地もホイールベースの割りには上々。燃費も良くてイイ車である。
P1010049■昇仙峡は紅葉の盛りでギリギリの秋を堪能することができた。息子も小さな水晶玉を土産に買い、嬉しそうだった。おそらく山梨産ではなくメキシコ産だろうが、地球産であることには変わりない。久しぶりの休養であったが、ドライブの疲労が少々残っているようだ。歳だな。

posted by kuchida at : 16:41 | コメント (0)

2012年09月29日

まだ無理。

P1000872息子を誘ってW650で花の丘へ。秋の定番、コスモスとサルビアで一杯だが、毎年のことで感銘はやや少ない。散歩していると「フィールドアスレチックがいい」というので関越道で森林公園まで足を伸ばす。
P1000924ほぼ誰も居ないアスレチックと水遊びに息子は興じ、僕はかなりの蚊に刺される。午後から柔道なので関越道でトンボ帰りだが、息子が睡魔に襲われる度にグラングランするので、三芳SAで早めのランチを頂き帰宅。
■あいつとのタンデムツーリング、「長距離はまだ無理だな」と感じた土曜日である。

posted by kuchida at : 16:58 | コメント (0)

2012年09月06日

両毛横断。

20120906両毛横断の旅を終えた。沼田の段丘を上り下りし、太田のあぜ道を歩き、大泉の雨上がりでタクシーを待った。
■どこでも温かな言葉を頂いたが、太田では自家用車で駅までの道を送ってくれ、老神温泉、秦基博、そして新規事業について共通点を語り合うことが出来た。ありがたいことである。

posted by kuchida at : 19:31 | コメント (0)

2012年08月15日

ドライブ2012.

P1000829昨日の砂浜遊びに続き、今日は朝7時から磯遊びを2時間弱。その後、なかみなとの魚市場でツブ貝焼きと岩牡蠣をペロリと頂き、2時間程のドライブで実家に帰還。既に姉さん2家族は到着で少々面倒くさい時間を過ごす。夏季休暇も丁度半分を過ぎてしまったか、トホホ。
2日間のドライブは400km弱となり、燃費は19km/L。まぁ上々である。息子と二人で泊まりがけのドライブとは、思えば初めてだな。

posted by kuchida at : 18:47 | コメント (0)

2012年07月29日

裸足の石拾い。

P1000574■夏休み第1弾。北海道の往復旅行から帰宅した。妻子は1週間後にフェリーでの帰宅の予定であり、さて、どんな楽しいシングルライフにしようか思案中である。
■ひとまず今日はW650に乗って隣市のユニクロに向かい買い物&プチツーリングで、帰宅してから早めの夕食を作り、美容院でカットで19時である。
■北海道では登別温泉にも連れて行ってもらったが、一番の楽しみは息子と二人で林道を上り、草を払って沢に下りて裸足で石拾いをしたことだったな。
P1000578夏休み第2弾は8/11からとなるが、それはまたどんな楽しみ方をしようかな?秩父の方に行って石拾いしようかな?とは思っている。

posted by kuchida at : 19:23 | コメント (0)

2012年07月19日

夏の午後。

620183499真夏の宇都宮だが、関東でここだけ時雨の不思議な街。その分だけ空気がヒンヤリとしており、帰途あるく浦和界隈はただただ暑い。それでも明日は多少気温が下がるようで、さてどんな塩梅だろうか?
■今日はサブテーマで終わった一日であり、少々主体性に欠けていたかなぁと振り返る。プチ左遷気分であるが、明日はどっぷりメインテーマの一日となるが、相方は陸に上がった深海魚のような人たちであり、それはまた憂鬱な一日となりそうである。やれやれ。

posted by kuchida at : 17:33 | コメント (0)

2012年07月04日

乗り過ごし!

P8185447-1今日は高崎経由で沼田の手前まで行く予定だったが、大宮に止まっていたMAXときに乗ったら「次の停車駅は越後湯沢〜」。緊急事態となったが、上毛高原にリターンでお客様訪問は定時通りで済んだが、勉強代が2千円強でトホホ。いい旅路で、2年前に見たこの風景にまた出会ってきた。上毛から越後の山並みは相変わらずキレイであった。

posted by kuchida at : 19:26 | コメント (0)

2012年06月30日

ブーツ新調記念ツーリング。

P100040825年ぶりに新調したツーリング用ブーツが届いたので、それを履きたくて4時半出発で奥武蔵GL経由で越生まで往復150kmの旅路。防水ブーツで15千円強だったが、Forma社Majesticというのがそれで、おろしたてと言うことで硬くてギクシャクしていたが、帰りにはまぁ何とか・・・である。
■車検で交換したタイヤもこなれてきたので、バンク角を上げていったら、浮き砂に両輪取られて久しぶりのスライドで小心者にまた戻ってしまった。
P1000417-2
■まぁ慌てずに安全運転を心がけての帰路であったが、奥武蔵はやはり見所満載である。黒山三滝というのを下見してきたが、暗い谷の中で奥行きがある水の流れはマイナスイオンが一杯で、バイクでもなく、サイクリングでもなく、トレッキングにて楽しみたい道がさらに続いていた。「次は家族で泊まりで来よう」と強く思った。
P1000420-1■帰宅は8時過ぎで、一休み後に会計士さんのところに相談に向かう。と言っても本論は15分程で残りの2時間弱は四方山話。人生の大先輩との話はワクワクが募るが、少々自慢話をし過ぎたか?
■夕刻には半年ぶりの中浦和の美容院へ。お一人様美容院故、予約が取れないので、その日暮らしで仕事をしていた折りは全然行けず、自分切りや一見カットで半年を過ごしてきた。メールのやりとりを久しぶりにしたら、「粗相があったか?」と心配していたという。大変申し訳ないことをしてしまったと反省している。良く謝ろうと思っている。
■夜は事業所の自転車部の懇親会。新入社員含めて7,8人のようだが、自分が最年長かと思うと歳月の流れを感じずにはいられない。

posted by kuchida at : 13:41 | コメント (0)

2012年06月28日

讃岐の楽しい夜へ。

R2067305昨日は737でチト遠回りして讃岐へ。それにしても窓が汚いなぁ。
■夜は韓国料理とカラオケボックスで過ごす時間は妙に楽しかった。メンツ次第で酒は美味しいモノに変わるのだろうか?素朴な疑問である。
■しかしその分、今日は一日眠たくて大変だった。のぞみでは寝てもねても足りない感じで3時間余があっという間だった。

posted by kuchida at : 20:27 | コメント (0)

2012年05月27日

満ちあふれる感。

P1000282今朝は実に軽く1時間のサイクリング。力むことなくいつもの道を流す・・・ポタリングか?朝の木漏れ日の柔らかで静かな空気感の中に居ると、実に癒される。今日のあれこれをしたい思いが満ちあふれてくるようである。
■ということで妻子をファミリードライブに誘い、my favoriteな足利へ122号で。ニジマスの釣り堀で僅かな時間で6匹を釣り上げて、その場で塩焼きの早めのランチ。その後、巨石群を久しぶりに巡った。今まで一緒にその道を歩いた人たちを思い出しつつ2012年を感じていた。もう20年来行っているところだからなぁ。
P1000317■行道山にも行こうと思ったが、まぁまぁいい時間になってきたので、南下を始めて羽生の健康ランドで1時間。普通の土日だが随分と遊んだ気がする2日間であった。

posted by kuchida at : 19:26 | コメント (0)

2012年05月25日

旅に出たくなる。

P1000205石田ゆうすけの著作を読んでいる。旅に出たくなる。この際、自転車じゃなくて、バイクでも、汽車でも、船でもいいや。新しい世界観や人生観をつかみたいものである。「旅が日常に変わる」「何千年も変わらずそこにあるものと自分の対比」「異文化にある心底の違い」のあたりは自分も旅で感じてきたあれこれで共感している。つまらない時間に後悔しそうである。

posted by kuchida at : 19:43 | コメント (0)

2012年05月19日

つくづく思う。

P1000263昨夜は面倒くさい人のコトで眠れずにいたが、4時半起きで前橋経由で赤城山へ。5人のパーティで3年前のルートの逆走。真夏は生い茂った緑で何も見えないルートだが、まだ春になりたての今は大沼も関東平野も丸々見えていい景色だった。
■いい人達が居る会社だなぁと思いつつ、励まされた一日だった。
■帰路は隣の部長のロードスターで久喜まで。久しぶりのオープンカーだったが、温泉で飲んだビールで眠くて仕方がなかった。
■そうこう言ったとしても、プライベートはやっぱり家族とだなとつくづく思う一日だった。

posted by kuchida at : 19:07 | コメント (0)

2012年05月13日

戻らない時間。

P1000255家族で餃子を食べに行く。少食の3人にて、餃子24個とラーメン&チャーハンで、帰路にはアイスクリームと土産あれこれ。
■宇都宮の観光スポットもピンとこないのでとんぼ返りで、別所沼公園で小休止で帰宅。ドアツードアで5時間の旅であった。
■クラシックピアノを聞きながら、窓の外の町の音を聴いていると、そこには感傷的な思い出が巡り行きつつあり、戻らない時間がそこにあるようである。戻らない時間で、取り戻したい時間とは一体何であろうか?それは分かっていたはずの後悔の結果であろうか?

posted by kuchida at : 16:27 | コメント (0)

2012年05月03日

GWのはじまり。

P1000140遅まきながらGWの始まり。4時半起きで大雨の中にW650を持ち出して、西へ西へと走らせる。浦和から所沢、入間、高麗経由で秩父まで。
■往路は早朝の大雨でガラガラの一般道にて2時間程で秩父の羊山公園に到着。8時前と言うことで入場料無料にて芝桜を楽しむ。
■その後、息子の柔道の試合観戦を済ませ、復路は高速利用で1時間強にて帰宅の170km余のツーリングであった。「秩父は遠い」という気持ちがあったが、休憩なしのバイクとは言え1,2時間で着いてしまうとは「秩父は近い」と考え直さなければならないと思った。
P1000182■息子は相変わらずに1回戦負け。いつも以上によくワザを仕掛けていたが、決め技なき戦士は勝てない。2分を待って判定なら勝てただろうが、僅かなバランスの崩れから抑え込まれて一本負け。たまには勝たせてやりたいが、実力の世界じゃ無理かな?
P1000151-1

■肝心の羊山公園だが、雨のしずくで芝桜はほとんどが下向き。トホホである。明日は陽気がいいようだし、キレイに上向きになるんじゃなかろうか。

posted by kuchida at : 14:21 | コメント (0)

2012年03月13日

ペダルを踏まずに4ヶ月。

P1010241埼玉県北から新杉田まで2時間余の旅。かの地では3時間の飲み会。そして2時間余の帰宅。一日の1/3はそんな時間の過ごし方であった。明日は似たような感じで沼田までの旅路。サイクリングで沼田に行った去年の夏が懐かしい。自転車・・・もう4ヶ月近くペダルを踏んでいないなぁ。泣けてくる。

posted by kuchida at : 23:09 | コメント (0)

2012年03月08日

泥舟で難破。

P5023014泥舟で難破。当たり前だが修復もままならず大海に向けて帆を拡げるしかない切なさよ。しかし、引導を渡されるまではあきらめないし、負けない。この船は熱い思いで進める船なのである。拙い新規事業とはそんなところか?!
■春の訪れが少しずつあるようで、花粉症の症状もチラリチラリと出てきている。今日は目薬を買ってきた。一日に何度もそれを使い、目尻がヒリヒリするようになると思うと、憂鬱な季節である。あの日見た谷川岳を思い出し、またW650をはしらせようかな?と思っている。が、それはいつになることやら。

posted by kuchida at : 19:39 | コメント (0)

2012年02月11日

日高路byポロ。

R2067146昨夜は春からの新陳代謝の予感の長めの夜。午前様で就寝は25時頃だったか?中国の蒸留酒が効いたせいかのキツめの頭痛の午前中だったが、友人推薦の智光山公園&サイボクハムに行ってきた。少々の遊びと大量のBBQであった。
R2067163■せっかくの日高と言うことで物見山をポロで登ってきた。街を臨む標高差を見るのは、自転車でのそれとは違い、普通に「随分登ったねぇ」という感覚だった。自転車で登らないと見られない景色があるな、と感じていた。
■今日はGRD2とニコンF3の2台を持ち歩いていた。後半、F3はバッテリ切れでシャッターが切れなくなってしまった。1/60のメカシャッターがあることを思い出して多用していたが、EV合っていたかなぁ?

posted by kuchida at : 18:52 | コメント (0)

2012年01月27日

スーツ&革靴ハイキング。

20120126A山梨のメーカーとあれこれやるための旅路。普段だとタクシーのところだが、時間があると言うことで徒歩になり、つづら折りを歩くのは面倒と言うことで山をショートカット。部長、課長、係長x2の変な外出だった。が、全然嫌いじゃない光景。帰りは串カツでドランク。

posted by kuchida at : 05:19 | コメント (0)

2012年01月20日

さいたまの初雪。

R2067120-1福島の雪に比べればまるで雨だが、みぞれの半日だった金曜日。南岸低気圧に近づくべく湘南に向かったが、夕刻には強風のみが残り雪はすっかり消えていた。帰りは平塚駅前のラーメン屋で味噌ラーメンを頂き、湘南新宿ラインのグリーン車でうたた寝帰宅。プチトリップ風の午後は静かでナカナカ。来週はB787に乗って広島へ〜。

posted by kuchida at : 20:13 | コメント (0)

2011年12月31日

大晦日 in 2011。

2011年もいよいよ大晦日。例年通りの視点で2011年を振り返ろう。
P8165426家庭:
「思えば遠くに」という点については、W650で直江津日帰りツーリングがあり、RNC7で上毛高原、老神温泉、日高、渡良瀬川界隈など諸々へのツーリングやサイクリングであちこちに行くことができた。また、スイミングも数kmを泳げるまでになれたことは努力の甲斐だろうと振り返っている。昨日も年末旅行で川俣温泉から喜多方へとポロ6Rの北国ドライブで、機会は少なかったように思うが、実りある「思えば遠くに」を体験できたし、家族や友人と共有できたように思う。仕事が許すなら、来年は今年の2倍以上は回数も距離も伸ばしたいと思っている。息子は8歳になり、多くの悪事で担任に連絡帳を書かれた1年間だった。柔道とスイミングをよく頑張っているが、食が細いせいだろうか?身体がハンディキャップになり始めている。これは親の問題もある訳で反省である。妻は変わらず真面目で、社交性を付けるべく努力をしているが、そこは夫婦、そう簡単にそうならないことを僕はよく知っている。
Img 0263■仕事:
「リーダーシップ&被・信頼感」がテーマだった。そして、課長昇格試験は無事に合格して春からはその職位を得ることができた。しかし、リーダーシップに対しての思いはあるものの、より強いリーダーシップに巻き込まれてしまい、自分らしさを全く発揮できなかったように思う。つまりは上司におんぶにだっこだった不甲斐なさである。ゆっくりとbuildしようと思っていたが、すっかりとscrapされたような状態である。それだからこそ、来年は改めてbuildを開始したいと思っている。その機会と状態を作ってくれたものと理解している。2011-2012、それはつまりscrap & builtの2年間だったと振り返られるようにしていきたいものである。付記することと言えば、アルコール摂取の機会が増えたことである。現部長になる前は平均2回/月だったが、その後は8回/月である。アルコールに弱い人間がそのペースだと仕事が進まない&できない言い訳をいくらでもできそうだが、それは書かずに居ようと思う。
R2067091■乗り物:
ポロは5,000 km余をドライブしたが、ほとんどは通勤と街乗りで、ドライブは2割もないのではないか?年間平均燃費は15 km/Lだが、長距離が少ないので良しとしよう。7千kmを超えて乗り心地がよくなったが、ショートホイールベースだけではない不快なピッチングが気になる。気になると言えば、大晦日の今日、左後ろを少々擦ってしまい泣いている。W650は哀しいかな1000km弱のライディングで、RNC7は700kmのサイクリング。来年はどちらも2倍以上を目標としよう。
Pc305796PC&カメラ:
今年はPCもカメラも買わなかった1年である。iPhone 4のカメラがハード&ソフト共に結構使えることもあるが、CCDにホコリがつきレンズカバーの開閉がおかしいとしてもGRD2は優秀であり、単焦点レンズを使うと様相が変わるE-620のコンパクトさに満足している。金欠気味の向こう半年になりそうなので、カメラもPCも暫くはおあずけだろう。
P5085200物欲:
今年の3万円以上のお買い物総額は何と21万円。バラけて買っているというのはさておき、これは歴史的な少なさである。大物はゴルフクラブと自転車のホイールで、この二つで半分である。去年はスタッドレスタイヤが高かったが、昨日のドライブでも大活躍だし、投資効果が得られる物欲に変わっているのかもしれない。
Pc315819-1■ということで2011年よ、あと5時間。成長停滞状態だったと思うが、それは来年の飛躍の準備と解釈して来年も喜怒哀楽と共にハッピーな家族と社会の一員として成長&成熟したいと思っている。ありがとう、マイライフin 2011。

posted by kuchida at : 19:05 | コメント (0)

2011年12月30日

川俣発、喜多方経由、浦和行き。

Img 0542やっぱり長期休暇には旅行と言うことで大枚はたく覚悟を決めて、昨朝にjalanで宿を予約して温泉旅行にGo。
■昨日は、東北道、霧降高原経由で川俣温泉へ。屋外の露天家族風呂は風雪で床も凍る寒さだが温泉はアチチで大騒ぎの湯であった。
■今日は進路を北に取り、会津若松の鶴ケ城見学を経て喜多方駅前の食堂でラーメンを食し、吹雪の檜原湖経由で帰宅した。2日間で580kmの道程で燃費はトータル20km/Lジャスト。
■息子にとっては初めての吹雪ドライブと北国の景色だったが、どう映ったろうか?妻の生い立ちは尚凄い吹雪と冬景色だったわけだが、辛抱強さの源泉を感じただろうか。
■そんなこんなで6連休の1/3を終えてしまった。充実である。

posted by kuchida at : 19:25 | コメント (0)

2011年11月26日

またまたサイクリング@奥武蔵。

Img 0491iPhone 4からの投稿だと何故か写真が90度しまう不思議あり。
■今朝は34.7℃の体温で始まったが、高麗川駅までの輪行後、奥武蔵グリーンラインを経て秩父(御花畑駅)に向かい、輪行で帰宅。RNC7の輪行もすっかりと自然体でできるようになったものである。距離は約45kmで獲得標高は1400m程。それにしても疲れが早くて、3人で行った旅程の大ブレーキになったのは低体温のせいではないかと思っている。今までの最低は34.3℃だが、最低体温を記録しないようにしたいものである。ちなみに最高は40.3℃。
■先週の渡良瀬川も気持ちよかったが、丘陵地帯のサイクリングも木漏れ日が気持ちいい。秋とも冬ともとれる景色の中をvivid orangeで行くのが心地いい。
104 7615■今日は軽量化のためにV570を持参で行ったが、途中でレンズ機構がいかれて使用不能になってしまった。KODAKブルーは確かにいいのは認めるが、撮影できないカメラは困る。
Img 0494さて、帰りの高崎線が熊谷-行田間で緊急停車。少年3人が置き石をしたようで畑を越えて林に逃げ込んでいた(林の手前の黒い影が2人分)。15分間の停止の他、追い越し待ちや乗客混雑で結局20分以上の遅れ。twitterを見てもバイトや結婚式に遅刻などなど。その責任、分かってないんだろうな。
20111126Rnc

posted by kuchida at : 19:42 | コメント (0)

秋の秩父サイクリング。

埼京線の下り始発に乗って高麗川まで1時間ほど。その後、30代の若者2人とヒルクライムで獲得標高は1450m。今朝は体温が34.3℃だったせいか、はたまた昨夜に食べた激辛ニンニクラーメンのせいか分からないが、スタミナ消耗が激しくてチームの大ブレーキだった。それにしても11月の秩父路は秋&冬の装いがキレイで心地よいサイクリングだった。ありがとう、マイフレンド。

posted by kuchida at : 15:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日

古河から桐生へ。

Pb125680今日の晴れを見越して早起きして、宇都宮線の下り始発電車で古河までRNC7を輪行。渡良瀬遊水池から渡良瀬川に出て足利まで。相変わらずの霧景色で、晴天と霧の繰り返しだった。
Pb125707■途中、半円の虹らしきを見ることができたが、これが七色に分光されておらず。初めて見るタイプの白い虹だった。霧だと粒径が小さすぎて球形プリズム現象を起こさず、全てミー散乱してしまうのだろうか?まだ見たことがない日本の風景にしばし考えてしまった。
Pb125735■その後、いつも良く来る足利の街の中を自転車のスピードで巡ってみた。実は水路?が拡がる街で、またまた好きになってしまった。縁もゆかりもない街だが、余生を過ごしたい街としてまた株が上がった。
■写真の場所は先日見た青春映画「君に届け」のロケ地で、美人3人の待ち合わせの場所である。実はここに来たくて今日のサイクリングを企画した由があるが、無事に発見できて良かった。
■その後、低めの峠を二つクリアした後に、名草のニジマス釣り堀に行ったが、シーズンオフのようで休業中。仕方がないので、また足利の街に戻り、バイクで良く来ていた九一蕎麦をランチに頂いた。
Pb125727■その後、渡良瀬川を上り、桐生から両毛線と高崎線で無事に帰宅した。今日の走行90kmで、獲得標高はたったの360m。その割りには疲労が残っているのはトレーニング不足だろうか?
■それにしても、自転車、相変わらずに楽しいね。
20111112Koga

posted by kuchida at : 17:51 | コメント (0)

2011年10月31日

矛盾の整理。

Adcwaz1Ceaas9Zi.Jpg-Large未来を恐れながら語りつつの讃岐路。残念ながらうどんは食べられず瀬戸内の幕の内弁当のランチであった。未来に繋がる矛盾をどう整理するべきか?マネジャーとは酷な職位である。

posted by kuchida at : 20:53 | コメント (0)

2011年10月23日

ひさジョグ&ひさダブル。

430483773朝のジョギング、何と1.5ヶ月ぶり。思ったよりも蒸し暑くて「まだ秋」的な汗をかいていた。昨日のスイミングだかゴルフだかの影響で腰回りの疲労があったが、走っているうちに治ってしまった。身体とは現金なものである。
R2067024■息子の発熱は収まらずで、一人退屈なのでこれまた1ヶ月ぶりにW650で志木、朝霞あたりを2時間ほど流してきた。50kmほどのプチ回りだが、見知らぬロコ街道をゆったり流すのはやっぱり乙である。
■それにしてもこの週末、swim, golf, jog, ride。あれこれ楽しめた。そして心地よい疲労に包まれた。

posted by kuchida at : 15:17 | コメント (0)

2011年10月10日

息子と50km。

R2067001土日に続けて、息子のリクエストに応えて、お天気に勧められて、今日もまたまたサイクリング。息子のSpeederと一緒なのでCieloで49.8km。あと200mで50kmだったのにね。息子のペース故、こちらはほとんどこげないので、肩こりだけが残るサイクリングだった。
■ルートは荒川CRで榎本牧場まで北上し、その後、花の丘農苑公園に向かい、またまた荒川CRで帰宅のルートであった。また新しいルートを幾つか発見できたのも今日の収穫であるが、何よりは息子が軽々と50kmを走れた体力を身につけていたことだろう。来夏には葛西臨海公園までの80kmを一緒に走りたいものである。
R2066990■久しぶりの農苑公園はコスモスと枯れ始めたサルビアがイッパイだった。そして、いつもとは違う昼下がりの訪問で人も沢山だった。やぱりサイクリングと花見は早朝に限るな。
20111010

posted by kuchida at : 16:08 | コメント (0)

2011年10月09日

新しい扉@RNC7。

Pa085575-1昨日は吹上駅まで輪行後、熊谷、桐生、水沢、草木湖を経て老神温泉まで。赤城東麓の峠越えで獲得標高は1400 m。最高速度も更新で64.5km/h。スポーツマンの若者には下り坂以外は叶わない。
Pa095605-1朝イチは久しぶりの吹割の滝まで足を伸ばして、その後は沼田経由で利根川を下って本庄からの輪行で帰宅した。2日間の総距離は190km弱で獲得標高1830m。距離と高さという二つの新しい扉を開けたと言えよう。RNC7、仲間の自転車に比べると重たいが、ますますこれで行こうと思う。
Pa095623-1今回のメインイベントはヒルクライムとダウンヒルだったはずだが、やっぱり初パンク修理が一番のメインイベントだったように思う。修理時間、約20分。まぁこんなもんか。
帰宅後、息子に「明日、何する?」と尋ねたら、「榎本牧場までサイクリング!」だそうである。重たい足でペダルを踏み、往復40kmを息子と楽しもうと思う。
20111009Rl-1

posted by kuchida at : 19:01 | コメント (0)

2011年10月07日

旅支度完了!

R2066963明日はヒルクライム・アゲイン。事業所の後輩幹事で先輩も含めた3人で熊谷待ち合わせで老神温泉まで。そして一泊。翌日の吹割の滝も楽しみである。何より楽しみはUltegraのホイールとPRO3とクロスした高ギアカセットがどれだけ効果的かである。準備バッチリであとは明日を待つばかりである。

posted by kuchida at : 20:31 | コメント (0)

2011年09月26日

旅か?

[]

R2066919来週末はまた会社の同僚たちのサイクリングがありそうな情報がある。行きたいなぁと思うが一泊だし、部下達がしっかりと滞りなく仕事をしてくれることが条件になりそうである。しっかりマネジメントすることにしよう。

posted by kuchida at : 21:02 | コメント (0)

2011年09月23日

初ヒルクライム&ダンシング。

R2066950埼京線の始発電車で川越経由で高麗川駅までRNC7を輪行。物見山から顔振峠、飯盛峠、刈場坂峠を経て芦ヶ久保駅まで行き輪行にて帰宅の秋分の日である。「秋晴れ」というから行ったのに道程の9割は小雨or雨、時々大粒ということで雨宿りの時間も長い初の峠道サイクリングだった。
R2066954スポーツ自転車に乗り始めて「峠道」は今日が初めてだったが、累積獲得標高は1300m程。これが”イッパイ”なのか”スコシ”なのかが分からないが、登っているときのツラサがこれっぽっちも残っていないのは総走行距離が45kmだからだろうか?
R2066960台風15号の影響だろうが、道中のほとんどは杉と檜の葉と小枝と大枝が散乱した林道のような状態で何かと気を使った。下りは勿論ブレーキングと落車に要注意な路面状態であり、上りは苦しくて低速ダンシングすると葉で滑ってスリップの連続でいかにトルクをかけないダンシングをするかに気を使った。峠初心者はダンシング初心者でもあり、あれこれ勉強になる一日だった。
心境は「登山」と同じで、「そこに山があるから苦しくても登るのです」が「ヒルクライミング」なのだろうことを実感した。特に低速ダンシングしているときは、まるで山を登っているときが如くの筋肉の使い方と運動量であり、比較的終わりなくこぎ続けていた。
同じコースを次回はドライ路面で走ってみたいと思っている。しかし、あの雑然とした路面状態からすると2週間以上は先のことだろうなぁ。
20110923Alt
20110923Map

posted by kuchida at : 18:01 | コメント (0)

2011年09月18日

久々RNC7サイクリング!

R2066889今日は2年前に居た部署の全然同僚じゃない人に誘われてサイクリング。新たな2人との出会いもあり95kmを走ってきた。8m/sの向かい風で葛西臨海公園に向かい、帰りはその追い風で帰宅した。お盆休み以来のサイクリングだが、少々へべれけである。
■さて、ポロの法定点検だったが、ホーンが高音側が出ていない部品交換でもう一度行くことになってしまった。また、左流れはタイヤローテーションでかなり良くなったので、まぁ良しとしたいと思う。
20110918

posted by kuchida at : 19:08 | コメント (0)

2011年09月17日

2回目。

Img 0268昨夜は錦糸町の場末のスナックで24時半まで。その後、部下にラーメンをおごり、部下の部屋でお喋りして26時過ぎの就寝。しかし、安酒と相部屋のイビキで眠れずに嘔吐3回のうちに朝5時を迎えた。すっかり目を覚ましてスカイツリーまで一人で散歩。これが2回目の訪問である。6時半の朝食開始を部下と3人で待って頂き8時過ぎの帰宅であった。これも一つの社員旅行の形か?
■帰宅後は喘息症状が治らないので通院して薬を変えてもらった。吸引薬が2種類になってしまったが、もうしばらくは付き合ってみようと思う。
夕刻にはポロの法定点検でディーラーを訪れて代車のゴルフと交換。同じ1.2TSIエンジンであるが、車体が重たい分だけドッシリ感があっていいが、キビキビ感はポロに大いに軍配である。まぁどちらもいい車だが、やはり高いモノの方が満足感は高いな。そんなゴルフでステーキを家族で頂き帰宅の夜である。

posted by kuchida at : 19:16 | コメント (0)

2011年08月18日

日本海を臨む。

R2066879直江津まで600km余をW650で往復してきた。上毛高原駅から先の上越までのサイクリングの下見を行い、日本海を見て、真鯛の塩焼き定食を食べて、越後の自然を感じての一日だった。碓氷峠のこちらに来た途端に夏の空気が一変したのが印象的だった。仕事のメールがあれこれあり落ち着かないツーリングだった。もっと不真面目なら気楽なのだろうが、真面目にもなれない中途半端を感じる。

posted by kuchida at : 17:38 | コメント (0)

2011年08月17日

志半ば、直江津はまだ遠い。

R2066869昨日のRNC7でのサイクリングは志半ばでJR上毛高原駅までの145kmとなった。宿泊地の予約がどうしても取れず(野宿のつもりもなく)、古傷の左膝痛も散発的にあったので、無念ながら帰途についた。次回は上毛高原までの輪行で日本海に向けて駒を進めようと思う。
R2066855■熊谷市内のコンビニで休憩していたらGのtradistに乗る23歳の彼と会話が弾み、15km程を一緒に走った。俳優養成学校で勉強したそうで、コミュニケーション能力が長けており、20歳差を感じさせない質問力に舌が滑らかになってしまった。
■彼は直江津出身だそうで、夏の帰省で初めての東京-直江津サイクリングとのことで、碓氷、長野経由とのことだった。「2日目に直江津で会えたらね」と意気投合していたが、「ゴメンナサイ!」、私は帰宅してしまいました。今日もまだ今頃走っていると思うが、彼の安全な帰宅と、心配していたお母さんの安堵を願っています。
R2066865■昨日の反省点・・・それはやっぱり「登坂能力の不足」につきると思う。普段は平野の河原のサイクリングロードばかりであり、長い坂一つ越える度に休憩したりしなかったりではダメである。普段は1時間毎の休憩であるが、渋川−沼田間は30分間毎の休憩になってしまっていた。せめて45分間を目指したいと思う。
■一方で下りはいい。昨日の最高速度は55km/hだった。上りを12km/hで泣きそうになりながら登っていたのを全て忘れてのヒンヤリした風の中の旅人である。RNCはハンドリングもなかなかでほぼ路側帯の白線通りのトレースで(うちのボロ)バイクよりも走安性の良さを感じていた・・・まぁ程々にしておこう。
R2066860■筋肉痛はないが右手のしびれが再発しており、原因は自転車にあるだろうコトが判明した。ポジションを見直すことにしたいと思う。
■さて、肝心の今日であるが、午前中に僕を育ててくれた、母の友人宅をお邪魔して昨日のお土産を渡してきた。変わらず元気であり、それがありがたい。
20110816Trip■昨日のルート(byユピテルCM12)であるが、まさに「志半ば、直江津はまだ遠い」である。山を越えられる人になりたいものである。

posted by kuchida at : 17:36 | コメント (0)

2011年07月26日

国盗り合戦、スタート!

2009102535今日から「国盗り合戦」を開始した。運営会社の役員との懇談がきっかけである。興味はあったが「今更初めてもなぁ」という気持ちがあったが、今日の契機を活用したいという考えである。早速8カ国を制覇して帰宅したが、あと592カ国で全国統一か?
■今日の論客には馴染みの製鉄所の中国人もいたが、相変わらずのウィットとパワーと奥深さだった。上役との器の違いを感じいっていた。最後にワインを一杯頂いたが、それでもうヘロヘロである。
■明日は早朝出勤であれこれ頑張ろうと思う。帰りも早そうなことだし。

posted by kuchida at : 18:04 | コメント (0)

2011年07月05日

理想を知らない自分。

[]

R2066828今朝は瀬戸内にいた僕。今は温暖湿潤気候のさいたまの蒸し暑い夏の夜にいる。東京暮らしに疑問を感じるビジネストリップであったが、武蔵出身の僕は何も変えられないことだろう。理想を知らない自分である。

posted by kuchida at : 20:29 | コメント (0)

2011年06月29日

ハッピー&ブルー。

P5145212来週はまた旅路の中に居るはずである。四国、近畿、中京を回って来られればハッピーである。前半のアポ取りは完了したので、明日は後半のアポ取りに邁進しよう。
■その前に準備すべき多くがあるが、それは旅路を楽しむ切符のようなモノであり、しっかりとした準備が必要である。
■さて、息子が昨日からとある薬を飲み始めた。寝る前に1日1錠である。しかし、今朝はとってもブルーな感じで消沈気味だった。薬の副作用ではないかと心配している。明日の朝はどうだろうか?頑張れ、my son!

posted by kuchida at : 19:32 | コメント (0)

2011年06月18日

数年ぶりのビジネスマン風ライフ。

R2066781曇天の地上であるが、上空10kmは相変わらずだ。とは言え、往復ともにさらに上空に雲が多く高気圧同士のせめぎ合いを感じていた。
■往路は宇部までエンブラエルE-170、復路は広島からMD-90。どちらも地方路線カラーいっぱいの新旧機体を楽しんできた。設計は古いが後者のペンシル型の静粛さが僕は好きである。
R2066782昨日は最終便で帰宅する予定だったが、小遣い稼ぎで一泊してきた。そして、朝一番の便で帰宅して、事業所に直接向かい定時まで仕事。ちょっとお疲れ気味である。そして明日は昼過ぎに大阪まで移動して戻りは火曜日で2泊旅行である。数年ぶりにビジネスマンになった気分の6月である。

posted by kuchida at : 19:09 | コメント (0)

2011年06月16日

明日は旅路の中。

R2066205明日は久しぶりのJALの翼で西へ向かう。午前中が宇部で夕方に広島で帰宅となる。どんな旅路になるのやら。一人の外出も久しぶりでマイペースにやろうと思う。ドアツードアが5時to23時というのが少々きつそう!

posted by kuchida at : 20:45 | コメント (0)

2011年06月10日

あの情景。

104 7542懐かしのダスクな車窓。来週は東北、中国と回り、再来週には関西、中京と回るので、またいい黄昏に巡り会えたらな、と思う。
■今週もイロイロで1週間を終えようとしているが、明日は休日出勤で作業場の模様替え&懇親会。10分間コーチングを部内に展開する宣言をしようと思う。これはまた僕にとってのチャレンジである。

posted by kuchida at : 19:47 | コメント (0)

2011年06月04日

渋川から初輪行!

R2066746朝5時起きで一人の朝食を食べてから6時前に自宅を出発。RNC7で荒川CRを北上して荒川大橋から熊谷市内を通り抜けて利根川の刀水橋へ。その後、利根川CRを西進&北上して渋川まで行ってきた。そして、初の輪行で帰宅の120kmであった。
■利根川はよく流れているし、高崎から前橋、渋川までのサイクリングロードは幅広で、適度なアップダウンもあって人も少なく、なかなかいいところだった。「また行きたい!」と思えるようなCRだった。また、熊谷市内の一部には独立した自転車道が整備されていて、安全に市内を通過することが出来た。一部なのが残念であるが。
R2066750■今日はKASKのUrban Vintageを初使用してきた。ベンチレーションが少ないので少々熱がこもりがちになるが、バイザー付属というのはメガネが必至なモノにはありがたく、どれだけの羽虫と固い虫から我が身を守ってくれたことだろう。但し、輪行時にはそのバイザーを保護する持ち運びが必要なのが少々面倒でだった。
R2066777■渋川から武蔵浦和までの輪行は無事に完了。収納に15分間、組立に10分間を要したが、初回にしては上出来と思うし、それ以上早くなろうとも思わないタイムだった。最寄り駅から帰宅時に自転車に乗るので、お土産を持ち帰れないのが、やっぱりの玉に瑕のサイクリングである。
PS)帰宅したらゴルフクラブセットが届いていた。過剰梱包にて。20110604Rnc

posted by kuchida at : 17:40 | コメント (0)

2011年05月31日

新しい一歩。

104 7569震災後、初の東北入りで仙台に行ってきた。新幹線が福島県内で速度を落とす以外はごく普通。その普通こそに底力を感じた旅だった。
■帰りのやまびこで酔い、大宮でゴルフシューズとグローブを買った。新しい一歩を踏み出した時である。

posted by kuchida at : 20:10 | コメント (0)

いい知らせ。

P5215288午後からは横浜から湘南へ。そして帰りは湘南新宿ラインのグリーン車でシュウマイと餃子とビール。そんな中にいい電話が入り、西川口でホッピー。
■ふと振り返ると、部長が代わって以降、僕はどうしてこんなにアルコールを飲んでしまっているのだろうか。。。明日は仙台でまたアルコール。あぁやれやれ。

posted by kuchida at : 00:00 | コメント (0)

2011年05月24日

アルコールが身体に悪い。

P5215323今週二日目のアルコールは西国分寺にて。今週のノルマはこれで完了だが、木曜日もアルコール日になりそうである。
■今日は甲斐の国に行ってきたが、山の高さや空の低さが久しぶりだった。
明日は指のしびれの診察で最寄りの神経内科へ。2ヶ月ぶりの有給休暇である。久しぶり!

posted by kuchida at : 23:56 | コメント (0)

2011年05月21日

深谷までサイクリング。

P5215278昨日の夜は疲れが随分と溜まっていたが、朝を迎えて晴れていたら出かけるしかない!ということでRNC7でサイクリングへ。妻子は奉仕活動と柔道とも言っていたし・・・。
進路を東にとって見沼代用水沿いのヘルシーロードに入り、一路北上して利根大堰まで。ここまでの50kmは快調で休憩込み3時間弱。
P5215297利根川沿いで真っ赤なポピーを楽しみ上武大橋まで西進。このあたりでスタミナ不足を感じ始めて深谷・熊谷界隈で飯屋を探すも良いところがなくて少々心が折れ始めた。
熊谷で荒川CR左岸に入り、あとはひたすら南下だが今日の午後は南東の風5〜7m/sでさいたままでは終始逆風。折れた心をいくら取り戻しても強い向かい風にあきらめの溜め息だった。
P5215320今のシーズンはどこもポピーばかりだが、各所、色がバラバラでそれなりに楽しめた。
スタミナ切れはどうにもならず、途中で何度昼寝しながらの帰宅だったろうか?トータル135kmの前半は5時間弱、そして後半は6時間余の配分だった。こんな調子じゃ直江津までの320kmは夢だなぁ。早く目標に変えられる実力が必要である。
スクリーンショット(2011-05-21 17.32.06)

posted by kuchida at : 18:07 | コメント (0)

2011年05月17日

新潟路。

P5165233昨日は魚津までまっしぐら。東京から僅か3時間でそこは立山連峰を臨む蜃気楼の町だった。いつもはバイクや車で難儀していく場所が本当に直ぐそこで、やはりビジネス上の地の果ては第三の故郷、「福井」かもしれない。
P5175248■昨夜は直江津で一泊だったが、夜は真っ暗でそれにまた驚いた。車にひかれても仕方ないし、カツ上げされても仕方ないし、遠く連れ去られても分からないような風情が漂っていた。街灯も自販機もない世界がその原因だろうが、ムダにある首都圏も異常である。
■2日間で6社9部署を回り、マーケティング活動を行ってきた。粗密はあるが今回は数の多さが一つの肝だった。地球科学出身として、資源地質に触れる機会があったのも嬉しい機会だった。
帰路は長岡から大宮までひとっ飛び。ビジネスでの新潟路も悪くないな。

posted by kuchida at : 20:51 | コメント (0)

2011年05月04日

プチトリップ。

Img 0051今日も朝イチで彩湖に向かいジョギング。しかし、どうにも身体が重たくてスタミナ切れで5kmで終了。ここ最近はAdizeroを履いているが、今の実力ではクッションが弱すぎてアンバランスなようである。次回からは素直に弾みやすいトレーニングを履くことにしよう。
■午前中は昨日届いた「もしドラ」を読んでいた。ドラッガーの入門書のエッセンスの僅か一滴弱を小説で薄めた正味5時間弱で読み終わる小説であり、あれをビジネス書扱いするのはどうかと思う。40代の同僚がいつも鞄に入れて持ち歩いていたので興味を持って買ってみたのだが、まるでムダだった。見倣う相手を間違えた。
Img 0053■ランチは近所のラーメン屋。その後、今日のあてのないプチトリップに出かけた。
■まずは土手に進路を取り、彩湖を歩いて西高島平駅までの約7kmの散歩。そして、西巣鴨駅経由で都電に乗って飛鳥山駅。飛鳥山でしばらく遊具で遊び、王子駅から西浦和駅までを通勤ルートで帰宅。5時間程の周遊旅行であった。
■さて、明日は何して遊ぼうかな?

posted by kuchida at : 16:46 | コメント (0)

2011年04月24日

風と加速がいい。

Pa234381実家の地デジの調子が悪いというので、1年半ぶり位で息子とのタンデムで見に行った。受信レベルが低いのが原因で特定局だけ受信できない状態だった。手の施し用はなかったが、アンテナ線を中継している不要な器具やケーブル長を短くしたら全局が入るようになった。
■息子とはトランシーバで会話していたが、「風と加速がいい」とのことだった。危険な乗り物ではあるが、一緒に旅することができたらなと感じていた。GWは息子連れでどこかに行ってみようかな?
■夕方には妻と二人でスーパーに買い物に行ってきた。往復30分程だったが、5分に一度はどこぞのお母さんと挨拶。僕と同じく社会進出が嫌いな妻だが、今は子供会やら何やらですっかりと顔が広いようで「偉いな」と感じていた。

posted by kuchida at : 17:15 | コメント (0)

2011年04月17日

今シーズンの始まり。

P4175085久しぶりのRNC7サイクリングは69km。榎本牧場までのつもりが北本まで足を伸ばしてしまい、復路は脚が売り切れで一緒に行った友達に迷惑をかけてしまった。休憩すると一瞬速くなるが、15分持続しないスタミナ切れは、継続的なトレーニングで筋力とスタミナを付けるしかないだろう。
R2066656■桜は満開から4日後の風情だったのは先週の強風が故だろう。しかし、菜の花は香りも色も最盛期。春の風の中のサイクリングは余りに心地よかった。しばらくはポチポチと脚を伸ばしながら持続距離を伸ばしていくことにしよう。ありがとう、RNC7 & マイフレンド。
スクリーンショット(2011-04-17 17.54.23)

posted by kuchida at : 18:01 | コメント (0)

2011年04月04日

熱海の朝。

P4045020平和の象徴の鳩を朝陽と共に客室から眺める熱海の月曜日の朝だった。浜松での仕事は無事に終わり、明日からはまた普通のサラリーマンである。こうした光景が、ただただ平和で穏やかな朝になる日が来ることを願っている。そう、この日本中に。

posted by kuchida at : 21:08 | コメント (0)

2011年03月29日

久しぶりの富士山。

P1030012昨日は久しぶりのA席に着席したので富士山を眼下に見下ろしてきた。LX5での撮影もナカナカだ。
■帰路は羽田混雑に付き出発空港待機ということで滑走路一歩手前で待機状態となり、羽田着も少々遅れ、加えてバス送迎の駐機場に到着で随分と時間をロスした。ヤレヤレだ。
■余震が相変わらずに続いており、心配なご時世はまだ暫く続くのであろう。そんな折りではあるが、明日は歓送迎会。平和裡に過ごすコトへの疑問がある。

posted by kuchida at : 20:04 | コメント (0)

2011年01月21日

久しぶりの右往左往。

R2066255姫路から大阪経由で京都での出張が無事に終わった。励まし、発見、布石の3アイテムだった。
■それにしても昨日から今日にかけて何度も道に迷い引き返すことがあった。世界中を旅してきたが、久しぶりの右往左往だった。ヨソ者を受け付けない不親切なのではなかろうか?

posted by kuchida at : 21:30 | コメント (0)

2011年01月14日

ゆるりふらり仙台へ。

224746276ゆるりとした朝を過ごした後、仙台へ。これで2010年の出張2万キロを無事に達成することが出来た。去年の年頭は風邪と新型インフルで2週間を棒に振っていたので、2週間の遅延と言うことで良しとしよう。
■仙台では変電所見学をしてきた。貴重で素晴らしい写真をたくさん撮ったが、ここに出ることは決してない・・・もったいない。
■そう言えば、前職で取り扱っていた太陽エネルギーを計測するセンサが太陽電池評価用で2台備え付けられていた。感慨深いことである。

posted by kuchida at : 20:17 | コメント (0)

2010年12月31日

大晦日in 2010。

例年通りの視点で2010年を振り返ろう。
R1033599■家庭:
「遠くを見る」と言う点については、広い海と空や大地の営みを公私にわたりたくさん見ることができた。「フルマラソン完走」は自宅から葛西臨海公園までをGWに走ることが出来た。「山頂に至る」は筑波山、三ツ峠山のみだったが、まぁそれなりに過ごすことができた。その他、自転車やスイミングを始めたことにより「のんびり、新しい世界へ」という感覚を得られていると思う。良くやった。息子は進学して7歳を迎えた。春から柔道、秋からスイミングに通い、真面目な努力家という点、そして論理性がある考え方は僕の比ではなく素晴らしい。妻も真面目さは天下一品で走り始めたり学んだりで成長している。
R2065947■仕事:
「主体性&社会性」を追求しようという点においては、担当テーマの知名度も上がり、新技術による新市場創出に向けた活動を推進できた。この年末に取り組もうとしていることは「このテーマをブルーオーシャン視点で追求できないだろうか?」という思考であり、年明けに活動を開始したい。「旅路のなかで」という点では全国2万キロを出張ベースで回りたいと考えていたが、年末時点で19,500kmだった。2010年1月は風邪や新型インフルの影響で2週間休んでいたので、それを加味すると年明けの仙台出張で2万キロを達成できるはずである。また、年明け早々には課長昇格試験がある。これも今年一年の業績があっての受験資格だろうから、意向は別にした上で取り組んでいきたい。
R2066001■乗り物:
95年式クラウンの車検を契機に廃車にして6Rポロ(1.2 TSIハイライン)に乗り換えた。値引きが20万円でエコカー補助金も25万円もらったので買い得感があった。おまけに燃費も14〜20 km/lと良好でターボの乗り味もまぁまぁで満足している。欠点と言えば600rpmでのアイドリング時のカラカラ音だけである。W650では夏休みにさいたま-苫小牧の2000kmを往復した他、関越方面にツーリングにでかけることができた。Djebelは外注さんと中津川林道を越えただけで少々モノ足りなかったと言えよう。そして今年は自転車に乗り始めた。春にクロスバイクのBianchi Cieloを買い、冬にロードレーサーのAnchor RNC7を買った。今のところは前者1700km、後者200km程の走行距離だが、来年にはRNC7で日本海を目指したい。その実力は僕にはあるはずである。乗り物ではないが、スイミングにも取り組み、今は1kmを30分で泳げるようになった。
P5293227■PC&カメラ:
今年はPCもカメラも買わなかった、と書こうと思ったが、思い返すとGRD2の撮像素子へのホコリが嫌でOptio I-10を買ったことを思い出した。Optioはおもちゃであり、GRD2の後継にはまるでならず、GRD2を開放気味で使う結果となっている。やはり「安かろう、悪かろう」はダメである。E-620は健在で相棒である。
Pc044532■物欲:
今年の3万円以上のお買い物総額はポロを除いて48万円だった。自転車がその半分以上でスタッドレスタイヤが2割であとポロポロ。ここ数年では少なめだったが、来年はさらに減るのでは無かろうか。
■今年はいろいろな意味でチャレンジと飛躍の年だったと思えるのはとても幸せなことだ。来年はより実態がある飛躍とその結果が残る歳にしていきたい。
■2010年よ、今年も喜怒哀楽がある幸せな歳を与えてくれて、どうもありがとう。心からの感謝である。

posted by kuchida at : 23:59 | コメント (0)

2010年12月22日

さいたまから羽田の灯が見える。

R2066119長らく続いた福島出張も今日が最終日だったが、雷風雨の中の現場作業だった。久しぶりの雨の中はそれは気持ちがいいモノだった。とても楽しい3ヶ月だった。
■それにしても今夜は空気がキレイだ。窓の外、地平線の直ぐ上に星が瞬いており「?」と思いベランダで見てみたら、羽田空港に着陸する飛行機の列がクリアに見えた。照明器具とは大したモノだな。

posted by kuchida at : 20:19 | コメント (0)

2010年12月12日

スピーダーで43kmポタリング。

R2066054息子の新しい自転車はBSのスピーダー。昨日初めて乗ったのだが、今日は榎本牧場までの43kmを走り遂げてしまった。往路は向かい風で苦労したようだが、復路は追い風であっという間の帰宅だった。ご希望のソフトクリームを食べられてご満悦だったようだ。
R2066102-1■今日はCieloで一緒に行ったが、子供のスピードは8-12km/h。余りの遅さに体幹で姿勢保持できず、どうしても腕に体重をかけてしまい、昨日に引き続いて両肩と上腕に疲労が残っている。
■あと8年後、僕は50歳で息子は15歳。体力では負けているかもしれない。マインドと技術をもっと磨いておこうと思う。
■9時出発で16時帰宅の7時間のサイクリングだったが、息子との会話はとてもハッピーな時間である。ありがとう、マイライフ。

posted by kuchida at : 17:02 | コメント (0)

2010年12月11日

ビビッドオレンジで海へ。

R2066000昨夜、RNC7のVivid Orangeが納車された。輪行袋に入れて帰宅したので、夜な夜な組み立てたりハンドルバッグを付けたりしていた。そして眠れず・・・3時過ぎに起き、一応6時半まで待って葛西臨海公園へと行ってきた。往復82km。
R2066003■Cieloに比べて「スイスイ進む」というのが感想だ。ドロップハンドルは42歳で初めての乗車となる。ノーマルポジション(?)で乗ると腕が伸びきって疲れると共に、ブレーキの握りが浅くなるのが不安だ。ということで街中以外ではもっぱら下ハンドル(?)をもって乗っている。アップライトに上ハンドル(?)もたまに持つが手の平を返すのが面倒くさい。
Pc114545マイRNCはフレームサイズが530で次の点をオプション選択している。
・ハンドルバーの芯幅:380mm (肩幅細身故)
・ハンドルステム:90mm (まだ遠いか?)
・ギアクランク:コンパクト50-34T (実力通り)
・スプロケカセット:14-25T (高速に興味ないし回せない)
・バーテープ&サドル:ホワイト (オレンジに合わせるため)
■初日としては、この自転車の実力の10%以下しか乗っていないように思う。クロスバイクとのポジションの違いで肩と上腕部が痛い。ポジションが作れていないんだな。

posted by kuchida at : 13:54 | コメント (0)

2010年12月09日

この冬、初めての雪か?

R2065959昨日の朝、古殿の小高い山の上に着くと木々が真っ白。しばらくすると気温が上がり大粒の水滴が地面を濡らし、キレイな景色を堪能することが出来た。そして今朝は福島市内にいたら山から下りてきた雪雲からの霰がビルの屋上を白くしていた。
R2065992■午後からは埼玉県に帰ってきたが実に暖かく南国を感じていた。
■帰り道は部長と一緒だったが、とある内示を受けた。それは果たして幸せの切符なのだろうか?アーメン。

posted by kuchida at : 19:34 | コメント (0)

2010年12月04日

完璧な絶景は少々退屈だ。

R20659127:30新宿発のあずさ3号で大月経由で河口湖駅に向かい、三ツ峠山をハイキングしてきた。完璧な快晴は完璧な富士の絶景を見せてくれたが、雲こそが情景を創り出すことを考えると、少々退屈な景色だった。撮りたいのはスーパーモデルではなく妻や息子であることと似ているかもしれない。Ikontaも持って行ったので、その現像もまた楽しみである。
R2065916まぁまぁの距離だったが、ペースが遅かったほか、緩急付いた冷風が心地よかったこともあり、ほとんど疲れ知らずで帰宅した。日頃の鍛錬が効いているのだろうか?
■明日は実家に向かい、父の眼を手術してくれる眼科医を特集したテレビの録画予約をすることとなった。姉からの依頼が三ツ峠山にまでやってきたので、まぁそうすることとした。
■さて、僕のRNC7は一体いつ納車されるのだろうか?希望としては今週末だったが、来週末になるのだろうか?早くオレンジ色を走らせたいものだ。

posted by kuchida at : 19:45 | コメント (0)

2010年12月03日

強風の広島へ!

R2065881朝から大雨の武蔵浦和だったが、羽田に着く頃にはすっかりと晴れていた。しかし、離発着の遅れから広島便も1時間遅れ。空の下を眺めながらママが作ったおにぎりを頬張り、空港からタクシーで客先に向かったらキッチリ13時だった。
■今日の航路からは彩湖と戸田ボートがよく見えた。この写真の中に我が家も実家もあると思うと、それは実に狭い世界だ。
R2065885■GRD2を持ち歩いていたが、CCDのホコリ故に絞れない難点があるが、安物のデジカメとは描写が違うので開放からF4位で使っている。Only Oneであるアイデンティテイはやはり重要だ。
■さて、今日はボーナス支給日だったが、携帯電話で残高照会するとナカナカいい金額が振り込まれていた。「ありがとうございます」を多くの方々に伝えたい。

posted by kuchida at : 20:01 | コメント (0)

2010年11月25日

4種類の東北新幹線に。

R2065869こまちで向かい、Maxと200系で南下し、つばさで帰宅。4種の東北新幹線を楽しめた福島路だった。あれこれいい旅だったが、これも年内にあと2回で完結すると思うと少々寂しい。
■今日は大輔君がまた泊まりに来る予定で、明日は午前半休で午後から出社するが定時退社日なのであっと言う間の一日になりそうだ。そして日曜日には同僚の結婚式で浅草へ。時の流れが慌ただしい。

posted by kuchida at : 18:24 | コメント (0)

2010年11月11日

仕事と自然とお客様に感謝。

R2065772転職後、初の2泊出張が無事に終わった。最近は同僚の紹介で東横インにお世話になることが多いが、昨夜は会員向けサービスで、驚愕の3割引の3800円程でダブルに泊まらせてくれた。実にリーズナブルだ。
■10月から継続している福島路の現場出張だが、すっかりと秋の装いが清々しく美しくキレイだ。仕事と自然に感謝だ。
■3週間後には広島に行けることにもなった。それもまた嬉しいプランであり、お客様に感謝である。

posted by kuchida at : 20:11 | コメント (0)

2010年10月23日

日光から金精越え!

Pa234325今朝は3時半起きで準備を開始して、最寄りのガソリンスタンドを出たのがちょうど4時半だった。外環から東北道、日光道を経由していろは坂を上り中禅寺湖、戦場ヶ原から金精峠を越えて、沼田、前橋経由で帰宅したのが14時半。10時間で410kmの旅だった。
Pa234366■清滝IC手前から渋滞していたがすり抜けでパス。夜明け前の東北道でも顎がガクガク行っていたが、金精峠は陽が高くなっても5℃弱しかない時間帯で身体の芯までが冷えていた。シャツ2枚と革ジャンではムリがあったようだ。
■それでも峠のトンネルを越えて片品に出ることができた。去年の12月、そしてGWとこの峠を越えられなかった我がW650だが、ようやくの金精越えだ、おめでとう&ありがとう。
Pa234370■片品を降りて直ぐの旅館併設の川向こうの源泉掛け流しに浸かり、全身の冷却しびれを温めた。随分時間がかかったが、ほかのお客がいないのをいいことに湯船の端にタオル枕を起き、30分ほどの仮眠もしてしまった。あぁ、いい湯だ。
Pa234392■その後、赤城高原の広域農道をゆるやかに流し、相変わらずの心地良さを堪能していたが、やはり低温故に遠くに見える下界に降りたくて仕方がなかった。
■最後にランチと言うことで数年ぶりの「カツ丼」という食べ物を少々残しながらも頂き、お菓子のお土産を買い、W650もガソリン満タンにして関越道で帰宅した。燃費は28.5km/l。
■ありがとう、W650、my trip & life、そして、家族へ。

posted by kuchida at : 18:06 | コメント (0)

2010年10月20日

田舎の旅路。

2010060516午後から太田の客先に出かけてきた。タクシーの運転手「ねこちゃん」と少々もめたが、最後には和解して田舎の旅路の思い出ができた。太田というと遠い気がしていたが、CIELOでサイクリングした刀水橋までは5kmほどということで、近い感を感じていた。明日はPoloで出勤なので、それがまた楽しみだ。

posted by kuchida at : 20:47 | コメント (0)

2010年10月19日

続く道のり。

Pa064202今日の来客は結局5件。新しい出会いも2件あった。デスクワークの暇がなかったが、その必要もなかったというのが今日の実状だ。
■今週末は天気もまぁまぁで息子の学校のイベントがありfree。走るか、こぐか、駆るか、で悩んでいる。どうしようか?

posted by kuchida at : 20:00 | コメント (0)

2010年10月17日

自由で気ままだ。

Imgp10506時出発でCieloに乗って荒川の河口までの往復77kmを走ってきた。左岸に渡らず右岸の突き当たりまで行った。「何もない」とは聞いていたが、確かに何もなくしばらく海を見ながら黄昏れていた。
往路は北風の追い風を受けてスイスイと気楽にこいでいたのだが、復路は思っていた以上に向かい風(4 m/s)が強くてスタミナ切れになり、随分と軽めのギアをクルクル回しながら返ってきた。休憩中に他の自転車を見ていると、ロードでも似たようなスピードの人が数多く、自信を少々取り戻しながら眺めていた。しかし、速い人は向かい風に関係なく速くて、大したモノだと眺めていた。
Imgp1059■自転車の旅は実に自由だ。そして、秋のサイクリングは暑くもなく寒くもなく、ただ気ままだ。TCRの納車まではあと4ヶ月。気温は今日よりも10℃以上低いだろうと思うと、どんな服装でどんな鼻水を流しながら乗るのかがまた楽しみである。
Pa174258■今日はまた観閲式があったようで、F-18やらF-15やらF-4やら輸送/戦闘ヘリやらが自宅の前を低空飛行していた。やっぱりお気に入りはこれだ。

posted by kuchida at : 16:51 | コメント (0)

2010年10月14日

果てぬ夢へ。

[]

Pa064189福島横断第2弾も無事に終わり帰京。輪行に関する書籍を読んでいるが、TCRが来たらどこかのどかな畑の中の道をゆったりと流したいなぁと思う。さて、それは何年後の出来事だろうか?

posted by kuchida at : 20:35 | コメント (0)

2010年10月06日

初の無人駅乗車&水郡線。

Pa064174昨日、今日の2日間で福島県を横断してきた。昨夜は勿来泊まりだったが、朝は5時過ぎに散歩に出かけて写真を撮っていた。いい気なモンな出張である。来週もほぼ同じルートで横断の予定だ。
Pa064245■帰路は、初めての乗車となる水郡線。実は無人駅からの乗車も初めてであり戸惑ったが、相談した車掌さんがその場で最終目的地までの切符を売ってくれて解決。単線のディーゼルカーの旅は趣深かった。

posted by kuchida at : 20:50 | コメント (0)

2010年09月29日

馴染み深い車窓。

Imgp1002浅草駅から「りょうもう号」に乗って太田まで行ってきた。下町から田園風景までを駆け抜けたが、スカイツリーの真下も通過した。そう言えば、自転車で行ったときに東武線が確かに通っていたことを思い出す。その他、荒川、久喜界隈、利根川、渡良瀬川、足利と馴染み深いところばかりの車窓を楽しめた。
■明日は横浜に直行ということで朝も遅い出勤。少々楽することとしよう。

posted by kuchida at : 20:10 | コメント (0)

2010年09月21日

ペダルをゆるめたい。

P9183986先日Cieloで荒川の土手を上っていたら、2桁国道の橋梁のすぐ北側の土手に牛が放牧されていた。観光設備はないが、のんびりとしている牛を見ているとこちらのペダルもゆるむというものだ。次はいつ見に行けるだろうか?
■秋分の日は親戚回りで一日潰れる予定だ。トホホ。

posted by kuchida at : 19:47 | コメント (0)

2010年09月20日

日本海までドライブ。

P1010030日曜の朝イチでさいたまを出発してドライブに行ってきた。まずは谷川岳の一の倉沢を目指してドライブし、ロープウェー乗り場から一の倉沢までのマイカー規制の車道ウォークであの壮大な景色を眺めた。
P1010081■何度見ても素晴らしい景色だ。前回はGWだったが、雪の回廊の下の景色など思い浮かべるべくもなかったのだが、その下には道がUターンして沢を越えている景色があったのだ。今回はここを登る猛者を発見することは出来なかったが、自然への畏怖を感じるには十分すぎる光景だった。
■ここでサンドイッチを食べた後、GW同様に宝川温泉に行ってきた。息子と二人で楽しんできたが、妻は男性多勢の混浴は嫌だとのことだった。今回は前回以上に若い女性も多かったが、男性が多すぎたことが妻を躊躇わせたのだろう。残念。
P1010109■その後、国道17号で越後湯沢へと山越えをして、温泉宿に宿泊してきた。築15年とのことで設備には新しさを感じる旅館だったが、久しぶりに満足度が高いサービスが得られたことが何よりだった。あそこならまたリピートしても良いと思う。
■そして今日は日本海を目指し、寺泊で焼魚定食と刺身定食をランチに頂いてきた。食後に軽い散策で弥彦神社にお詣りに行き、Poloに貼り付ける交通安全のシールも買った。自動車にお札を貼るというのは、岩木山神社、竹谷神社についで3枚目だ。ご加護を頂きたい。
P1010178■夜半からの雨模様も日本海に着く頃には上がり、徐々に陽も射し始めており、帰路の関越道では魚沼の稲穂の黄緑を眩しく見ながら南下を続けた。高崎から南は渋滞が延々続いていたようなので、一般道に降りて高崎からさいたまでの100km弱を4時間余で走ってきた。関越道の方が早かったろうか?悩むところだ。
P1010159■そんなPoloの燃費は17 km/l超えだった。高速を飛ばしたし、渋滞もあったし、のんびりドライブもあったが、これはやっぱりなかなか大したモノだ。
■さて、疲れたが、リフレッシュ・トリップとして、また明日からしっかりと頑張ろう!

posted by kuchida at : 20:13 | コメント (0)

2010年09月10日

フィルム貼り付け完了!

Imgp0968琵琶湖から帰還した。彼の地の方が幾分涼しく乾いているようだ。さいたまに戻ると汗が出てきた。
■学会ではその道の大家で前職で産学連携していた教授が半生を振り返る漫談をしていたが、後世の業績の中には僕も係わったものが含まれており、それは一つのホコリであった。
Imgp0982■早めの帰宅となったが、息子は秋風邪で発熱中。仕方がないのでPOLOにウィンドウフィルムを貼りに行った。平日は暇らしく1時間ほどで作業が完了した。せっかくフィルムを貼ったが、この土日は息子の療養でどこにも行けないだろう。そして来週は運動会。ドライブに縁がないようだ。
■フィルム施工中にカーショップを眺めていたが、欲しくなるものが何一つなかった。昔は欲しいものがいくらでもあったのに。結局買ったのは安全帯のみ。何故かと言えば、それ専用の収納庫があるからなのだが・・・
■さて、エコカー補助金は9/7受理分までが対象になるそうだが、僕の車番は9/6に受理済みとなっていた。最終日前日に滑り込みセーフとなり、25万円が支給されることだろう。それは年末頃になるのだろうか?

posted by kuchida at : 18:05 | コメント (0)

2010年09月06日

夫婦とはそんなものか。

P9013800少々秋めいた早朝の風が吹いていたが、昼間はこの夏特有の黄色がかった空の下の猛暑日であった。久喜と宇都宮で汗をかいた一日だった。
■終日、副担当としての業務に携わっていたのでお気楽な一日だった。業務分担が細分化されて共有業務がなくなった昨今なので、副担当とはほとんど知らない分野を意味することが多くなっているようだ。
■宇都宮から「今日の土産は餃子だよ」とメールを送ったら、「今夜の夕食は餃子よ」とメールが返ってきた。夫婦とはそんなものか。

posted by kuchida at : 19:55 | コメント (0)

2010年09月05日

ポロで榛名湖へ。

P9053810ついにやってきたPolo (6R)で早速榛名湖まで行ってきた。往復250kmだが、関越道経由で燃費は18 km/l。さすがはゲルマン・エコカーである。
小型車なのでピッチが多いのは致し方ないが、やや硬めの足回りで高速も楽ちんだった。街乗りではもう少ししなやかでも良いと思う。コンチネンタルのタイヤは硬めでロードノイズが大きいのが気になったが、溝が深かったから当分交換できないだろうな。
1.2 TSI +7速DSGはDモードで低燃費シフトするし、Sモードにすると峠道のギアチェンジが心地よく、シフトダウンでのターボ加速もまぁまぁだった。トップギア走行中の上り坂では、ワンアクションしないとトルク不足を感じるが、それは小排気量故に仕方ないことだろう。
榛名湖岸の路駐街道でムリに突っ込んできた対向車のデミオとすれ違いざまに双方のリアフェンダーが擦れた。こちらが多少動いていたのでこちらが悪いことになるので、示談で2,000円を支払った。接触距離は0.5mm程度だったようだが、こちらはキズ一つ残っていない一方で、デミオは塗装が剥がれて板金が見えていた。示談で負けて塗装で勝った事故だった。トホホである。

posted by kuchida at : 18:14 | コメント (0)

2010年09月04日

坊主の品格。

20100904Src昨夜のアルコールで倦怠感の一日を終えようとしている。本当にムダな出費だな。
■今日は叔父さんの法事で岩槻のお寺さんまで代車のシロッコで出かけてきた。1.4TSIはやはりモノ足りないが、クルーズコントロールで流していると実に気楽な車だ。やや固い乗り心地だが許容範囲だ。
■還暦を過ぎた甥っ子は今日の法事で位牌を忘れてきたそうだが、気さくなお坊さんからは「遺骨を忘れる人もいる」と励まされたそうで、それはまたホノボノした逸話だった。坊主の品格はそこで決まると思う。

posted by kuchida at : 17:18 | コメント (0)

2010年08月27日

納車日決定。

Vwpolo00これの納車は来週末になりそうだが、代車のシロッコが今週末にやってくる予定だ。クラウンともお別れか。エコカー補助金がなくなるのは9/17あたりになりそうだが、さて25万円は間に合うだろうか?ダメな場合にはVWが10万円を補償してくれるそうである。
■今日の外出先の仙台で同じ仕様の白いPOLOが走っていた。外観は・・・ライトバンの営業車のようだった。何かアレンジしないと格好悪そうかも。
明日は久しぶりにCIELOで走りに行こうと思う。25mm幅のタイヤの実力はいかに?パンクだけはしないでもらいたい。

posted by kuchida at : 20:32 | コメント (0)

2010年08月24日

うどんで腹一杯。

P8233779瀬戸内から帰宅。
讃岐うどん以外は旨いものがないと言われる高松だが、今日の昼飯は地元だからこその裏通りのうどん屋に連れて行ってもらった。確かに旨く食べ過ぎてしまった。
■次はいつあの地を踏めるだろうか。長期計画の第一歩が秋にあったが、今回はその後の一歩を踏みしめるような1泊2日であり、未来に繋がる両足の踏み出しと言えよう。いい旅だった。

posted by kuchida at : 21:03 | コメント (0)

2010年08月12日

W650での北海道ツーリング!

P8123776人生初となる、北海道への往復ツーリングをしてきた。さいたまと苫小牧の往復だが、総距離2030 km、往復48時間、燃費27 km/lだった。津軽海峡フェリーの待ち時間と乗船時間が片道9時間ずつあるから、平均時速は67 km/h。オール高速道だとそんなものだろう。W650・・・なかなかやるもんだ。
P8073668津軽海峡フェリーを利用したが、ドッグランのコーナーを作るよりも、躾が悪い親/子供を集める場所を作ってもらいたいモノだ。往復ともに公共の場の躾が悪い親子が散見され、眠りに就くのが大変だった。
■高校時代に初めて乗った青函連絡船を思い出しながらの旅路では、息子は何年後にこんな旅人になるのだろうか?と感じていた。
P8113751■W650では北海道初上陸で、函館の赤レンガ街にも行ってきた。海峡があり運河がある様子は、門司港を見ているようだったが、波立ちが北のそれだったのが違いだろうか?
P8073643今回のベストショットは、我が愛する人と暮らしがある津軽平野から臨む岩木山とW650のツーショットだ。この景色の中にあるあれこれを多感に思い耽るのであった。今年の夏休みも最高だ!

posted by kuchida at : 14:21 | コメント (0)

2010年07月30日

あきらめるとしたら。

P7283614雄琴の風俗街を見下ろして迎えた朝は、エアコンで喉をやられていたが、今もまだ喉の調子が戻らず全開に遊べない。
■明日のサイクリングは既にあきらめているが、次にあきらめるとしたら、それは息子との市民プールだ。これは何とかして一緒に行ってあげたいモノだ。
P7283591■一昨日は25年ぶりに奈良の法隆寺に行ってきた。中学校の修学旅行で言った記憶は何一つ思い出すことがなく、「はて何を修学したのだ?」と反省しているところだ。世界遺産故に、キレイすぎるほどに管理されており、厳かさや歴史観が伝わってこなかった。我が人生、もうここに行くことはないかもしれないな。

posted by kuchida at : 21:04 | コメント (0)

2010年07月27日

4年前のプチ再来。

R1032891明日は、転職以来、2度目となる1泊出張に出発だ。宿泊が当たり前だった4年前の夏と言えば、奈良から金沢へと移動して1週間余の旅路の中に居たが、奇しくも明日は奈良から大津への移動だ。夜は温泉宿泊で楽しんでこようと思うのであった。

posted by kuchida at : 20:28 | コメント (0)

2010年07月26日

暴食による消化不良。

R1035189昨夜はまた地獄を見てしまった。年に何度かやってしまう暴食による消化不良で、食事から5,6時間後に胃がふくれて痛くてたまらなくなるあれだ。
■冷たい水を飲む、胃薬を飲む、跳ねる、押す、捻る、吐くなどをするが、痛み始めから3,4時間しないと治らない。昨日の特効薬は「吐く」だった。食後8時間以上経ったものを吐くのはツライのだが、昨日は極意を会得したことにより、随分と楽に吐くことができ、深夜3時前に回復して床に就いた。極意は、心技体のスキルが必要だが、これからもつかえそうだ。
ということで睡眠不足の今日だったが、午後から杜の都まで外出で「旅路の中で」を楽しんできた。明後日からは関西方面に出張なので、それがまた楽しみだ。

posted by kuchida at : 20:24 | コメント (0)

2010年07月24日

利根川往復。

Imgp08315時出発で緑のヘルシーロードを通って利根大堰まで。その後、刀水橋まで10km程を流した後、熊谷市街経由で荒川にもどり、帰宅した。休憩込みで140kmを8時間の旅路だった。気温は30〜35℃の中を走り、水分補給は4リットルに及んだが、小便は100mlほどが2回。身体の水分が入れ替わったことだろう。
Imgp0841■帰宅したらバタンキューで動けなくなり、1時間の昼寝で回復してきた。あぁ、人はここまで疲弊するモノか?を知り、少々、度を超していたかもしれない。反省である。
■そうこうしていると、新しく買った三菱のテレビが配達されてきた。型式はREAL LCD-37BHR300で10万円弱。37VにブルーレイとHDDが付いたモデルで、配線も楽ちんだった。明日、旧いSharpの液晶テレビとHDD/DVDレコーダーを母に贈ることとしよう。

posted by kuchida at : 19:15 | コメント (0)

2010年07月19日

真夏の3連休。

P7183408-1梅雨明けの3連休の2日目はTDLへ。会社の法人契約特典で5千円程安く手に入ったワンデイパスの有効期限が1ヶ月と迫ったための駆け込みVisitだ。妻と行くディズニーリゾートは8年ぶりで、息子とは初のTDLだ。
連休中日で大混雑だったし暑い一日だったが、エアコンレスの我が家としては、暑さ知らず疲れ知らずの一日だったと言えよう。
■朝8時半から21時前まで滞在して、パレードも初めて目にした。率直な感想は「小林幸子と紙一重のマンネリアトラクション」であり、バイアスがない息子としても「どうしても見たい情熱」はあったが、「また見たい情熱」には変わらなかったようだ。
P7193504-1■夜は隣接する東京ベイホテル東急に一泊して、いつも並の4時半起きで海の日の朝陽を眺めていた。早朝の駐車場は、1台の清掃車が縦横無尽に走り回っておりうるさかったが、あれがディズニーランド品質を保つための要因なのだろう。
P7193559-1■今日は一つ隣の葛西臨海公園に行き、海辺で遊んだり、水族園でスタンプラリーをしたりで過ごし、14時半頃に帰宅した。強い陽射しとは言え浜風に吹かれた2日間に比べると、さいたまの熱い陸風は格段で、気温も5,6℃高く、内陸県の気候を実感した。
■息子は明日が終了式で夏休み突中。羨ましい限りだ。

posted by kuchida at : 19:08 | コメント (0)

2010年07月17日

スカイアクセス一番電車経由で菖蒲まで。

Imgp07625時出発で堀切橋に行き、今日開業のスカイアクセスの1番電車を見に行った。上野発から10分後の通過かなと待っていたら、その5分位前に後ろから上り電車がやってきて拍子抜けだった。それでもゆったりと走ってきたスカイアクセスは、そのあと30分もしたら成田に着いてしまうと思うと、成田が随分近くなったと思う。でも、転職後の僕は海外に行くコトなんてないかな?
Imgp0787その後、鹿浜橋から芝川CRで東浦和に向かい、そのまま緑のヘルシーロードを北上した。疲れが出てきたので、菖蒲町役場あたりで東進することにして桶川から荒川CRに入って帰宅した。休憩込みで7時間、116kmの旅だった。今日のコースは速度が出せないし、電車待ちもあったので、まぁこんなもんだろう。
現在、体力回復中だが、明日は朝から晩までTDLで立ちんぼだなので、身体のケアが急務だ。夜はベイホテル東急に泊まることにしたから、まぁ何とかなるだろう。
帰宅すると月曜日の昼頃だろうから、3連休などあっという間だ。休みが足りない!
Cielo-20100717

posted by kuchida at : 14:34 | コメント (0)

2010年07月05日

夏の友はW650に決めた!

R1034870お盆休みに妻の実家がある苫小牧に行く予定で居るが、往復7万円以上の航空機代が惜しくて、JR、JR+サイクリング、W6、JZS、フェリーなどを考えていたが、W650+青函フェリーで往復することに決めた!東北道は単調で退屈だが、野宿グッズ持参で気ままな旅にすることにした。俄然、楽しみが増えた!

posted by kuchida at : 20:06 | コメント (0)

2010年06月26日

クロスで熊谷まで111km。

120843259アルコール摂取でやや覚醒気味の6時間余の睡眠を経て5時半起きで6時に出発。荒川CRを北上して熊谷市の押切橋までの往復111kmをBianchi Cieloで走破してきた。諸々の休憩込みで6時間なので、クロスバイクとしてはそんなもんだろうと思う。
Imgp0243■ロードバイクを買いたいという衝動が常々あった。サイクリングロードではロードバイクに音も立てずに抜かれるし、重たいボディに32Cのタイヤは抵抗が大きいし、緩衝器付きのフロントは加速時に確かにエネルギーロスを感じるし。しかし、こうして100kmツーリングができるようになってくると、6時間の行程が4時間になることへの期待はそんなにないし、かといって土手を離れて(危険な)一般道路を長距離走るつもりもないし、競技に出ない限りはロードバイクは不要のように思えてきた。
Imgp0377■土手界隈を走っていると、砂利道を走ったり段差を越えたりすることも結構あるが、サス付きフォークだからこその安堵感や楽ちん感は、最廉価なCIELOならではだろう。
■今、僕はこのクロスバイクと末永く付き合いたいと思っているが、タイヤを25Cにすべきか否かの判断ができずにいる。「適当に乗れる」メリットを減じて、もう数段高いギアで見通しの良い直線を速く流せることを手に入れるべきだろうか?悩みが尽きないのは、これが「クロスxxx」というどちらつかずのコンセプトの自転車だからなのだろう。

posted by kuchida at : 13:29 | コメント (0)

2010年06月13日

異文化混在。

Imgp0654昨夜は22時前に就寝で3時に起床。会社から課題として与えられている管理職コースの通信教育を90分。これは日本能率協会の6冊コースだが、ビジネス管理職向けの教材としてはケーススタディや考え方が古く、10年以上前の「古典」である。保守的な会社に勤めているので、古典も役には立つが退屈で腹立たしさも覚えながら2冊目を終わらせた。時間の浪費の中で得られることは、上司たちの言葉の源泉がそこにあることだ。古典と現代の異文化混在の中に生きている中年の苦労だろう。
Imgp0682-1■曇り空の朝ではあるが、CIELOで東京スカイツリーまでの往復62.3kmを楽しんできた。荒川CRを走っていると随分遠くからでも臨めるツリーだが、近くに行ってみると存在感はやや希薄で、高級感や威厳がなかった。そこにはまだ息吹がないからだろうか。
■周辺もサイクリングしてきたが、そこは東武伊勢崎線沿いの下町であり、そこにただただ高いスカイツリーがあるミスマッチは、東南アジアの風情のようであった。異文化混在が続くのか、はたまた多くが近代化されていくのか、答えは半世紀後に分かるだろう。
■CIELOと言えば、昨日、ステムを逆転させたが、普通にハンドルを持つことが楽でいられる状態になった。尚、ステムを下げた方がいいかというと、それは微妙そうだから、当面、このままでいることにしよう。
Imgp0700帰宅後は家族でジャスコに向かい、水槽セットを買ってきた。息子が近所のドブ川でアメリカザリガニを捕まえて飼育したいからなのだが、結果的には僕が捕まえた手長エビ2匹が仲間入りすることとなった。久しぶりに泥にまみれた僕の両手だった。

posted by kuchida at : 15:22 | コメント (0)

2010年06月11日

改善できること、そのままのこと。

Imgp0649今日は会社で産業医の女医さんに低体脂肪率だが高コレステロールである件について健康相談した。食べ物(おやつ、間食を含む)の摂取量や食事時の食べる順番も良く、運動量も良いとのことだったが、朝食と昼食について変化を求められた。
■毎日の朝食はフルーツ、パン、ジュース、コーヒーだが、これに野菜と卵半分を加えるように言われた。また、昼食はおにぎり(200g)を1個だが、これにも野菜や海藻などを加えるように言われた。これは明日から早速できることなので実践することにしよう。
Imgp0652■時短月間と言うことで、今日は午後から半休を取得して13時過ぎに帰宅した。妻と走ろうかとメールでやりとりしていたが、息子の下校時刻とかぶりそうだったので、一人、CIELOに乗って荒川CRを遡上して榎本牧場までの50km弱を往復してきた。平均時速は21km/h。帰りは向かい風で中速ギアでゆっくり帰ってきたのが数字に現れている。
■榎本牧場では名物?のソフトクリームを食べてきた。確かに旨く、牧場ならではの味だった。知る人ぞ知る場所という風情だった。
■その後、CIELOを買ったバイシクルセオ浦和店に行き、購入後初の点検をしてもらった。ポジションを相談した結果、ステムを下げる前に、ステムの天地反転を進められ施工してもらった。ポジションが楽になった気がするが、長く乗らないと善し悪しが分からないのが正直なところだ。
■「タイヤを25cにしたいな」とか「ロードも欲しいな」という気分で行ったのだが、特に勧められなかったので、しばらくはCIELO+32cで頑張ることにした。

posted by kuchida at : 17:25 | コメント (0)

2010年06月07日

写真と思い出はキレイです。

P5293191この湾が、二十四の瞳の舞台となった向こうとこちらで、分教場は写真の左側の岬づたいを行ったところにある。小豆島ではスーパーカブでヒラヒラと走っていたが、カラー写真はE-620とNikkor 50mm F1.4 (100mm相当)で、モノクロ写真はIkonta 520のTessar 7cm F3.5。
2010060518-1あの楽しみが夢のような世界にいると感じるのは、口べたではなく喋る気がない同僚と付き合わなければならない世界にいるからだろう。あの出来映えで多額の残業代と二重取りの交通費と高額なボーナスをもらっていると思うと、本当に胸くそ悪い・・・おっと、汚い言葉はこの景色には無縁だな。

posted by kuchida at : 19:44 | コメント (0)

2010年06月04日

何もない週末。

P5293195「二十四の瞳」の舞台にもなった分教場はのどかだった、と書こうと思ったが、思い返すとすぐ前の道路工事をしていてやかましかったことを思い出す。
■今夜は雨が降るらしいが、週末は晴天らしいので、またまたCieloで土手を走り、妻とジョギングし、息子と散歩したりを楽しみたいと思う。久しぶりに何もない週末を迎えることが嬉しい。
■そう言えば、IKONTAのフィルム現像ができてきたので、スキャンもしないとな。これまた楽しみ。

posted by kuchida at : 20:32 | コメント (0)

2010年05月30日

小豆島 in Saturday。

Imgp0598今朝は肌寒い曇り空を迎えているさいたまだが、昨日の小豆島は気温が低めなものの眩しい晴天だった。スーパーカブに半キャップで一日ツーリング(100km、6時間、55 km/l)していたので、日焼けした頬と首筋の火照りが昨日を思い出させる。旅の経験値がまた一つ上がったことを嬉しく思う。
P5293200スーパーカブは20年ぶりの乗車だったが、あのコーナリング時のヒラヒラ感はどんなコーナーでも曲がれてしまいそうだ。ロータリーミッションも直ぐに感覚を思い出したが、小豆島の峠越えはパワー不足で牛歩のごときだったが、下りは車体を揺らしながら速度が随分と上がっていた。
P5293223寒霞渓では星が城神社までの1時間余の登山もしてきた。
■小豆島での時間は、海あり、山あり、棚田あり、オリーブ畑ありで楽しいツーリングだった。それが間違いなく高いレベルの極大値ではあるのだが、最大値と言えるようなクライマックスに欠けていたのは何故だろうか?自分の感動感度(impressive sensitivity)が低下してしまったのだろうか。
いずれにせよ、未知なる場所での見聞は経験値を上げたことに間違いはなく、幸せな時間であったことにも間違いがない。この機会をありがとう。
Shodoshimawithcab

posted by kuchida at : 10:16 | コメント (0)

2010年05月27日

21年ぶりの「瀬戸内」へ。

[]

R1035233写真は歳明けに見た四国と九州の境目。明日は四国と本州の境目を見に行くことが何より楽しみだ。しかし、思ったよりも涼しいようで、期待している初夏の陽気は楽しめなそうである。いわゆる「瀬戸内」の潮を感じるのは思い出せないほど昔で、21年前のツーリングの時以来ではないだろうか。うっしっし、楽しみである。

posted by kuchida at : 20:27 | コメント (0)

2010年05月26日

期待がある。

R2065656FTRの友人が、ツーリング時に貸してあげたあれこれの品を替えて返却してくれた。気を遣ってもらわなくても良いのだが、それが分からなくもないのでありがたく受け取った。7月にはまた二人でどこかに行けたらと思うが、次回はキャンプかも?
■今日は自宅から歩いて行ける某工場への技術説明。期待は高く幸せなディスカッションができた一日だった。

posted by kuchida at : 18:59 | コメント (0)

2010年05月24日

経験不足&再会。

R1035273今日の旅路は仙台まで。僕の案件はあっという間に話が終わったが、同僚の提案には僕自身が参ってしまった。顧客もさぞ困ったことだろうと思う。仕事の継続性、企画力、コミュニケーション、ビジネスセンスが×だった。過ごしやすい電機メーカーの生え抜き社員はああなってしまうのだろうか?経験不足なのだろうが、サポートのしようがないほどのものだった。アーメン。
100 4112■さて、明日は20年前に写真の地を一緒に歩いていた学友が上京するとのことで、20時半頃から一杯やることになっている。
■友は地方行政の場で多分活躍していると思うのだが、3年前には八甲田温泉でその同僚と結婚している。百名山登山や居酒屋巡りをしている彼だが、さて、明日はどんな風体や生活感の出で立ちでやってくるだろうか?3年ぶりの再会が楽しみだ。
■懐かしい彼の地は、今頃、どんな景色になっているだろうか?

posted by kuchida at : 20:09 | コメント (0)

2010年05月17日

目指せ、ビジネストリップ2万キロ!

R2065653元気に会社に向かい、まぁ元気に仕事をしてきた。月末には四国への出張が決まり、モチベーションが向上中だ。転職後、行っていない島は、いよいよ北海道だけになりそうだ。そして、今年の目標の一つである「ビジネストリップ2万キロ」も月末には6千キロを超えられそうだ。
■明日は所用で有給休暇を取ったが、たいていの時間はフリーである。Cieloに乗ったり、妻と走ったり、Djebelタンデムでランチしたりで時間を過ごすこととしよう。束の間の春の平日を楽しむことにしよう。

posted by kuchida at : 20:58 | コメント (0)

2010年05月15日

中津川林道経由で小海まで。

P5153084ツーリングに行くと言うことで3:40に起きようと思っていたが、1:30過ぎには起きてしまいお勉強や準備を万端にしていた。
■4:30に出発して、中津川林道経由で三国峠到着は10:00。今日はFTRに乗る外注さんのお友達とのツーリングなので、休憩を多めに取ったが、それでもまぁいいペースであろう・・・途中、彼は軽く転けていたが。
■中津川林道は舗装化が多少進んでいるような気がするが、何十年後かは全舗装されるのだろうか。まぁ、それでも良いのだが。
R2065652■川上村に降り立ち、昨日投稿した場所と同じであろう場所で写真撮影したが、夏のそれと春のそれは随分と景色が違うことが分かる。埼玉から山を越えたここは、まだ訪れ始めたばかりの春がそこにあるようだった。
■その後、温泉に入ったり、そば屋に入ったりしたが、今日の極めつけは立岩ダム界隈の春景色だろう。
P5153106■結果的にあの幸せな穏やか感を表現できた写真が撮れていなかったのは技術・表現力不足なのだが、春の息吹があふれ出た情景は頭の中で鮮明だ。もしかしたら一生忘れないであろう景色の中にリストアップされるようなものだった。
■その後、小海から佐久に抜けて高速経由で帰宅した。
■今日の走行距離は360kmで、所要時間は15時間。平均燃費が38km/lは、さすがはDJEBELだ。さて、次のツーリングはいつだろうなぁ?

posted by kuchida at : 20:51 | コメント (0)

2010年05月14日

あと8時間で出発。

R1031775-1明日は外注さんのFTRと僕のDjebelで中津川林道に行く予定だ。朝5時に新座待ち合わせだが、彼はきちんと起きてやってこられるだろうか?
三国峠の向こうの川上村の明日の最低気温は-1℃となっているが、僕らが行くであろう正午頃には10℃近くになっていることだろう。とは言えそれでも寒そうな感じだが・・・。この道をまた走るのが楽しみだ。2年弱ぶり。
P5093057■今日は健康診断もあった。体脂肪率は13.3%で、自宅で計っているよりも高めの値だった。しばらくすると結果が全て届くだろうが、まぁ健康優良な41歳であることだろう。
■あと8時間でDjebelで出発だが、まだバリウムが出きっていないのが気がかりだ。

posted by kuchida at : 20:07 | コメント (0)

2010年05月08日

ナカナカxxxった。

Imgp0535来週以降の中津川林道ツーリングに備えて、駐輪場のW650をDjebelに入れ替えた。W6からDjebelに乗り換えた直後はギアが抜けたスローモーションのように感じだが、慣れるとあのトコトコ感がナカナカ良い。
■その後、家族3人で戸田の実家までサイクリングしてきた。往復23kmなのでCieloだとあっという間だが、息子の自転車のペースで片道2時間弱こぐというのはナカナカ疲れた。
■思い返すと、今朝の始まりと言えば早朝2時起きで、お勉強の後で中津川林道ツーリングを誘う友人宛の計画を練っていた。その後に二度寝して、6時過ぎに妻と彩湖ランニングに行ってきた。今日はサーキットトレーニングを導入して、30秒余のダッシュと2分半弱のスローランで彩湖を走ってみた。これまたナカナカきつかった。
■あぁ、いい週末だ。

posted by kuchida at : 18:07 | コメント (0)

2010年05月05日

ほぼ満点。

R2065623息子の発熱はそうかんたんに治まらず床の中。明日はおそらく病欠になるだろう。
そんな朝なので、ビアンキCIELOに乗って、往路も復路も共に1時間40分で葛西臨海公園への道を往復してきた。走行距離は83km。風向きとは絶大な効果があり、復路はいつもよりも1段高いギアで帰ってくることができた。
P5023020GWも今日で終わりなので、やりたかったことをおさらいしておこう。

  1. マラソンチャレンジ:秋が瀬から葛西臨海公園までの38kmを5時間弱で走ってきた。同じ時間であと5kmを余計に走るための鍛錬が必要だ、▲。
  2. CIELOサイクリング:落合橋、鹿浜橋、葛西臨海公園への往復の合わせて171kmを走ることができた、◎。
  3. DJEBEL林道ツーリング:DJBELは整備のみが完了。今月中に外注さんの若者と二人で中津川林道に行く予定だ、×。
  4. W650ツーリング:経路が短縮されたものの、一の倉沢と宝川温泉への往復ツーリングを楽しんできた、○。
  5. アウトドアランチ:家族で秋が瀬滞在6時間にてBBQを楽しめた、◎。
  6. ピアノの先生宅訪問:7時間滞在にてお喋りをしてきた。息子はここでお孫さんの風邪をもらったような気がするが、、、○。

まぁ凹凸はあるが、100点満点に近いゴールデンウィークだったと言えよう。この楽しさ、次は夏休みか。。。

posted by kuchida at : 15:41 | コメント (0)

2010年05月04日

昼、鹿浜まで。

Imgp0385今日は朝の二度寝でGWの疲れを癒した。その後、ラーメン屋経由でサイクリングに行こうと家族で出かけたが、息子が青っぱなを出して具合が悪いというので帰宅したら発熱中でベッドイン。トホホ。
■と言うわけなので、ひとり、13時発の15時着にてBianchi Cieloで鹿浜橋まで往復して柚子ピールのソフトクリームを食べてきた。息子へのお土産はあたっても痛くなさそうなフリスビー。往復37kmで平均時速は丁度20km/h。最高速は丁度40km/h。まぁまぁの踏み応えだ。
■GWも明日で終わりかぁ。

posted by kuchida at : 15:31 | コメント (0)

2010年05月03日

朝、CIELO。

Imgp04925時過ぎの出発で、秋が瀬橋から落合橋(入間川にかかる川越街道の橋)までを往復してきた。秋が瀬から川越線を越えるまでがあっという間だったのが驚きだった。往路は右岸を走っていたが未舗装路ばかりでうんざりだった。復路は左岸を通ってみたら道幅が狭いものの自転車道が整備されており疲労が蓄積されずに済んだ。
Imgp0504■自宅まであと少しの秋が瀬公園では、ファンタを買ってBBQエリアで休息した。人が少ない秋が瀬は静かで無臭だった。
■CIELOを買って4週間弱。走行距離は230kmとなった。普通の自転車としては5万円以上と高価だが、走行抵抗&安定性、部品精度の大雑把さを感じるようになってきた。他の自転車を乗ったわけではないが体感できているネガポイントだ。とりあえず、タイヤは28cと細くしてみようと思っている。
■今日はこの後、ピアノの先生宅に遊びに行って、豪華な料理をたくさん頂いてくる予定だ。嬉しさと(満腹の)不安が入り交じっている。

posted by kuchida at : 09:49 | コメント (0)

2010年05月02日

早春ツーリング。

Imgp0452■3時半の起床で4時前に出発して、一の倉沢着は8時過ぎ。間近にそびえ立つ1,000m近い岩壁は大迫力で壮観だった。家を出たときは10℃弱で、関越道の赤城山あたりでは4℃と随分寒かったが、行った甲斐があるシーニックサイトだった。
Imgp0470その後、混浴で噂に名高い宝川温泉にも行ってきた。露天風呂に向かうと何気にバスタオルを巻いたご婦人が多く驚いた。老婦人は居らず中年以下のご婦人ばかりだったのが新鮮だった(若年皆無、つまり中年婦人のみ)。ここで月見うどんを頂き、片品経由で日光に向かおうとしたが、またもや通行止めに合いUターン。前回もUターンを何度もしたが、またもや片品を越えることができなかった。トホホ。
P5023026■結果的に水上界隈に6時間余り居たことになるが、景色と言えば芽吹き始めた枯れ木や満開の桜が一杯で、早春の趣が満点のハッピータイムだった。
■次回こそは、往路が関越道で、復路は東北道としたいものだ。12時間弱で409km走行、燃費は32km/l。さすがはW650。写真は全てOptio I-10。

posted by kuchida at : 18:36 | コメント (0)

2010年04月30日

葛西臨海公園まで走る。

Img 0496朝7時に家を出て、秋が瀬橋から葛西臨海公園までの38kmを走ってきた。トータル5時間丁度で平均時速は7.6km/hにてトホホ。小菅までの20kmは平均時速10km/hで走っていたが、後半は失速してしまった。今のところの「走り続ける筋力」は20km走が限界らしい。
■しかし、今日は足指のテーピングが隣の指に擦れて皮がむけたというのはあったが、膝、踵、腰や骨周りへのダメージは皆無であり、40km走を支えるだけの筋力はできていることが分かった。
■2ヶ月前に小菅までの23kmを走ったときには「太腿が悲鳴を上げた」とあるが、今日はそれを超えられたことが一つの成果と言えるだろう。
■それにしても、浦和では1m/sあるかどうかの風速だったが、河口近くでは6-8m/sの向かい風がなかなかきつかった。Run Keeperによると、今月はランニングが61kmでサイクリングが178kmの合計239kmが記録されている。この調子で筋力を付けて、秋にはフルマラソンに改めて挑戦することにしよう。
20100430Tokasai

posted by kuchida at : 15:51 | コメント (0)

2010年04月28日

少なめの長期休暇!

Imgp0369さて、ゴールデンウィークで明日から7連休だ。やりたいことがたくさんある。

  1. 秋が瀬橋から舞浜までのフルマラソンにチャレンジしてみる。
  2. Cieloで荒川(入間川)の上流に向けて往復100km程こいでみる。
  3. Djebelで中津川林道を越えてみる。
  4. W650で榛名湖-日光と回ってくる。
  5. 家族でアウトドアランチを頂く。
  6. ピアノの先生宅に遊びに行く。

■わずか7日間でこれを全部できるだろうか?Djebelツーリングは5月中旬でも良いかな?とは思ってはいるのだが・・・。

posted by kuchida at : 19:29 | コメント (0)

2010年04月25日

海まで往復!

Imgp0354昨日は夜になっても喉痛が治らず19時前には就寝して闘病することにした。その甲斐あって5時過ぎに起きると痛みはほとんど消えていたので、CIELOで出かけることにした。
■6時前に家を出たときには5℃だったので少々寒かったが、土手をひたすら南下した。先週は西新井橋から東京スカイツリーがチラリと見えていたが、今日はかなり近くに見ることができた。
■そして、土手を走り始めてから1時間40分が経ち、無事に葛西臨海公園に到着した。
Imgp0381■去年の春には息子と足かけ4日でこの場所まで歩いてきた40kmの道程だが、今朝は2時間弱で到着。平均時速20 km/h以上を維持できているというのはクロスバイク歴2週間としてはまぁまぁだろう。
■帰りはスタミナが切れてきたり、ゆるりとした上りであることもあり、2時間丁度での帰宅だった。休憩も入れると往復80kmをドアツードアで5時間、なかなかいい日曜日だった。

posted by kuchida at : 15:32 | コメント (0)

2010年04月11日

クロスバイクデビュー2日目。

Imgp0212朝からBianchi Cieloに乗って秋が瀬橋から鹿浜橋まで行ってきた。総距離は39.38 km。ドアツードアで2時間半,こいでいた時間が2時間弱といった旅だった。ケイデンス(こぐ毎分回転数)は60〜70rpmで終始したが,徐々に上げていけるようにしたいと思う。
Imgp0240■足や手首や尻は何でもないが肩こりがしている。これは体幹が機能していないのだろう。向かい風でケイデンスを上げているときには「あぁこれが良いフォームか?」と感じることがあるが,持続が難しい。クロスバイクデビューが昨日なのだから慌てずにフォームを作っていきたいと思う。そして,初夏には荒川を下って海(葛西臨海公園)にたどり着きたいと思う。
■途中,随分たくさんのロードレーサーに抜かれたが,どの人もケイデンスが速くてついて行けなかった。訓練するとあのようになっていくのだろうか。
P4102940■さて,自転車をはじめたきっかけの一つは,ジョギング頻度を上げると踵の骨の髄が痛くなる傾向があり,それを回避したい目的があった。サイクリングでは筋力がキーになり骨の髄が痛くなる要素がなかったのは良いが,今日の所は心肺への負荷がほとんどなく,少々物足りない感じであった・・・楽なのは良いのだが。

posted by kuchida at : 10:23 | コメント (0)

2010年04月04日

ラン5km,ウォーク15km。

Imgp0051気温が低めの曇天の一日だったが,朝は雲底の下から陽が射していた。そんな時間帯に彩湖を5km余走ってきたが,平均時速は11 km/h。いい感じだ。「平均10 km/hで40kmを走れる」および「平均13 km/hで10kmを走れる」を年内の目標にしよう。
■帰宅後,入学祝いのお返しとしての妻製ちらし寿司を持参で戸田の実家に向かった。今日は,息子にとって初となるmy suicaで西川口に向かい,蕨界隈の花見をしながら戸田に向かった。
Imgp0153■実家で2時間余を過ごした後,戸田からさいたまの実家までの8km余を徒歩で帰宅。ジャスコでカレーを食べたりも含めて3時間弱だった。思ったよりも近いものだ。
■今週末はパールホワイトのI-10を首からかけていた時間がとても長かったし,撮影した写真の枚数も実に多かった。それこそが写真の楽しみではあるが,GRD2の写真のようなオーラが写真に含まれていないのが少々惜しい点である。

posted by kuchida at : 16:35 | コメント (0)

2010年03月29日

春休み。

Img 4631昨日はいつもと変わらない10kmランだったが,ペースがいつも以上だったせいか疲れを引きずっている。有給休暇を取っておいて良かった。
■とは言え,開店5分前のレイクタウンに向けて往復5時間のウィンドウショッピングを楽しんできた。そして,ハンバーグにドーナツと腹に溜まるモノをたらふく食べてきた。
■あとはまったりと自宅で過ごすことにしよう。これぞ,春休み。

posted by kuchida at : 14:35 | コメント (0)

2010年03月28日

無事完走。

Img 0479いよいよ「多摩ロードレース2010」にて10kmを走ってきた。1500人弱が同時に走ったが,54分弱は40歳以上男子で175位・・・後ろから50番目位。とは言え,ゴール前では国士舘大学の女子大生もたくさんいたし,ジョギング歴1.5年の初レースとしては,「まぁ良し」としよう。
レース後,昨晩泊まっていた京王プラザホテル多摩の中華レストランでコースを頂き帰宅。しかし,暴食が過ぎたか,いつもの暴食胃痛に悩まされている。早く治らないだろうか。
完走証を見ると,昨晩ご馳走してもらった前職の部長名があり,それはまた感慨深い証書である。
Tamars2010

posted by kuchida at : 19:06 | コメント (0)

2010年03月25日

雨のつくばへ。

P3192574先週金曜日に続いて,今日もつくばに行ってきた。さすがに土を踏むことはなく,濡れたアスファルトを踏みしめて客先を訪問してきた。進捗の云々はあるが,良いミーティングで心より感謝している。
■あぁ,気が付くと人生初の陸上競技大会出場まであと3日だ!

posted by kuchida at : 20:55 | コメント (0)

2010年03月22日

下見ジョギング。

Img 0451来週の多摩ロードレース出場に向けて下見ジョギングをしてきた。6時出発で現地には7時半頃に到着して,コースであろうルートを1時間弱で流してきた。
■いつもの彩湖外周や土手ルートと違い,道の起伏が折々にあるため,重力を重く感じたり軽く感じたりしながら,遠く見える富士山を楽しんだりしながら,走ることができた。来週は車道を1300人もの人たちが走るのだろう。陸上競技初体験なので,どんな景色なのかがさっぱり想像できない。

posted by kuchida at : 11:24 | コメント (0)

2010年03月20日

drive チバラキ。

P3202799昨夜は筑波温泉ホテルに宿泊してきたが,接客,食事,調度品などに統一された「丁寧さと真面目さ」の価値を感じて過ごすことができた。心の姿勢を形で見ることができた事例だったと思う。
■とは言え,早々にチェックアウトして太平洋へと進路を取った。家族で見る海は果たしていつ以来だろうか。春の海は眩しく,それはまた幸せな時間だった。P3202859■さらに進路を南にとって犬吠埼へと向かい,そちらでは波飛沫をメガネに受けながら,眩しい時間を過ごしていた。
■ランチは銚子漁港ブランドに頼り切りの食堂でコストパフォーマンスの悪い海鮮を頂いたのは僕のミスリードだった。
■2日間で400km弱をドライブしたが,クラウンの燃料計はまだ半分以上が余っている。驚きの燃費か?

posted by kuchida at : 20:17 | コメント (0)

2010年03月15日

アルコール摂取,2日目。

2009102521今日は歓送迎会で,今年2回目のアルコール摂取だった。
■昔話になり,モンゴルで羊を60ドルで買って,捌いて,脂身を重宝がって食べる話をしていた。懐かしい思い出だ。僕は右から3番目。
■素晴らしい国モンゴルだが,最近は朝青龍の言動で,双国の関係がぎくしゃくしていることが実に勿体ないと思う。

posted by kuchida at : 21:30 | コメント (0)

2010年03月10日

旧友に会える旅路。

R2065342昨夜は旧友宅のリビングに思い出せない位ぶりに入り,3人の息子たちとも歓談していた。その後,旧友とのいつものここに行き,腹一杯の晩飯を食べながら,秋のツーリングの計画を決めた。中部地方をグルリと小さく回ろうという内容だ。
■20年来,変わらない店内が維持され,今もこうしてローカルなレストランとして経営され続けていることが,とても幸せな気分にしてくれる時代になったと思う。
R2065343■その後,福井に到着すると雪景色の中の大粒の雨模様。靴に雨が浸水してしまうと言うのは福井では良くある出来事だ。トホホ。
■今朝は客先の最寄りの駅まで行ったら無人駅。タクシーが呼べたのが不幸中の幸いだった。仕事の後,芦原温泉でそばを頂き,帰京して残業してきた。2日間もデスクをあけるとやることが山積みだ。
今年の出張延べ距離を2万キロを目標としているが,今回の出張で4千キロを超えた。いい調子だ!

posted by kuchida at : 21:34 | コメント (0)

2010年03月02日

小雪の仙台。

20100302午前中は平成3年頃から付き合いがあるソフトハウスの担当者との打ち合わせ。初面会からは18年が経ち,二人とも歳を取ったなと感じていた。
■午後からは仙台往復。客先ニーズに応えられるかもしれない2案件は来年度にお金に変換されることだろう。
■同僚と一緒だったので,帰りがけに仙台駅の寿司屋で晩酌。2010年初めてのアルコールは一番絞りと佐藤のロック。あぁへべれけ。

posted by kuchida at : 21:32 | コメント (0)

2010年02月20日

西浦和駅から小菅駅まで。

20100220Kosuge朝9時半発で荒川の武蔵野線橋梁をスタートして荒川沿いを下り,昼前に東武伊勢崎線の小菅駅までの23kmほどを走ってきた。
日頃の練習が10km前後なので,20km超えで太腿の筋肉が悲鳴を上げ始め,海まで走ることをあきらめて帰ってきた。海まであと12kmだったので(歩きも含めて)行けないこともなかったが,今週末は2連休だし止めておいた。吹く風が急に冷たくなってきたのも遠因だ。
海までの35km程を走るためには,日頃から15〜20kmを走っていないとダメなんだろうと振り返っている。しかし,膝や腰の痛みは皆無であり,筋力不足だけが身にしみており,それは成長の証と言えよう。それにしてもRun Keeperのログはありがたい。
20100220Run

posted by kuchida at : 16:06 | コメント (0)

2010年02月14日

春のはじまり。

P1000954午前中,4℃程の彩湖を水門回りで10km余をジョギングしてきた。2週間ぶり故,スタミナ維持がやっとだったが,1時間以上走り続けたのが偉い。W650に古いIXYを付けて動画撮影しながら走ってきた。自己満足の世界だが楽しい。
帰宅後,妻が風邪気味というので息子と難波田城に行き,界隈の散歩もしてきた。梅の他,福寿草に水仙が咲いており,春の到来を感じていた。
息子におはじき(150円)を買ったが,とても楽しそうに遊んでいる。数千円するカードゲームも良いが,子供の遊びの原点はもっと安いものであるはずだろう。

posted by kuchida at : 17:20 | コメント (0)

2010年02月05日

旅路のなかで@仙台。

R1035272MAXで仙台に行き,はやてで帰ってきた。シンプルに旅路の中にいる自分が好きだ。
■お土産はいつも「萩の月」で飽きてきたので,今日は笹かまぼこにした。息子にチーズ味を食べてもらったところ,その由緒も知らずに「チーカマみたいだなぁ」と食していた。息子よ,それは本質的な感想だが,違いが分かる男になってくれ。
■明日は息子のお遊戯会。トライアングル奏者とフック船長役の2つを堪能することとしよう。

posted by kuchida at : 20:19 | コメント (0)

2010年01月26日

働かざる者,もらうべからず。

R10351951週間ぶりの出勤だったが,昨日は関門海峡を眺めていたのが夢のようだ。自宅待機故に滞っていたあれこれを進めている内に一日はあっと言う間に過ぎてしまった。明日もきっと同じ感じだろう。
■しかし,今月は残業代も少ないだろうし,2月の手取りは激減だろうなぁ。驚きは1月の有給休暇数が既に9日になってしまったことだ。あと8ヶ月で有給休暇の残りが19日を切ってしまった!

posted by kuchida at : 21:39 | コメント (0)

2010年01月25日

元ターミナル。

R1035187今は昔の異国情緒を味わってきた。連絡船の元ターミナルはどこも似たような雰囲気だな。
■しかし,看板は外資系銀行。何故,門司港でcitibankかの答えを僕は持たないが,レトロ街にやってくる外国人がターゲットなのだろうか?

posted by kuchida at : 21:52 | コメント (0)

2010年01月14日

旅路のなかへ。

[]

2009102527今日は展示会で知り合ったメーカーの技術営業の人と長らく話していた。北米支店に長くいたそうで,お互いが見てきた世界観の話に終わりはなく楽しい時間を過ごしていた。僕の今年の抱負の一つに「旅路のなかで」がある。あと350日でどれだけの旅路のなかに居れるだろうか?
それにしても大陸からの寒気に包まれた空気感がここ数日よく続いているな。

posted by kuchida at : 20:10 | コメント (0)

2009年12月22日

間違いなくECOだ。

[]

R1035012仙台に日帰りしてきたが,新幹線からの車窓は冬景色の変遷が楽しかった。大宮からは遠くそびえる富士山を見ていたが,栃木県北では美しい那須岳を望み,福島ではほど近いなだらかな稜線が続いていた。
■仙台往復は特に新鮮さはなく,お土産も定番の「萩の月」。しかし,簡易包装版というのがあってそれにした。あの立派な過剰包装がないので随分とお安かった。あれは間違いなくECOだ。

posted by kuchida at : 20:46 | コメント (0)

2009年12月18日

季節は変わった。

Pc122246-1本格的な冬型の気圧配置に。北の方に冷たそうな固まった雲が群青の向こうの夕焼け越しに見えていた。日本海側はずいぶんな雪が降っているらしい。太平洋側の内陸に住む者としても朝の氷霜が気になる季節だ。明日,スタッドレスに履き替えようと思う。
昼間も6,7℃で風も強いようなので,今週末はバイクはお預けかな?

そう言えば今日は役員向けの説明の機会があったが,「(2案件の内の)こちらはよく解った」という指摘があった。これはプレゼンタとして嬉しい一言だ。

posted by kuchida at : 18:51 | コメント (0)

2009年12月16日

2009年もクリア!?

R1034471-1今日も淡々と過ごしていた。いろいろな筋書きができてきており,あとは肉付けという案件が多いから,仕事のキリ,キレが良くて時間が読めるのが何よりだ。
■先週は神戸に行ってきたが,今週はつくば,来週は仙台,年明けには北九州へと外出予定だ。今年の仕事面での抱負としていた,「骨幹感覚&ダイナミズム」,そして,それを得た結果である「ビジネスマン・アゲイン&曇りのない自負」がクリアできそうだ。
■そして,再来週には2010年の抱負を考える頃となる。

posted by kuchida at : 19:34 | コメント (0)

2009年12月12日

冬のW650ツーリング!

R1034929今日は最高気温が19℃と暖かになりそうだったのでW650でツーリングに行くことに決めていた。「晩秋を感じる旅」ということで,関越道の沼田から金精峠を越えて東北道で帰ってくる計画だった。
■小雨が残る6時過ぎに浦和を出発して10時前には日本ロマンチック街道を東進し,思ったよりも立派だった吹割の滝を散歩したりしながら初冬の風情の沼田・片品路を楽しんでいた。標高が上がるにつれて路肩の雪が気になるものの進んでいったら・・・
Pc122272■すっかりと雪道になってしまい,仕方なくUターン。積雪路で大型二輪のUターン自体が気が気でなかったが,ひたすら上ってきた道を,今度はひたすら下り続けた。雪が消えたところで温泉に浸かり体幹から末端までの体温を上昇させ,きのこそばを頂き,さらに下山した。
Pc122284■その後,赤城山を越えて南下しようとしたが,赤城山北麓からの上り道も標高が上がるにつれて積雪や滑り止めの砂が増えてきて,標高1,400m強のところでまたまたUターン。一日に2度もツーリングルートをUターンで引き返すのは初めてだ。
■今日はたまたま最高気温が20℃近くなると言う日だったが,山の景色はやはり12月のそれ。「今日だからこそ行けた」と考えることもできるが,「やはり12月のツーリングは房総方面が良かったか?」と振り返るのであった。雪道がやばそうな時,麓の路肩の残雪量があるときは,早々に引き返すのが良いと学んだ一日だった。
Pc122298■冬至まであと10日弱の今日の日の入りは,関越道から16時過ぎに拝んでいた。帰宅は17時だったが,羽根倉橋の脇から富士山が見えたので帰宅前の最後の撮影をして帰ってきた。
■W650の燃費は30km/l超え。ジェベルの35km/lも凄いが排気量を考えるとこれまた大したモノだ。
■何はともあれ,とても幸せな冬の日だった。大自然よ,W6よ,妻よ,息子よ,ありがとう。

posted by kuchida at : 18:52 | コメント (0)

2009年12月09日

異空間,神戸。

R1034898今日は神戸に往復してきた。東京駅で慌てて選んだ手土産がモロゾフであることに気付いたのは既に新神戸で時既に遅し。お詫びしながら東京で買った神戸銘菓を神戸の方にお渡ししてきた。
それにしても神戸は海も山もある一方で,街の風情が東京とは全く異なっており,異空間で過ごした数時間だった。今度は九州の方に行ってみようと思う。

posted by kuchida at : 21:44 | コメント (0)

2009年12月03日

郷愁。

[]

R1034853今日は初めて行く事業所に新幹線で往復。我が故郷の戸田橋を越えるのは,埼京線では感じない郷愁の念を感じる。これは通り過ぎる感覚からだろうか?
■行き先の事業所というと,前職の工場の建屋と同じく昭和40年代の風情が漂っており懐かしさを感じた。最近は築7年の工場や築2年の都心オフィスがほとんどだから尚更の郷愁感覚だった。

posted by kuchida at : 21:02 | コメント (0)

2009年11月26日

そう悪くない。

P9271669平林寺に行ったのは2ヶ月ほど前だが,今日は天皇陛下が足をお運びになったそうだ。綺麗な紅葉を見て頂けただろうか?・・・僕も見たい。
さて,W650の登録が完了して車検証のコピーが届いた。途中に"42(死に)"という番号が入っているのが迷信的には気になるが,0, 2, 4で構成される番号はそう悪くない。任意保険の契約もウェブで完了し,あとは明後日を待つだけだ。
■んん,旅に出たい。

posted by kuchida at : 19:54 | コメント (0)

2009年11月24日

自由に至る旅へ。

P92716263連休明けの火曜日はあれやこれやであふれていたが,計画通りのところまでに至れたのが良かった。
■さて,移動時に久しぶりに秋葉原で下車してパーツ探しに出かけたのだが,古びたあたりの様相が変わっており,結果的に探し物が見つからなかった。あの街の変遷は間違いなく昔を浸食しているようだ。
■去年買った下記リンクの本を読み返しているが,共感できるくだりの連続で読み飽きない。大学時代の友達に「GWか夏休みにツーリング行こう!」とメールを書いた。行けたらいいなと思う。

posted by kuchida at : 20:41 | コメント (0)

2009年11月14日

ちょっとそこまで社員旅行。

R1034742夕べはアルコール摂取故に良く寝付けず,汐留のホテルで窓を叩く雨音を聞いていた。前職では海外の一流ホテルによく泊まっていたが,それ以来なので3年ぶり位の広いホテルだったが,社員旅行故に相部屋・・・。
■しかし,隣の部署の彼は日頃から素晴らしいビジネススタイルを見せている中堅社員であり,知り合いになれて話せたことは幸せな時間だった。
R1034735朝は5時過ぎには起きて,6時集合の築地散策ツアーに出かけてきた。早朝の築地は初めてだったが,市場の活気を見学する一般入場者の8割程が東洋,西洋の外人だった。そして,美人ホステスさんと還暦男性のカップルも目立っていた。
■さて,朝から特上にぎりを頂き,さらにホテルでこれまた特上のモーニングを頂き,昼前に帰宅した。今日はもう何も食べなくて良さそうだ。
■お土産と言えば,築地で買ったおにぎりと厚焼き卵,そしてConradで買った葉巻が2巻・・・こんな社員旅行もまぁ悪くない。

posted by kuchida at : 11:38 | コメント (0)

2009年11月11日

今頃の季節感。

2009102548この紅葉はいつの頃の白根山だろうか?10年位前だったろうか?
■今日は雨模様の一日で,駅までの10分余りは傘の下で雨をしのいでいたが,まだ冷たくなっていない大気なので指がかじかむこともなく,逆にこじんまりさせた身体が汗ばむこともない頃だった。
■明日もそんな天気らしいが,金曜日の夜からは社員旅行なので,せめて曇り空に回復してもらいたいものだ。ちなみに旅行先は汐留の5つ星ホテルで会社からの直線距離は2.2km。

posted by kuchida at : 19:27 | コメント (0)

2009年11月10日

待ちぼうけ。

R1034566-1今日は久しぶりの待ちぼうけを喰らってしまったが,まぁ愚痴は書くまい。
■一方で,新商品向けのネーミング体系やロゴ制作にかかるあれこれ,業界紙への紙面広告や特集記事への原稿執筆,そして,複数の展示会出展の対応とマーケティング戦術面の実務に時間を費やした一日だった。
■最近は電車運がなかなか良い。先週は外出先からの帰途で地下鉄を逆向きに乗ったがリカバーとバスの時刻表がばっちりで短時間で帰宅できたし,昨日は埼京線の遅延をいち早く知り武蔵野線に振り替えていつも通りの出社だったし,今日は京浜東北線の遅延があったが山手線と埼京線で迂回して最短で帰宅できたし。
■プチラッキーが続くことを願っている。

posted by kuchida at : 20:35 | コメント (0)

2009年11月07日

あれこれを。

R1034688午前中は幼稚園のお祭りに息子と二人で出かけた。妻は遊戯施設の担当で,頭に大きな花を付けて子供を案内していた。例年だとお弁当を買って家族で食べることが出来るが,今年はそれをなくしたらしく1時間余りであれこれのイベントを楽しんできた。
■午後は佐野のプレミアムアウトレットに出かけて冬の装いをあれこれ買ってきた。定価で24万円弱を13万円余で買ってきたが,それでも大きなお買い物だ。欲しいモノのあれこれを我慢することを決めたので,買うことを決めたあれこれが多かった。
R1034704■最高値は通勤時に使うコートだが実に半値だった。布地の風合いは素晴らしく,デザインはクラシックなコンサバで,サイズも細かく選べたのでお買い得だった。果たしてどこがアウトレットの理由だったかが素人には分からない。
■その次の高値はカジュアルのオーソドックス・デザインの革ジャン。これはサイズに悩んだが,80年代風と言われるゆとりある着こなしではなく,現代風と言われるややタイトな着こなしとなるLサイズをチョイスした。ここ1年半に渡るマイナス9kgのダイエットが故に得られたスタイルと言えよう。
■その他,トレパン,息子のダウンジャケット,妻のジーンズをゲットした土曜日だった。

posted by kuchida at : 20:28 | コメント (0)

2009年11月05日

すすめましょう。

2009102529今日の顧客コミュニケーションはばっちりで,良くも悪くも自社の実力をよく知って頂くことができたと感じている。その上でのビジネスづくりなので,実質的な推進ができるであろう。
■一方で,同僚の表現力と理解力にすっかりと苦しめられている。やりたくないなら,異動願いを出したり転職したらよいと思うのだが,それができないから今もああしているのだろう。困るのはチームだ。
■写真は90年代に訪れたヨセミテでの写真だが,水平も意識せずに撮っていたあの頃の方が写真が新鮮だ。

posted by kuchida at : 20:40 | コメント (0)

2009年11月03日

深まる秋。

Pb032103それにしても良く晴れ続けた一日だったな。空気は冷たくも穏やかで静かだった。
■さて,冬物コートを作ろうかとジェベルに乗ろうとしたらバッテリ上がり。寒さ故か押し掛けでもかからないでいたら,マンションの住人が400ccのオートバイからバッテリを繋いでくれた。Shinさん,ありがとう。
R1034636■肝心のコートだが,シーズン初期と言うことで余りに高く買わずに帰ってきた。コート代の主導権は生地屋さんにあるようで,仕立屋さんが価格交渉してくれるそうだ。それでも尚,既製品に比べると割高であり,ファッションにいくらの予算を配分しようか思案中である。
■久しぶりにパスポートを見たら有効期限が切れていた。前職では7年間で18回の出国をしていたようだが,現職では3年間で大阪が最も遠い出張だ。たまには遠くに行きたいな。

posted by kuchida at : 15:40 | コメント (0)

日の出前から。

Pb032075-2寒気到来の翌朝,雨雲が東に残るだけの快晴だったので,5時半前に写真を撮りに出かけた。花の丘に行けば何か咲いているだろうと予測したが,結果的には枯れかけのコスモスとサルビアだけでがっかりだった。しかし道すがらの,西に沈み行くお月様が眩しく光るヒンヤリが明るくなり行く光景がとても綺麗だった。
R1034632■また,途中で見つけたプライベートな感じのコスモス畑も夜明け前の独特の発色を醸し出しており圧倒されてしまった。今朝は4℃まで下がっていたようだが,高揚しながら写真を撮っていると時間の過ぎ行きはあっという間だった。
■今日の失敗と言えば,デジカメ用の望遠ズームレンズを持ったつもりがNikkorの望遠AFズームレンズだったことだ。F2も持っていたのでそれなりに使えたが,E-620の望遠で使えたらもっと良かったのになぁ。
Pb032123-1■すっかり陽が高くなる頃には秋が瀬橋に戻り,夏に山頂まで到達した富士山を長めながら「よくあそこまで行ったなぁ」と感慨深く眺めていた。
■青空が約束された日の早起きは,冷えた身体になったとしてもハッピーな時間の切っ掛けだ。

posted by kuchida at : 09:58 | コメント (0)

2009年11月02日

自主行動の許容量。

2009102512昨日は11月の夏日でぽかぽかだったが,今日は一転して冷たい雨が降る夜を迎えていた。明日の朝は5℃近くまで下がるらしいので,彩湖ランニングは止めておこうと思う。
■今日の午前中はマーケティング関連の来客会議が2つあり,午後は事業所に移動して実験データの取得という業務バランスが良い一日を迎えていた。今週は技術プレゼンが重なるので,高いモチベーションを維持して過ごしたいものだ。
2009102509■さて,今日は哀しいニュースが流れていた。家族登山で一足先に山登りしていた小学生が沢に転落して2日目に遺体で発見されたニュースだ。子供に与えるアドベンチャーの機会において,どこまで自主行動を許すかの難しさを改めて考えさせられた。僕も息子を連れてあちこち行くだけに,決断における情報収集量だけは増やしておきたいと思う。
■ちなみに写真は2枚とも95年のモンゴル路から。

posted by kuchida at : 20:37 | コメント (0)

2009年10月31日

今朝も走りました。

100 5911-1Nathanのウェストバッグにボトルを装備して走りに行った。彩湖を大回りで一周してから笹目橋を渡り,荒川を下って戸田橋を渡って帰ってくるルートだ。
■今日はiPhoneも腰に下げてRun keeperというアプリを起動して走ってきた。GPS測位しながら走行時間,距離,ペースなどを記録し,走行後に下記のような情報をiPhoneやウェブで閲覧することが出来る。
■6:04から8:01までの2時間弱で18.53kmを走り,ペースは1kmあたり6'19"で平均時速は9.49km/h,そして消費カロリーは1245kcalということが自動記録される。優れものだ。
■10kmまでは快調なペースで走れるが,15kmを超えると先月もそうだったが関節が痛くなる。先月は右膝だったが,今朝は左膝と左腰。きっと筋力不足なのだろう・・・鍛えます。
20091031Run

posted by kuchida at : 15:32 | コメント (0)

2009年10月27日

お盆以来か?

2009102530これはヨセミテでの写真のスキャン。今日も台風一過でドライな一日だったが,空の青さは大陸には敵わないな。
明日は久しぶりの有給休暇でお休み。妻と二人で息子の部屋を作るための片付けをする予定だ。せっかくだからどこかにランチにも行きたいがどうなることやら。

posted by kuchida at : 19:13 | コメント (0)

2009年10月26日

思い出に変えるのだ。

200910251595年の夏にスフィンクスの風化メカニズムの非破壊検査手法の導入でエジプトに行ったときの写真もフィルムスキャンした。あの夏にあそこに立っていた証を写真は示している。懐かしい思い出だ。
今日は,ブランド構築の初期プロセスに関する広告代理店との連携,工業デザイナとの事業化プロセス進行に関する連携の打ち合わせがあった。そして,懇親の会食を過ごしてきた。間違いなく,業務は一歩一歩進んでいる。こんな毎日が思い出になる日を早く迎えたいモノだ。

posted by kuchida at : 22:06 | コメント (0)

2009年10月25日

モンゴルin '95。

R1034597大輔君が帰って行ったが,置き土産は「ひみつのちず」だった。あちこちに隠された手紙を息子が探し解いていくと「お肉代」のギフト券が隠されていた。大輔君はローフード(生食物)生活者なので,この週末の肉なし生活へのお気遣いのようだった。美味しく頂こう。
2009102516■その後,来週末に開設予定の息子の部屋の表札を息子と制作した。何も出来なかった息子が,指導の下であれこれ作れるようになったことに感謝したい。
■息子が急に「モンゴルはどんな国?」と聞いてくるので,14年前に2が月弱滞在していたモンゴルの写真をスキャンしてみた。右端が27歳の僕だ。あの面々は今頃,どんな生活を送っているのだろうか?
2009102520モンゴルで遊牧民の家を訪問すると,カメラを持っていると言うと皆が正装して写真を撮って欲しいと言われたことを思い出す。決して送ることが出来ない間柄なのだが,厳しい自然を生きる人が証を残したい欲求が故なのだろうか。
■当時はミノルタのα-707Siとリバーサルを使っていたが,十年以上を経てスキャンした画像はよく撮れている。「あぁ写真って素晴らしいな」と感じた。

posted by kuchida at : 19:51 | コメント (0)

2009年10月12日

どてサンポ。

R103454210月のハッピーマンデー,妻は家事があるようなので息子と出かけることにした。自宅から西へと徒歩の進路を取って荒川の土手へ。秋が瀬橋から羽根倉橋を過ぎて治水橋までの9.3kmを散歩してきた。
■秋の微風が吹く土手は少し肌寒くもあったが,少しだけ覗いていた青空はやがて天空の全てを支配するようになっていた。とても心地よい3時間弱だった。
R1034570■「海まで・・km」の看板は息子といくつ通り過ぎただろうか?治水橋手前には「海まで42.0km」の看板があるが,5歳の息子は春から秋にかけて海からここまでを歩き通している実力の持ち主だ(僕も)。治水橋から海までで丁度フルマラソンになるらしい。いつか挑戦してみたいモノだ。
■治水橋の近所のそば屋でランチを頂いた後,バスで大宮駅まで移動して,そごうのカフェで豪華なデコレーション・ワッフルを頂き帰途についた。最後に近所の公園で30分ほど遊んだ後に帰宅したら,結果的に二人とも(そして妻も)昼寝をしてしまい,あっという間に夕方だ。平和な夕方は幸せだ,ありがとう息子よ。
Jisui-1

posted by kuchida at : 17:26 | コメント (0)

2009年09月27日

体幹ランニング&精進料理。

P9271612昨夜は寝付けなかったが,今朝はやっぱり5時前に目が覚めた。そして,ジェベルで彩湖ランニングへ。先週,「体幹ランニング」なる本を読んだので早速試してみた。10kmのタイムが予測したペースよりも2分(3%)ほど速かったが,「これが体幹!」と実感していたのは途中の1,2kmだったように思う。これからフォームを変えていこうと思う。
■今までのフォームはペースに合わせて腕の振り幅を変えていたが,体幹ランニングでは肩胛骨を動かすために腕の振りが必要になるので,それがタイムアップに繋がっているようにも感じている。それにしても,気軽に10km走れる自分が凄いと思う。

P9271630■その後,家族でクラウンで平林寺へ。間違いなく夏は終わり秋の様相を呈しているが,本番にはまだ早い頃だった。
■今日は曇り空なので,フィルムカメラを持たずE-620と55-200mmの望遠ズームで楽しんできた。平林寺の林の中だとEV12程度でISO感度を上げて撮っていたが,望遠だと手振れ補正があってもぶれが出てしまった。何分,35mm換算で400mmだからな。
■昼食は,平林寺脇の精進料理屋に行ってきた。客数は少ないが丁寧に作られた品々は少ないと思いつつもすっかりと腹一杯になり,夫婦揃って今日は夕食抜きにすることにした。精進料理恐るべしだ。

posted by kuchida at : 18:14 | コメント (0)

2009年09月24日

有害,無害。

R103445710月の人事異動を前にして明日が内示日だとのことだが,大きな組織変更があるために組織内の皆が自分の処遇を巡ってあれこれ考えているようだ。
■そんな中にあって僕自身は行く末は明らかであり,来月からも一緒に仕事をするのが誰なのか?が関心事だ。特に,管理職となる部長が誰になるのかは全くの未知数であり,それが今後数年の僕の処遇を決めることとなるだろう。
■ということで皆がそわそわしており,働くモチベーションがすっかりと低下しているようだった。それとも5連休明けのボケか?
R1034427■昨日の平林寺では彼岸花をあちこちで見ることができた。燃えるような紅の頃は既に過ぎていたようだが,時折は陽射しを眩しく受けながら異彩を放っていた。
■有毒として知られる彼岸花だが,そう言われてみると,毒キノコのような,そして,毒蜘蛛のような風情があるとも言えないように感じる。
■美しいが毒がある女性を最後に見たのはいつだろうか?思い起こすと平成初期のバブル時代以降,そういう人が身近にいないような気がする。「草食男子」と言われるご時世だが,「無害女子」の氾濫も多いのではないだろうか。

posted by kuchida at : 20:12 | コメント (0)

2009年09月23日

平林寺 with 35DC。

2009092331■朝イチで彩湖に走りに行くが1周で心が折れる。日曜日にハーフマラソンしたので,筋肉に疲労が残っているのだろうか?
■午前中は自宅で息子と「ぷよぷよ」勝負をしたりしていたが,昼過ぎには一人で小旅行へと旅だった。どこへ行くでもなく出かけたが,結局のところはヤフオク・ゲットしたオリンパスの35DCで写真を撮りたくて出かけたのである。
■行き先は平林寺。自動車で行くと秋が瀬橋から新座や志木を通りすぎていくが,電車だとJR新座駅から徒歩20分弱で平林寺に到着だ。
2009092332■新座駅から平林寺までは,バスでも行けるが,野火止用水の脇を伸びる小道を歩いて行くと喧騒も消えて静かな時間が流れているのが心地よい。
■今日は35DCとGRD2で標準と広角を使い分けてきた。ブログの写真は2枚とも35DCのプリントのスキャンだが,フィルムスキャンに比べてより高解像度にスキャンできるのが気持ちがよい。やはりフラッドヘッドスキャナでのフィルムスキャンは無理があるようだ。
■志木駅前のスーパーでDPEして帰宅したのは17時前でそれなりに楽しい時間だった。あぁ,これで5連休が終わった。

posted by kuchida at : 18:36 | コメント (0)

2009年09月21日

■息子と二人でお彼

P8201539息子と二人でお彼岸の親戚回りに行ってきた。どこの家でも息子を大歓迎してくれて,いつものもてなし以上に,ありもののオモチャもくれたりで息子も喜んでいた。老い行く親戚の姿と,日々成長する息子の姿が対照的だった。
P1000692■と言うわけで朝からずっとおはぎに団子に果物などを食べ続けたと言うことで親子揃って腹一杯で帰宅したところ,長崎に帰省中の前職の同僚から長崎名物の「角煮まんじゅう」が届いていた。今日はどうあっても食べられないのが申し訳ないが,明日に食べることを家族中が楽しみにしている。ありがとう。
■今日の親戚回りで一軒だけ不在のおばさんの家があったので,明日にでもバイクで改めて行ってみることにしよう。気が付くと5連休ももう半分以上が過ぎてしまったナ。

posted by kuchida at : 18:32 | コメント (0)

2009年09月15日

興味深かった。

P1000781ビッグサイトに行くのにゆりかもめを使った。丁度先頭車両の一番前に乗る機会があったので座っていると,いつもは自動運転だが,今日は訓練らしく手動運転だった(アナウンスは自動運転と言っていたが)。プチ鉄としては興味深い時間だった。
展示ブースの装飾屋さんの女の子と話していると,今は2年目でブース装飾は今回が初めてで展示会前のバタバタが新鮮らしい。文化比較が専門だったそうだが,就職活動の頃から広告宣伝に興味を持ったそうだ。人生は何が転機になるか分からない。いい未来に向かっていって欲しい。

posted by kuchida at : 19:41 | コメント (0)

2009年09月13日

幸せな日曜日。

P1000700昨夜,立ち上がる際に右膝がピキンという感じで急に痛くなった。走るのは平気だが,アクセルとブレーキを踏みかえるのが痛いというよく分からない症状だ。さて何だろうか?
ということで朝のジョギングには行かず,遅めの朝を迎えて家族で花の丘農苑公園へ。コスモスはまだ早いようで,サルビアは遅いようでの中途半端な時期だったようだが,写真はあれこれ撮ってきた。
P1000769今日は,モノクロフィルムを入れたIkonta 520,リバーサルを入れたTC-1,それとNikkor 50mm f1.4を付けたLumix L1の3台を持って行った。35mm換算で28mm, 50mm, 100mmという3焦点であり,取りたい画角で使い分けをしてきた。実に贅沢な時間だった。
その後,新しい美味しいラーメン屋さんを開拓して帰宅,そして昼寝だ。膝が痛い以外は,申し分がない幸せな日曜日を過ごしている。来週は最上位レベルの仕事が2時間,最下位レベルの仕事が3.5日,その他が残りという配分で過ぎゆく予定だ。

posted by kuchida at : 15:14 | コメント (0)

2009年09月10日

負ければ賊軍。

P8081212快晴のさいたまから,低い雲が流れゆく仙台に行ってきたが,東北の夏の終わりにピッタリの素晴らしいお天気だった。しかし,写真を撮る間がなく帰京したのが残念だ。
■お昼には牛タン定食を食べてきた。有名な店という触れ込みだったが,価格帯がお安い分,お肉もイマイチだった。どうせならいいモノ食べたかったです。
■さて,未来に投じたネガな石の波紋が広がり始めており,明日はそれについて電話会談をする予定だ。今の僕は消極的なmajorityに押し切られた「負ければ賊軍」状態であり,どんな未来を切り開くべきか考え中だ。

posted by kuchida at : 20:43 | コメント (0)

2009年09月09日

扉に藪。

R1034213あれこれあるその向こうは間違いなく眩しい世界が待っているのだが,その手前には扉や藪があるは,まさしく直面しているビジネス世界のようだ。その扉が自社が作り出しているというのが何と言ってもツライ。
■明日は仙台主張。牛タン特上を食べることだけが楽しみだ。

posted by kuchida at : 21:00 | コメント (0)

2009年09月05日

3年ぶりの卒業旅行。

R1034200今年の社員旅行は,伊香保温泉泊まりで,伊香保界隈と足利学校を観光するルートだった。
■今年は幹事のスキル不足があり,確かに問題が多々あったが,宴会後の2次会はそのクレーム話ばかりでつまらなかったので24時で就寝。ということで今朝は5時過ぎに起床して朝風呂の後で伊香保の温泉街を1時間かけて散策してきた。
■もう何度も行ったことがある伊香保だが,宿泊は初めてで朝の散策も初めてだったが,思惑以上の写真が沢山撮れたので,暫くはブログを飾ることだろう。
R1034245■GRD2とIkonta 520を持参で歩いていたが,フィルムはISO 100のモノクロなので,朝の散歩はGRD2のみを楽しんできた。温泉街の中は路地が多く,素材もたくさんで普通に歩けば20分のところを90分かけてきた。
R1034266■朝食の後は,水沢観音,おもちゃと人形自動車博物館に行ってきた。水沢観音は期待していなかったが,水沢観音から始まる登山道があり,山頂まで2時間と書いてあった。今度,息子を連れて行きたいなと思える佇まいがあった。今月中に行けるだろうか?
■おもちゃと・・・博物館は,関心度が高い展示品とそうでない展示品が混在しており,順路も計算された良い博物館だった。とは言え,中学生の頃に好きだった早見優の生写真は恥ずかしくて買えなかった。
R1034356■午後からは15年ぶりくらいで足利学校を見学してきた。平成初期にできたと記憶しているが,当時,茅葺き屋根が白く輝いていたが,あれから20年弱を経てすっかりと黒くなっていた。写真はお堀に映る夏の木だが,時折見る虚像の世界は,この世の向こうにあるようだ。
■昨夜,今日の昼食と釜飯という名の炊き込みご飯を食べていたが,帰宅すると何故かまた炊き込みご飯だった。トホホ。現組織での卒業旅行は140枚近い写真を撮り過ごすことができた。

posted by kuchida at : 19:12 | コメント (0)

2009年09月03日

明日は修学旅行。

P5230090所用があり1/4休暇。それでも思ったよりも早くに帰宅できたので,彩湖を走ってきた。去年来のジョギング距離は290kmに至り,300kmまであと少しとなった。
■明日は幕張メッセの展示会に向かい,その後事業所に向かう。そして,定時上がりで社員旅行で伊香保温泉に向かう。翌日は伊香保から足利方面を観光らしい。どちらも好きな場所だけに,社員旅行で行くのに抵抗があるが,僕にとっては修学旅行といったところか?

posted by kuchida at : 18:48 | コメント (0)

2009年08月30日

選挙のち献杯。

R1034037朝から選挙に行ってきた。いつもなら素通りがごとく本人確認をして投票できるが,今日は4,5人待ちで関心の高さを感じずには居られなかった。投票率が上がることは良いことだ。
今日は生まれて初めて与党に投票した。ダメ総理が二人続けて急な辞職をした中で日本をリードしてくれた麻生首相への感謝の気持ちと,政権交代を目指すあの政党にだけは大勝させたくない一票だ。
R1034105しかし,一方で小選挙区の方は20年来支持している建設的野党の議員に投票してきた。「武蔵浦和を新幹線の停車駅に」などという公共の福祉に反したキャッチを持つ自民党議員や,批判とヤジの猛者である民主党議員にはどうあっても投票できない。果たしてどんな未来が創られていくのだろうか?
その後,岩槻のお寺に向かい,叔父さんの一周忌に参列してきた。生まれて初めて献杯の挨拶をしてきたが「この平和な世の中を作り,深い夫婦愛を示してくれた叔父さんへの感謝と敬意に献杯」ということで発声してきた。先祖が繋ぐ親戚の関係性を振り返る一日だった。

posted by kuchida at : 15:54 | コメント (0)

2009年08月29日

息子とサイクリング。

100 7233朝から息子と彩湖にサイクリング。彩湖途中の橋を渡らずに水門までの周回なので,自宅からだと14 km弱になるのだろうか?残暑の陽射しはまだ暑くて眩しかったが,ジョギングとは違う汗はまた心地よかった。
100 7241途中で道満の金魚の釣り堀に立ち寄り2時間弱の釣りを楽しんだ。以前,金魚釣り名人に習った極意を駆使したら,15cm程のフナ?がいきなり釣れた。それは結局バケツから飛び出したところに猫がやってきてササっとかじられて土手に連れて行かれて食べられてしまった。
■その後も綺麗な金魚が何匹も釣れたが,息子は僕のサポートなしに18cm程のデカ金魚も釣り上げていた。なかなか楽しい土曜日だ。
■今日は久しぶりに息子にあげたV570を持参しての一日だったが,Kodakの発色は相変わらずに楽しくなるものだった。
■さて,モデルチェンジしたSnow Leopardは既に自宅にやってきたが,500GBのHDDがまだ届いて居らず,今はただ暇な時間を過ごしている。

posted by kuchida at : 14:56 | コメント (0)

2009年08月27日

あっという間の夏の日。

R1034156昼前から会社に行こうと渋滞情報を見ると,自宅から会社への道は,国道もバイパスも高速も渋滞中。「ヤバイ」ということでDjebelで通勤。数百台をすり抜けしたが1時間を要した。帰宅時は18時半相応の渋滞だったが45分で帰宅したので,やはり往路は混んでいたのだろう。
R1034164今日は会社のメンタルヘルスのための講習会があった。
その中で知らない社員とペアを組んで,今最も興味あることを話すが,他方は「石」になり無反応で聞くという内容があった。その後には相づちを打ちながら,そして質問しながら話を聴くという内容だった。
■一般に前者は哀しく寂しいという筋書きのプログラムだが,提供される情報量という点では前者は網羅的で文言が多く,かえって役立つのではないかと感じた。後者は話が狭い領域にフォーカスされ深まるという特徴があるが,ビジネス一般では網羅性の方が重要なのではないだろうか?
ということで,夏の一日はあっという間だ。

posted by kuchida at : 19:17 | コメント (0)

2009年08月21日

白馬から帰宅。

[]

R1034136木,金と長野県の白馬村に社外研修で出かけていた。何か撮ろうとオリンパスの35DCを持参で行ったが,結果的にはGRD2のみの撮影だった。
■長野駅というと遠い気がしていたが,あさまに乗ると大宮から1時間余で到着で思った以上に近かった。いつもはジェベルで秩父から三国峠経由なので,まぁそれはそれは遠い道程だから,新幹線の速さは格別だ。
■明日は渋谷で勉強会があるのだが,その方面のモチベーションが高くないのでサボることにしようかと思っている,ダメか?

posted by kuchida at : 20:19 | コメント (0)

2009年08月13日

無事帰宅。

P8131481赤城温泉でコーヒーを頂き,8時半過ぎに出発して里に下りた。赤城神社にも参拝してきたが,霧に煙る境内は樹木や草木が鮮やかに輝きとてもキレイだった。社は褒められるほどではなかったが,その空気感と佇まいは歴史と自然が織りなす美しさだった。
■さらに里に下りて,群馬フラワーパークと言うところを見学しようとしたが,開演から20分たっている券売所には誰も居らず,大声を出して誰かを呼ぶのも面倒なのでスルーした。一事が万事であれば行くまでもなかったと言えるかもしれない。
P8131483さらに里に下りるが,何をみたいでもないので国道50号を東進して佐野から東北道で帰宅したら,丁度正午の到着だった。
その後,ジェベルを押し掛けでエンジン始動させて東大宮のバイクパーツショップまで行ってきた。すると交換バッテリは何と!19千円で割引券を使っても16,500円・・・隣に無名ブランド6千円のもあったが,今日のところは買わずに帰ってきた。土手の往復ばかりの利用なのが原因であろう。反省。
R1034122東大宮から西浦和までバイパスで帰宅するのもつまらないので,荒川の土手界隈を巡りながら帰ってきた。夏らしい光と風と空気の中をスタンディングで遠くを眺めながら走っていると気分爽快だ。こんな夏(休み)がいつまでも続くといいなと思う。
■明日は親戚回りで半日を費やす予定だ。夏休み中に海までの32kmランニングに挑戦しようかと思っていたが,昨日の下山時にくじいた右足首の違和感が強くなってきているので,それは諦めることになりそうだ。

posted by kuchida at : 16:15 | コメント (0)

2009年08月12日

赤城山踏破!

R1034057朝イチでジェベルに荷物を括りつけて「さぁ発進!」と思ったら,バッテリが「キュルンッ」で止まってしまう。電圧低下しているようでトルクがたらずにエンジンが始動しない。押し掛けしようかと思ったが,出先でもその繰り返しかと思うと疲れそうなので,クラウンで出かけることにした。
行き先は赤城山。せっかく百名山の本を買ったので,幾つか行ってみようという試みだ。海パンもバッグに詰めたが,さて,どこかで泳げるだろうか?
P8121455-18時半頃に黒檜山口から入山して黒檜山1,827m,駒ヶ岳1,685mを縦走して11時半には下山した。写真の二つの山がそれらであるが,「5歳の息子を連れて行けるだろうか?」という視点で見てきたが,岩場の段差が大きく,身長120cmのコンパスでは無理であることが分かった。尾根づたいの登山道を歩くことは実に楽しいが,止むことがないバイクの爆音は赤城山の自然景観を大きく破壊していた。バイクも車も,ノーマル以外のマフラー交換を一切禁止してもらいたい。どうせ大して速くならないのだから。
P812147113時過ぎには宿泊先である赤城温泉ホテルにチェックインした。赤城山界隈ではそば屋とこの温泉は毎回立ち寄っており,すっかりとロイヤルユーザだ。
こちらは随分と設備投資したようで,離れ家風の3部屋ができていたほか,ロビーのソファーも一新されサービスの質も全般に向上していたように思う。努力があったのだろう。
夕食前後,深夜,早朝と濁った温泉に浸かり,すっかりいい気分で帰宅した。次回はまた家族で行くことにしよう。
一番の収穫と言えば,久しぶりに妻に宛てた手紙を書いたことだ。帰京した彼女に渡すこととしよう。

posted by kuchida at : 19:44 | コメント (0)

2009年08月11日

体力回復中。

P8091341日曜日の朝以降,徐々に体力が回復してきているのを実感している。やっぱり疲労していたんだろう。今日の午前中は社外研修のお勉強をしていたが,休憩の方が長かったような気もする・・・。
■さて,台風が2つほどやって来ている今週だが,今朝は早朝に駿河湾で大地震があったようだ。天変地異と気象は予測不能だが,土曜日に富士山に行ったのは間違いなく正解だったようだ。
■ということで元気になってきたので,明日はDjebelで赤城山に行き,赤城山(黒檜山,駒ヶ岳界隈)をトレッキングしてこようかと思う。

posted by kuchida at : 17:08 | コメント (0)

2009年08月10日

御殿場口からの富士山登山に初挑戦する40代の方へ。

[]

P8081260-12009/08/08に御殿場口から富士山頂まで日帰り往復してきましたが,初富士山(日本一への挑戦),初御殿場口(最長距離への挑戦)ということで,事前にウェブ検索していましたが,「これが知りたかった」という内容を主に記録したいと思います。
私の素性というと・・・
(1) 41歳男性,身長174 cm,体重62 kg。
(2) 中学校のバレー部以来部活はしていないが,去年からのダイエット活動の延長で週末には5〜15 kmを5分台/kmでジョギング中。
(3) ウォーキングは30km位は経験があり,登山らしいモノと言えば29歳の時に屋久島を踏破した程度。

====「往復時間はどの程度か?」====
Clumbグラフは,横軸に標高,縦軸に所要時間を取っており,青三角が昭文社の地図に記載があった標準所要時間,赤丸が今回の私の所要時間で,色付きが上りで白抜きが下りです。
■上りでは,旧4合目までの間で間違えて下山道を歩いていたために足の踏み場が緩くて遅延してしまった他,3,000mを超えてからは高山病らしき症状がありペースが落ちたのが原因で標準よりも3時間弱長く約10時間を要しました。但し,その間には写真を150枚程撮ったり,飲食の休憩が含まれています。
■一方の下りでは,赤岩八号館がある標高3,300mまでの下山で2倍を要しました。これは高山病らしき頭痛で休憩を度々取っていたためです。それ以降は,砂走りの長い下りを走らずにゆったり歩いていたため,復路全体では標準よりも2時間弱長い4.5時間を要しました。但し,その間には写真を100枚程度撮ったり,ドリンク休憩や妻子との電話連絡がありました。
■尚,頂上では晴天の富士山頂を90分間楽しみました。と言うことで,2:00の出発で12:00に山頂着,13:30下山開始で18:00に御殿場口到着の16時間の旅程でした。

====「装備はどうでしたか?」====
・ザック:30リットル程度のもの
・ザックカバー
・トレッキングシューズ:ズックはきつそう。
・スパッツ:砂走り下山では絶対必須。
・雨具:ゴアテックスは信頼性が高い。
・軍手:岩場が一部あるほか,下りのお手つき用。
・膝保護タイツ:効果が高かったと思われる。
・タオル:首に巻く。
・帽子:防寒,防雨&日除け。
・ヘッドランプ:LED式が便利。
・ステッキ:1本持って行ったが役に立った。2本は不要か?
・サングラス:晴天時はかなり眩しく目がツラくなる。
・携帯酸素:無くても良かったが勿体ないので山頂で使用。
・カメラ:オリンパスの一眼と予備のリコーコンパクト。
・バッテリ:カメラと携帯電話の予備バッテリ,使用せず。
・地図:持っていない人が多く信じがたい。
・主食:おにぎり3個。
・水:2リットルでは足りなかった。3リットルで丁度?
・おやつ:カロリーメイト,スニッカーズ,黒飴。
・防寒着(フリース,セーター):結果的に使用せず。
・着替え(下着,靴下):結果的に使用せず。
・薬品(腹痛,頭痛,消毒),歯ブラシ,テーピング:使用せず。
・トイレットペーパー:緊急時用。
・免許証,保険証のコピーと連絡先:緊急時用。
・予備メガネ:緊急時用。

====「御殿場口から登る価値はあるか?」====
■他よりも低い標高から登る達成感。山小屋の人が「他のルートは観光登山」と話していた。
■人が少ないために,嫌な思いをすることが少ないし,微妙にペースが近い人との会話が深まる。
P8081180世界中を旅してきた者からすると,「人生観が変わった」という程の感動はありませんでしたが,「日本一の富士山を踏破できた」という記録と記憶は間違いなく人生における宝物になっています。あなたの楽しく,幸せな富士山登山が成功することを願っています。

posted by kuchida at : 19:01 | コメント (0)

2009年08月09日

3776m登頂成功!

P8081108金曜日の終業後に帰宅して,1時間余りで準備を調えて御殿場口に向かった。23時前から1時半頃までクラウンのリアシートで仮眠した後,2時に山頂目指して歩き始めた。
■初めての富士山登山は,登山道として最も長い御殿場口からとしたが,標高1,440mから3,776mの日帰り往復は結果的に大きなダメージなく成功した。
■登り始めて2時間ほどは雨が降り続いていたが,暫くすると雨雲が消えて月夜の中の登山となった。細かな石粒の道は,ヘッドランプの灯りよりも月夜の方が陰影を捉えやすく,そんな綺麗な夜を歩いていた。
P8081142標高2,300mの旧四合目付近でご来光があり,赤と青のコントラストが一番綺麗な時間を楽しんできた。いつ見ても日の出が照らす空の美しさは数十秒にも満たないものであり,だからこその感動があるのだろう。
■その後,高山病らしき頭痛に悩まされるも,一つ一つの大きな吐息を付きながらの,一歩も下ることがないただただ延々の上り坂を登り切り,山頂に至った。
P8081258最高峰の剣が峰にも登頂してきた。アメダスセンサも見てきたが,旧来の精度が悪いセンサであり,以前携わったことがある高精度センサではなかったのが残念だった。
■富士山の火口は思ったよりも大きいが,標高3,700m以上の風景だと思うとそのスケール感はやはり大きなモノだった。写真は広角24mmで3枚の写真をモザイクしたもの。
P8081301その後,延々続く下り道を降りて18時に下山した。標高2,600m以下は細かい石粒でザレている(?)道が続いており,一歩ごとに20cmずつは石を踏みしめるような感じであり,そのおかげで長距離の下山故の膝の痛みは全くなかった。しかし,生まれて初めての経験だが,かかとの底に靴擦れができてしまい・・・これが痛い。貴重な経験だ。
P8081308-1写真は,下りながら眺める雲海に富士山が影を落としている様子だ。たまたま人が多い時に写真を撮ったが,御殿場口は人がまばらで世俗の嫌な思いをしなくて済むのが何よりだ。山頂では・・・
■20代最後の挑戦で屋久島に行ってから11年が経っている。40代最初の挑戦は去年のDjebelでの佐渡島ツーリングだったが,今年は日本最高峰への登頂を果たすことができた。
ありがとう,妻よ&マイライフ。

posted by kuchida at : 21:14 | コメント (0)

2009年08月07日

御殿場口へ。

[]

100 6016-1さて,今日は定時退社で夏休みの始まりだ。天気予報を見続けてきた最近だが,大きな変化が期待できず,好転するとしても来週の半ばっぽい。一方で,明日は極大的に天気が期待できそうである。
■ということで,この後クラウンで御殿場口に向かい,仮眠の後に早朝出発で御殿場口往復にチャレンジしてくる計画だ。明日のブログ投稿は携帯電話からの投稿になるのだろう。
■日曜の夜になってもブログが更新されていなかったら,御殿場口を管轄する警察署に連絡してください。

posted by kuchida at : 19:05 | コメント (0)

2009年08月06日

初の仙台七夕。

[]

R1034031仙台出張してきた。妙に団体旅行が多いと思っていたら,仙台では今日から七夕祭りだそうで,正午前だというのに人でにぎわっていた。
■生まれて初めての仙台の七夕だったが,手作り感が一杯の飾りを見ているとそれに至った物語を想像することができて楽しい時間だった。そして,上・牛タン定食を頂き帰京した。何かと腹一杯な一日だった

posted by kuchida at : 21:45 | コメント (0)

2009年08月02日

あとは計画と体力。

[]

R1033050-1曇り時々雨の日曜日だったが,富士山に向けての準備がほぼ整った。あとは計画と体力の準備を夏休みに向けて進めていこう。
■今朝はトレッキングシューズを履き荷物を背負って彩湖を歩いてみた。新品の靴の靴擦れ,荷物の負担の傾向と対策を立てることができた。とりあえずバックアップ用のフィルムカメラ(CLE)は持って行かないことにしよう。
■計画と言えば御殿場口からの上り下りだが,複数ルートの中では最も長い距離の走破が必要になる。標高差も2,300mあり,長丁場に耐えられるかが不安である。

posted by kuchida at : 17:13 | コメント (0)

2009年08月01日

富士山に行こう!

Saiko933今朝も彩湖で走ってきたが,湖中央の橋を渡らないで彩湖全周を走ってみた。9.3kmで56分ということなので,橋を渡る場合の2倍弱のようだ。
その後,あれこれショッピングに向かったが,トレッキングシューズも買ってきた。これはこの夏休みは富士山に登ろうという決意の証である。お盆休みはマイカー規制中で不便だが,登山距離が長い御殿場口は規制対象外なようなので,そちらからトライすることにしよう。
■さて,Yahoo!知恵袋への回答を半年ほどしてきたが,回答数が500件を超えてベストアンサー率も50%を超えた。最近は良い回答が付いていることが多いので,これからは質問組に回ることにしよう。

posted by kuchida at : 15:33 | コメント (0)

2009年07月31日

未夏の8月第一週。

P6200617まぁまぁ長い一週間が終わった。来週もあっという間に一週間が終わりそうで,夏休みは直ぐそこだ。
■明日の天気はどうなるのだろうか?Djebelにテントを積んで軽いキャンプ・ツーリングに行くかどうかが悩ましい。去年の第一週みたいにピーカンなら間違いなく出かけるのになぁ。今年は夏の陽気が実に不純だ。元気な太平洋高気圧がやってくることを心待ちにしている。

posted by kuchida at : 21:26 | コメント (2)

2009年07月30日

退屈?

P6200523今日,明日はひたすらデスクワークの日なので,燃えているというか飽きるというか・・・しかし,間違いなく仕事は進んでおり,夏休みに向かってまっしぐらだ。
息子は北海道で虫取りに向かったそうだが,寒くて弱った黄蝶しかいなかったそうだ。捕まった蝶が不憫だが,それは息子のハッピーの裏返しと言うことで感謝しよう。
■週末はどこかにキャンプツーリングと考えていたが,どうも雲行きが怪しい。どうなることか?

posted by kuchida at : 20:34 | コメント (0)

2009年07月29日

旅の空を想う。

P7110942デスクワークのあれこれで一日はあっという間に終わってしまった。やはり事業所勤務は集中力が高まり考え事には最適だ。
今日は昼前から夏空が広がりキレイな空だった。再来週には日本のどこかでもっとキレイな空を見たいもんだ!

posted by kuchida at : 20:35 | コメント (0)

2009年07月28日

スキッと。

R1033675朝は早出で勉強も含めてデスクワークを片付けて,午後からはTXでつくばへ。昔のバス通いに比べると電車はやっぱり楽だなぁと思いながらうとうとしていた。
■客先訪問ではあれこれ決めることができたし,あれこれ課題を見出すこともできたし,いい2時間を過ごせたと言える。明日は事業所出勤でそれらをうまくまとめ上げよう。
■最近は天候不順で,バイク通勤の夏を迎えることができない。スキッとカラッとしてもらいたいものだが,それは本当の夏休みのお楽しみか?

posted by kuchida at : 19:46 | コメント (0)

2009年07月17日

理想的か?

P7121048先週末のドライブで,初めてドリフトというものを間近で見た。エビス・サーキットでの出来事だったが,人によりスキルはバラバラだったが,写真のチェイサーはテレビゲームのように理想的なラインを走行していた。
■今日の社外研修では,Appleのケーススタディをしてきたが,そちらは不確実性ばかりの中でいかに納得性がある戦略を描くかを訓練してきた。手前味噌だが,4チームの中ではベストであったと信じている。楽しい時間だった。

posted by kuchida at : 20:39 | コメント (0)

2009年07月13日

東北サファリパーク。

P7121021昨日は二本松市の東北サファリパークにも立ち寄ってきた。久しぶりに大きなライオンを車窓の直ぐそばで見てきた。実に勇ましい。
草食動物コーナーでは餌付けができるが,妻は変なエンジョイ・ホルモンが出てきたようで「そぉれー!」なんて言いながら餌をまき散らしていた。そして,シマウマにドアをつつかれたり,ロバに窓ガラスを舐められたりを楽しんできた。
P7121027草食動物の目はどうしてこうも優しいのだろうか?息子は随分と怖がっていたが,自分もそれなりに恐ろしかった。とは言え,実に楽しい思い出だった。
■明日は終日外出で夜は事業所組織の暑気払い。先週の憂鬱を思い出して明日はアルコール一滴でストップすることとしよう。

posted by kuchida at : 21:43 | コメント (0)

2009年07月12日

安達太良山から帰宅。

P7110866金曜日の夜に思い立ち,この週末は家族3人で安達太良山登山をしてきた。もう10年ほど前に仕事の合間に上司に連れられて行ったことがある山だ。
■東北道の二本松インターから15分ほどでゴンドラ乗り場に到着。ゴンドラを下りると標高約1,300mで,その後,尾根伝いの小道を1時間余歩くと標高約1,700mの山頂に到着。
P7110883天気に恵まれず,標高1,600mあたりからは雲の中で,山頂は10m/s程の霧雨(雲粒)に吹かれていた。そこでおにぎりを頂き,ゴンドラとは別の道程で進むもうとしたが,視界が10mほどだったために分岐点をロストしてしまい少々遠回りした後の下山となった。
P7110858■聞くところによると,ゴンドラも強風で止まってしまったそうだった。それにしても我が息子,GWの行道山に続き,日本百名山の安達太良山を制覇してしまった。約6時間9km弱の道のりだったが,特に泣き言もなく楽しんでいたようだ。偉い!
■そして,奥岳温泉に宿泊し,今日は東北サファリパークで餌付けを楽しんだ後に帰宅した。ETC割引でお得感があったが,クラウンも燃費が12.1km/l。んー,あれこれが素晴らしい。僕もいよいよ頑張ろう。
Adatara

posted by kuchida at : 20:47 | コメント (0)

2009年07月10日

グッバイ・アルコール。

R1031698-2昨夜は大して飲んだわけでもないが,疲れを引きずりながら一日の大半を過ごしてしまった。実に勿体ない。
しかし,昼寝から目覚めた15時過ぎにはすっかりと元気になり,彩湖に散歩に出かけた。いつもは彩湖を渡る橋で折り返すのだが,今日はフルに一周してしまった。約9kmの道程だ。それにしても重く湿った風はどこまでも温かった。土手の草丈は随分と高くなっていたが,今度は息子と歩くこととしよう。
■そう言えば,午前中にテントのフライシートの修理をしていた。縫い目のシーリングテープが去年取れてしまい,雨漏りするようになっていたので,テープを買ってきてアイロンで縫い目に貼り付けていた。今夏はこれで何処に泊まろうか?
■バースデー休暇は,睡眠とウォーキングに費やされた。

posted by kuchida at : 18:59 | コメント (0)

2009年07月01日

どこへ行く?

P6270797午前中は打ち合わせ,午後は大学教授のお勉強会であっという間に一日は過ぎ去った。今日は8時前後と20時前後に通勤で車を運転していたが,以前よりも交通量が多いように感じた。景気は上向いているのだろうか?
■週も半ばを迎えたが,来週月曜日はバースデー休暇を取るので今週末は3連休となる。さて,どんな休暇を過ごそうか思案中だ。富士山に行きたい気持ちがあるが,まだ山頂には行けないようだし,写真で見る大行列を思うと行く気がなくなるな。

posted by kuchida at : 20:32 | コメント (0)

2009年06月30日

収穫あれこれ。

R1033895朝から秩父鉄道で長瀞方面へ。客先で困っていることを解決するのはとても大変であると言うことが収穫だった1時間余りだった。さて,どう料理しようか?と考えるのだが,屋台骨が大きい現職においてはパートナーシップを組むことが難しいかもしれない。
R1033889■長瀞を後にして一度帰社した後,某学会のマーケティング研究会に参加してきた。こちらは相変わらずに四方山話ばかりで本題の収穫がないのだが,今日の発表者が起業から20年余で従業員100名弱までに成長したスピリッツ話は大きな収穫だった。ああした達成感が得られるならば,起業もいいもんだろうな?と感じた。
■やれやれ長い一日だった。明日は事業所勤務だが,これまた長い一日になるのだろうなぁ。

posted by kuchida at : 22:03 | コメント (0)

2009年06月20日

旅のゴール。

P62006166時過ぎに朝食を頂き,息子と小菅駅に向かって電車でGo! そして,5歳の息子と二人で小菅駅から荒川の土手を歩き葛西臨海公園まで踏破してきた。途中,堀切菖蒲園に寄ったり何だかんだで20km以上を歩いたことになる。万歩計によると43,000歩,大したモノだ。
■息子と海まで歩くと決めてから5日間で約40kmを歩いたが,息子と二人でも3日あれば行けそうだし,僕一人なら1日で行ける自信がついた。今度,ランニングで行ってみたいと思う。
P6200687葛西臨海公園の沖合にある島?から伸びている防波堤の先端まで歩き,二人の旅のゴールとした。息子は途中寝ながら歩いていた時間帯もあったが,海を見たときのあの感動の声と笑顔を忘れることはできない。また何かのアドベンチャに誘いたいと思う。そして,本人もその気でそれを待っているようだ。「次はどこに行くの?!」と。
■残念と言えば,葛西臨海公園でのお楽しみだ。二人で海岸を裸足になって遊びほうけている間に,水族園の入場終了時刻を過ぎてしまい入場することができなかった。
P6200705それでも観覧車に乗り,遠きさいたまの方角や旅のゴールの防波堤の先を見て来た。できれば水族園も見せてあげたかったものだ。
■今日はE-620に14-42mmズームで行ってきた。以前,彩湖から戸田橋までを歩いたときにはニコンF2を持っていたが,長距離を歩くと負担だったことを思い出す。軽いこと(機動力)は素晴らしいことだと思う。だからPenを買いたいと言うことではないのだが。
■息子よ,楽しい時間をありがとう。
Tosea2

posted by kuchida at : 20:29 | コメント (0)

2009年06月19日

happy & 残念。

P6190433今日は午後から休暇を取ってプライベートを過ごす。妻と東京駅で待ち合わせた後,銀座をブラブラして小さな店で遅めのランチを頂き,浅草を散歩してきた。相変わらずに多国籍な雰囲気がワクワク感を醸し出していた。
■お散歩一眼E-620に25mmパンケーキを付けて何枚も撮ったが,狭い仲見世通りや間取りの狭いカフェでは広角が欲しかったなぁ。新しく発売されたオリンパスPenはu4/3の17mmパンケーキがあり,そのコンパクトさと画角が欲しい。
P6190462■その後,今日の本題である骨伝導補聴器の試用を父にしてもらった。購入すると7万円近くするが,10日間レンタルを3千円でやってくれるディーラーがあり,そのサービスを利用してみた。
■結果的に突発性難聴の父には効果がほとんどなかった。耳穴式の補聴器と効果は変わらずとのことで,骨伝導補聴器のボリュームがもっと上がったらなぁと話していた。残念な結果である。

posted by kuchida at : 20:26 | コメント (0)

2009年06月16日

何気に凄いこと。

R1033853今日は京浜東北線・根岸線を2回に分けて根岸−南浦和間を走破した。実に長い路線だ。
■今日はとある日本一の工場を見学してきた。何が凄いかと言えば,やはり新技術に先鞭を付けてくれた技術者の方だろう。そうした方々に支えられているのが今の自分だと思う。ありがとうございます。
■そう言えば,オリンパスのPen E-P1が発売になった。u4/3なので食指は伸びないが,物欲をそそるには十分過ぎるスペックだ。なるべく気にしないでおこう。
■昨日に引き続き今日も雷雨で傘を差して返ってきた。これは寒気によるモノで梅雨ではない。果たして梅雨はいつ来るのだろうか?

posted by kuchida at : 20:37 | コメント (0)

2009年06月14日

海まであと少し。

P6140366何だかんだで今朝も4時過ぎには起床してジェベルで彩湖へ。足の故障が心配なので2周をLong & Slowの1時間で走ってきた。これを軽くできるようになってきたというのが大きな成長だと思う。
■その後,息子との「海まで歩く!」の続きに向かった。まずは赤羽岩淵まで電車で向かい,荒川大橋を渡って続きを歩き始める。
P6140399荒川大橋から鹿浜橋,江北橋,扇大橋,西新井橋,千住新橋を経て東武伊勢崎線の小菅駅まで約11kmを踏破してきた。これで自宅からは23km,海まではいよいよ13km余りということで次回には海に着くかもしれない。
Walk2Sea
ということで今日は20km余りを走ったり歩いたりで万歩計は3万歩超えだった。あとE-620 & 25mm f2.8のお散歩一眼セットを持って行ったのだが,武蔵浦和駅で既にバッテリ警告が出てしまった。液晶オフで過ごしたら60枚余りを無事に撮影することができた。良かった。

posted by kuchida at : 17:04 | コメント (0)

2009年05月25日

つれづれ。

P5230105さいたま市長選挙が終わったが,多選を繰り返した現市長が敗退して47歳の新市長が誕生した。民主党推薦が勝ったことは不都合で不愉快だが,今後は松下政経塾生の実力を発揮していただきたい。投票率は42.8%とのことで前回よりも高いらしいが,いつしかは投票率が80%を超える社会を実現してもらいたい。
■さて,人口120万人のさいたま市だが,有権者数は95万人だそうだ。人口分布を全国とさいたまとで比べると,50歳以下の分布はさいたまの方が高く,50歳以上ではさいたまの方が低いようで,さいたま市は少子高齢化に逆行しているようだ。僕もしっかり稼がないとダメだ。
2009052320さて,ジェベルの写真はミノルタCLE +90mmで大名栗林道で撮影したものだが,当のCLEはシャッター後幕の係止不良で修理に出した。2万円弱で治るらしい。香川県善通寺市の工房に依頼したが,19年前の夏にCLEは僕のバイクと共に直ぐ近所を通っていたのかな?と思うとロマンが広がる。
■さて,今年の夏休みはどのカメラが僕と共に遠くに行くのだろうか?なかなか計画が定まらない理由は,僕が何を為したいかがハッキリしていないからだ。ダメだな,俺。

posted by kuchida at : 20:20 | コメント (0)

2009年05月23日

埼玉路。

P5230068週末と言うことで5時前に起きてスロースタートで彩湖に向かいランニングを「軽く一周」。軽くと言えるようになったのが何よりの成長だ。天気が良さそうだったので,息子と遊ぶ余力を残すために2周はしないあたりは途上中故だ。
■まずは花の丘農苑公園に向かいポピー他をE-620で撮影。今日はPanasonic Leicaの14-50mmとシグマの55-200mmを持参したのだが,どちらも長めのレンズなのでE-620のコンパクトさを阻害してしまったようだ。次回はZD 25mmパンケーキで身軽な組み合わせにしてみよう。
P5230159その後,ハンバーグを食べたりして彷徨っているうちに川越に着いたので,菓子横丁あたりを散歩してきた。お決まりの長い麩菓子を買ってきた(そしてもうない)。NHKドラマの影響もあるようで人がたくさんだったが,今日の感想を一言で述べると「川越は買い食いの町」ということだ。
■「一度行けばいい」という声や「通りすがりじゃないと行かない」という声は,僕もその通りだと思う。川越だからこそのマストアイテムが何かあると良いのだろう。川越の町を見ていたら「電線地中化が進むといい町だな」とも感じた。
2009052307さて,帰宅してからは足かけ4時間近くかけながら60枚以上をフィルムスキャンをしていた。スキャン設定の補正類をOffにしたところ,随分とシャープな画像が得られるようになった。
Hasselblad 500c/mNikon F2, Minolta CLEのフィルムをスキャンしたわけだが,Zeissレンズの描写というのは空気感を保ちつつも実直な味わいが素晴らしいと思う。しかし,Hasselを常に手持ちというのはツライな。
それにしてもいい土曜日だった。お勉強をサボった甲斐があった。

posted by kuchida at : 21:10 | コメント (0)

2009年05月20日

30年ぶりの秩父鉄道。

R1033770午後から外出で秩父鉄道に乗った。30年前の小学校の遠足で熊谷から浦山口まで乗って以来だ。suicaで行こうと思っていたが,未導入とのことで久しぶりに切符を買った。また,天井に付いた扇風機がクルクル回るのを久しぶりに見た。今後,客先の工場がある長瀞方面にはまた秩父鉄道に乗ることだろう。
R1033778■今日は見慣れない雲が出ていたので写真を撮った。上空の波動による空気の乱れでもあるのだろうか?地震雲に見えるような,見えないような感じだ。
■さて,昨日ウェブ購入したCFカードと液晶保護フィルムとストラップが届いた。カメラ本体は明日到着の予定なので,明日も早々に帰宅してイジくることにしよう。どうかそれまでは地震が来ませんように。

posted by kuchida at : 19:10 | コメント (0)

2009年05月13日

新たなる挑戦。

R1033535-1今日は午前中の3時間の外注先との打ち合わせ,午後の3時間のチームミーティング,その後の3時間のデスクワークで一日を終えた。どれも仕事を進捗させることができた点でいい一日だったが,自分オリジンの仕事量が少なかったのが物足りない。明日は自分オリジンの仕事だけを進める予定だ。
■さて,息子と二人で土手を歩くという冒険について,あれこれ考え直すと秋が瀬橋から下流に向かって幸魂大橋,笹目橋,戸田橋,荒川大橋までの12kmほどを延べ3日で歩いている。これを地図で息子に見せたら「海まで歩いてみたい」ということになった。天気の休日には息子と二人でその続きを海まで歩き続けることにした。あと24km程だが,夏には海に到着できるかな?

posted by kuchida at : 20:51 | コメント (0)

2009年05月04日

行道山にハイキング。

R1033609今日は少々遅く起きたが,8時過ぎには家族3人で家を出て足利の行道山に向かった。浄因寺では写真中央にある茶室を200円で参観することができた。ハイキングなので長居をしなかったが,あそこで数時間を過ごしたらさぞ素晴らしいであろうという空間がそこにあった。
そして,浄因寺から行道山に向かい,さらに大岩山経由で両崖山手前までを歩き,そのまま里に下りていった。その後,浄因寺の駐車場までを延々歩いてきたが,水平距離で8km程度を4時間で回ってきた。
Gydozan-1
■ルートは概ね写真の通りだが,息子よ,良く歩き成長してくれた。
R1033648息子を何度か肩車することがあったが,せいぜい平地の1,2km程度で,5歳の息子はそれ以外の山道は全て歩き通した。実に大した物だ。
2枚目の写真は山を下りてきて一つ目の農家らしき民家だが,里山風景を絵に描いたような旧家で,あのロケーションに,あの佇まい,あの空気感の家であったら「欲しい!」と夫婦で話していた。実際の維持管理は大変だろうが,他の家にはない「あの家だけのオーラ」があったように思う。
R1033629さて,クラウンというと,何の可もなく不可もなく,自然体に家族3人をあちこちに連れて行ってくれた。
自動車税が1割増で56,100円との通知が来たが,一方で13年超えでエコカーを買うと25万円の助成があり,他の免税も含めると40万円程度のお得感があるとのことだ。しかし,今日の燃費もおそらく10km/lを超えているだろうし,変な浮気をすることなくクラウンを維持することに決めた。もしも車を変えるとしたら,それは新型のクラウンか,または中古のセルシオだろうか。
12連休の6日目は家族とのハイキングで自然と息子の成長を感じられた素晴らしい日だった。

posted by kuchida at : 21:32 | コメント (0)

2009年04月30日

大名栗林道へ。

R1033525予定通りに昨夜は寝付けず,2:30am起きで3時出発にて秩父方面をツーリングしてきた。200kmを9時間半で回ってきたが,平均速度を落としたのは写真を撮るのに何度も止まったからである。
■ダートを走りたいと言うことで大名栗林道に行ってきた。今回の収穫は途中で立ち寄った枝道で立ち止まった左の写真のポイントに佇めたことだろうか。今回の旅での写真撮影の目的としては,写真よりももっと沢深い場所を探すことだったが,まぁ良しとしよう。CLEの方は12枚しか撮らなかったので,現像まではまだ時間がかかりそうだ。
R1033494早朝3時出発というのは昨夏の佐渡島ツーリングと同じで,さいたまから所沢,飯能を経由して秩父方面に行くのも同じだが,昨夏も今朝も入間市に入るあたりの空気の冷たさは格段で,毎回あごが外れそうなほどに震えて走っているように思う。
■去年買ったばかりのゴアテックスの冬用グローブもすっかりと冷えてしまい,エキパイを触っていたら・・・ゴムとナイロン部分が溶けてしまった。思い返すとバイクに乗り始めて22年間,革製グローブしか使ったことがなかったので,そうなる事実を知らなかった,残念。ということで日の出まではすっかりと寒く残念な時間だった。
R1033539山はあちこちで桜が咲き,花びらが散る道をトコトコと走ってきた。そして,多くの「山の春」を五感に感じながら数時間を楽しんできた。横瀬から飯能までは国道299号を走ることになるが,それは退屈なので北側の尾根沿いを併走する舗装林道を20km程走ってきた。
■さて,ジェベルであるが,昨日のリアタイヤの交換に関する組み付けでリアブレーキの踏力の伝達機構に不具合が生じているようで,異音が出るようになってしまった。油を挿しても直らないので,2りんかんのメカニックよりも上手な人に組み替えをお願いしないと直らないようだ。トホホ。
■GW12連休の2日目も実に充実した一日だった。サンクス・マイライフ。

posted by kuchida at : 18:41 | コメント (0)

2009年04月19日

ジェベル・カムバック。

P1000441昨日は勉強会で外出と言うことで走っていなかったので,今日は5時半過ぎから彩湖を1周。今日は2周目の意欲が湧き起こらなかった。モチベーションはどのようにすると向上されるのだろうか?
さて,ジェベルが直ってきた。フロントスプロケのボルト折れの修理は9,000円だったが,キャブのガソリンオーバーフローの修理がタンク内錆取り&コーティングが14,000円でキャブレタのオーバーホールが3,000円だった。本質的な修理代よりもキャブのガス漏れ対策の方が高価だったのは依頼外だったし一言いいたいところだが,狭小市場のバイク屋ビジネスへの施しと考えることとしよう。
P1000365それにしても春の風が青空の下を抜けている中をバイクで走るというのは実に気持ちがよい。200ccという小排気量故に快適運転の中では60km/h程度しか出せないのが何よりで,トコトコ散歩の気分が大満足だ。昔乗っていたようなリッターバイクが滑稽に思える。
■今日もどこまでも走り続けていたい気持ちになっていた。GWは一人でどこかに足を伸ばそうか?!と考え始めたのだった。でもその前に息子を乗せて,この春の風を一緒に感じたいのが先だろうか。
■明日以降の5日間は上半期の流れを作り出す大切な1週間になりそうなので,心していくこととしよう。とは言え,月火と続けて飲み会があるのが嬉しくも憂鬱だ。

posted by kuchida at : 11:22 | コメント (0)

2009年04月02日

伝道師に。

R1033282今日は本社勤務になり間借りしている部署の歓送迎会に混ぜてもらった。そちらは新規事業の担当組織であり,異動者の挨拶を聞いていると外部セミナーでは聞けないような体験談や反省を聞くことができた。それだけでも本社勤務になった成果といえるだろう。
■研究部門でのマーケティングと,事業部門でのマーケティングでは生々しさが全然違う。その息吹を古巣に伝えていくことが僕の使命とも言えるだろう。明日はその伝道師となってくることとしよう。蛇の道に巻かれることなく。
■そしてまた,かの無人駅にたどり着くのだ。

posted by kuchida at : 21:46 | コメント (0)

2009年02月14日

暖かな土曜日。

2009011010今朝は暖かかったので3週間ぶりに朝イチの彩湖を30分で走ってきたが,運動不足故に古傷の左膝が痛くなる。普段はあまり腕を振らずに走るのだが,膝痛のために走りづらいので腕を振ってみたら足の痛みが嘘のように消えた。腕の振りによる推進力を実感した瞬間だった。
P1000194最近は休日というと鍋焼きうどんをよく食べている。先日は小麦粉からうどんを打ったのだが,今日は面倒くさいので出来合いのうどんで作ったが,息子が「旨い」とよく食べてくれるのが嬉しい。
午後からは家族で秋が瀬公園に行き,「薬師堂のクス」というのを見に行った。Google Mapで河川敷にポツンとその地名がありずっと気になっていたのだ。
今日は望遠ズームのみ故にその写真はIkontaのみで撮影した。写真にある竹藪の向こうにそのクスはあるのだが,河川敷の風情というと宮崎駿チックな場所が多くて「千と千尋」や「トトロ」の景色のようであった。やはり同じ武蔵野の景色だからだろうか?
P1000176道すがら菜の花を見つけたので近づいていくと何と!狸がそこにいた。河川敷とは言え住宅密集地から数百mも離れていない場所に野生の狸が居るとは驚きだった。臆する様子もなくいた狸だったが,よそ者はむしろこちらなのだろう。
今日のもう一つの発見と言えば,先日クラウンのエアコンスイッチパネルを交換したのだが,「A/C」ボタンを押してもエアコンの制御信号が出ていないようでクーラーが効かなかった。仕方がないのでヤフオクゲットのエアコンスイッチパネルの豆電球を古い方に移植して故障なしの状態に復旧させた。部品の型番違いとは思わぬあれこれがあるものだ。

posted by kuchida at : 20:18 | コメント (0)

2009年01月12日

国営武蔵丘陵森林公園へ。

R1033052昨日に引き続き,今日は武蔵丘陵森林公園に行き自然に触れてきた。10km弱の散策では,霜柱の山を越え,トランポリンのような遊具で飛び跳ね,フィールドアスレチックを支援しての4時間余りだった。昨日の疲れもあり少々腰に来ているようだ。
■森林公園と言えば,小学校の時と10年ほど前の思い出がありそれ以来だが,重ねた年齢の分だけあれこれの感じ方が変わっていたことを実感する。療養の予定だった3連休だが,子供と共に自然に親しむことで時間を過ごせた良い連休だった。
R1033155今日のカメラのお供は,僕がGRD2とIkontaで息子がVivitar。デジカメで120枚,Ikontaで16枚,Vivitarで20枚程を撮影したのでトータル150枚以上。写真としての良品率はどんなもんだろうか?3割は超えたいところだが,デジカメは2割程度だった。トホホ。
■今日は関越道で往復したが,行きも帰りも渋滞フリーで快適ドライブだった。クラウンの燃費は年末以来で9.8km/lで10km/lを切ってしまっていることが少々残念。また明日からエコドライブで会社に行こう。
■何だかんだで充実した3連休であった。さぁ,明日からは大活躍だ!?

posted by kuchida at : 17:36 | コメント (0)

2009年01月11日

自然発見。

R1032984盆と正月にドラッグストアから届くダイレクトメールは全品20%引きという内容。毎回2万円余の買い物をしているが,今日も20,200円の支払いということで5千円以上の割引をしてもらい「単価が高い小物」をたくさん買い込んできた。
その後,昨11月に一人で行った北本自然観察公園に家族で散策に向かった。今日はデジカメは持参していなかったが,僕がIkonta,息子がVivitar ultra wide & slimを持ちながら2時間弱の「自然発見」を楽しんだ。あぁ出来上がりが楽しみだが,どちらもリバーサルでまだ撮り終わっていないので,今日の光を改めて見るのはだいぶ先のことになりそうだ。
R1032904今日の写真はいずれも北本のそれではないが,北本での水辺は14時を過ぎて気温も8℃を超えているにも関わらず薄い氷が張ったままで,息子と小石を投げながら氷に穴が空くか,それとも石が氷に乗るかを楽しんでいた。
■次回は春の頃,芽吹く自然の中をまた歩きながら「自然発見」を家族で楽しみたいと思う。何もない良さがある公園はすっかりお気に入りだが,禁煙できない野鳥観察組が散見されることだけが玉に瑕だ。

posted by kuchida at : 17:33 | コメント (0)

2009年01月09日

仙台へ。

R1033019昨夜の天気予報では「関東大雪」的な情報提供で大騒ぎで不安をあおっていたが,結果的にはただの雨。心配気分のくたびれ儲けだ。
今日は2ヶ月ぶり程で仙台に出張してきた。往路はやてで復路こまち。息子に話したら,さぞ羨ましがられることだろう。
■明日からは3連休だが,休養して風邪を治し,来週のビジネスで大活躍できるようにするつもりだ。
今夜は部内の新年会だったが,今年初めてのアルコールを少々頂いてきたので,これから風呂に入って何とか眠りにつくこととしよう。あぁ覚醒し気味の夜を思うと憂鬱だ。

posted by kuchida at : 22:32 | コメント (0)

2008年12月31日

大晦日 in 2008。

■例年通りの視点で2008年を振り返ろう。
2008122108B家庭
家庭における目標である「穏やか感覚」と「健康感覚」は年頭からのAnger managementへの取り組みとGWからのダイエット&運動習慣により,概ね得られたのではないかと振り返る。息子は11月に5歳となったが,「どんな5歳を目指すか?」の問いに「人にやさしい5歳」と自発的に答えていた。その答えの中に息子の心の成長と妻が与えた影響を強く感じた。ありがとう,マイファミリ。尚,来年の目標は「3人で成長中」と「心身の健康増進」とする予定だ。
仕事
仕事における目標である「充実感覚」,「創造感覚」,「ダイナミズム」の獲得については,前二者が合格点でダイナミズムが及第点といったところだろうか。研究シーズの用途開発を進め,顧客からの強い要望を獲得できるだけの商品基礎提案ができたことがその証である。来年は顧客からの対価に対するCS向上を達成する中でダイナミズムが生まれてくるはずである。来年の目標は「骨幹感覚」と「ダイナイズム」であり,それらの感覚を得た結果として「ビジネスマン・アゲイン&曇りのない自負」を目指したい。
R1030743乗り物
クラウンJZS155は車検を取得して父と2代で14年目に突入した。新しい車やスポーツカーやオープンカーを欲しい気持ちはあるが,お金を出して購入,維持したいモデルがない。この閉塞感は僕だけのモノではなく,自動車業界全体のことなのではないだろうか。2008年のクラウンの燃費は,平均9.2km/lで最高は12.3km/lと実に良好で3リッター直6エンジンは好調だ。
さて,今年はもう10年ぶり程になるバイクを購入した。ジェベル200がそれで,何と佐渡までのキャンプツーリングも楽しんできた。久しぶりに林道から見る山々の緑や海や空の青は懐かしく,一人で楽しむことがもったいない時間だった。
PC&カメラ
macbook proを購入して1年余。何の不満もなく過ごしているため,今年はPCを購入しなかった。加えて,bootcampのwindowsも削除してしまい,自宅ではすっかりmacのみのPCライフとなった。周辺機器という点ではワイヤレス LAN &HDDのtime capsule,フラッドヘッドスキャナcanoscan,カードサイズプリンタcalario meを購入した。
R1032912それらの周辺機器購入の要因として「写真趣味」への傾倒があった。父の入院を契機として,hasselblad 500 c/m,nikon F2, minolta CLEを定期的に使うようになったほか,GR Digital IIを購入したことでスナップ写真への意欲が増えたために,そのアーカイブがしたくなったためだ。来年こそはテーマ性のあるいい写真を撮りたいと思っている。
物欲
3万円以上の買い物チェックを毎年しているが,去年の95万円に比べて今年はバイク一式を含めても55万円。物欲を抑えた1年間といえよう。確かにその甲斐あって住宅ローンの早期返済をしていたからなぁ。来年もそんな年にしたいものだ。

posted by kuchida at : 11:02 | コメント (2)

2008年12月12日

旅路。

R1032889今日はN700系に乗って京都経由で大津まで。約15年ぶりの下車だったが,駅前のローカルさも近代化されておりJR西日本の駅らしい作りになっていた。そして,仕事は順調に終わり帰りは700系で品川経由で帰宅。
今日は久しぶりにscientificな仕事に終始した一日でストレスフリーに一日が終わった。
■ただ一つストレスがあったとすれば,それは会社の「Mr.困った」は相変わらずに事実を歪曲し,無用な注力をしながら連絡してくることだろうか?
さて,明日も比較的あたたかな一日になりそうなので,少々Djebelに乗ろうかな?と思うのであった。

posted by kuchida at : 20:45 | コメント (2)

2008年12月07日

佐野へ。

R1032872午後イチで羽生まで父を迎えに行くので,朝イチで佐野のプレミアムアウトレットへとおでかけ。
妻のコートと靴,僕のコートを昨今探し歩いているが,なかなかお好みのモノがなく四苦八苦していたが,妻のコートと靴はいいものが見つかり購入。しかし,僕のコートはサイズがなかったり,色がなかったり,高すぎたりと言うことで購入に至らず。あぁ残念。
快晴の日曜日,ハッセルブラッドとニコンF2とGRD2を携えてのスナップ撮影は実に贅沢な時間だ。問題は撮影者である僕の撮影技術と眼力だ,トホホ。

posted by kuchida at : 16:07 | コメント (2)

2008年11月24日

@北本。

P1040964今日もまた叔父の葬儀に参列する義父母の送迎で北本まで行くが,僕は参列しないので約5時間を北本界隈で過ごすこととした。地図を見ると「北本自然観察公園」という場所があったのでLumix L1片手に向かい約2時間の散策を楽しんだ。秋色と言うよりは枯色という感じの公園だったが,曇り空でもそれなりの写真が撮れたので,まぁ良しとしよう。
P1050019■バードウォッチャーがたくさんで静かに遊歩道を歩いてあげたが,ほぼ無風の中でタバコ臭かったので反射的&自然的にゲホゲホと咳が出た。こんなご時世でも公共の場で喫煙を止めずにいる人は,バードウォッチング止めたらどうだろうか?足音や服装に気を遣ってあげるのがバカバカしい。
■3連休のうち2日間を北本で過ごしたが,少し足を伸ばせばそこに在る自然を楽しめるというのは恵まれた町だなと感じた。今度,息子も連れて行ってみることにしよう。

posted by kuchida at : 18:39 | コメント (2)

2008年10月25日

フレームワークづくり。

R1032451写真は1ヶ月ほど前に訪れた碧南の町並み。造り酒屋などは行ったことがあるが,ミリンを作っている昔ながらの建屋があり少々驚いたことを思い出す。
■さて,今日はそれとは打って変わった場所である渋谷の街を10分ほど歩いたオフィス街の綺麗なビルにマーケティングのお勉強に行ってきた。
■サービス財を分類する軸(フレームワーク)づくりを考えたが,有形の消費財であってもブランドだったりアフターサポートだったり信頼性だったりの無形価値がある。消費財とサービス財は不可分なところがあるが,それを分かりやすく分類しようというのはなかなか困難で答えは出なかった。
R1032387■それでも,サービスにおけるマズローの欲求分類と生活シーン(衣食住他)を軸にした分類(フレームワーク)や,無形部分に顧客価値や提供価値の種類の度合いを示した複数軸をとることによる分類(フレームワーク)を考えることは,明確な分類を考えるヒントになることが分かった。
R1032309■今日の学びは,例えば「サービス・・」と呼ばれるようなセグメント(例えば,サービスロボット,サービス付き旅行)を提供者視点で考えるにあたっての提供価値をどこに置いているかを可視化する手段として使うことができそうだ・・・とは言えまだ頭の中は混沌としており答え探しが必要だ。
■今日も朝から彩湖を1周(31分)し,ジェベルで朝マックを買い,渋谷で知的運動を行い,帰宅して昼寝。振り返ると,「あっという間の土曜日」であり,一枚の写真も撮らない週末だった。

posted by kuchida at : 16:51 | コメント (0)

2008年10月01日

F2修理発注。

R1032510今日は昼前から湘南方面の大学まで外出。
■ということで,行きがてらJR西大井駅前のフォト工房キィートスを訪れてニコンF2ボディとファインダ(露出計)のOHをお願いしてきた。2週間,約3万円で修理が完了するらしい。ほんの1,2分の診断だったが,僕が思っていた以外にスローシャッターの異常も発見していた。さすがだ。
■今日はグリーン車やロマンスカーに乗っての旅気分を味わえた一日だった。あぁハッピー。

posted by kuchida at : 19:58 | コメント (0)

2008年09月24日

碧南へ。

R1032274今日は来客やら打ち合わせやら勉強会やら何やらで6時間くらいがつぶれてしまい,デスクワークの時間が限定的で高密度な時間を過ごしていた。
■明日は愛知県碧南市まで出張だが,蒲郡市にあるガン封じ寺「無量寺」に行き,還暦過ぎの友人の大腸ガン封じを祈願してきたいと思う。加えて,夕飯は蒲郡市に住む大学時代の友人と会食する予定。勿論,仕事の方も重要で高密度な一日になりそうだ。
■学生時代の友人と言えば,一緒に自動二輪の限定解除の試験を受けに行ったり,あちこちにCBとGSでのツーリングやcivicとmirageでのドライブに行ったりと間違いなく青春の1ページを過ごした仲なので,約6年ぶりの再会が楽しみだ。

posted by kuchida at : 21:09 | コメント (0)

2008年09月21日

朝からランニング〜。

P1040199目覚めると丁度日の出。綺麗だなぁと思っているばかりで写真を撮るのを忘れていた。我が家で一番長いL1の100 mm (35 mm換算)で撮影したが,もっと長いレンズが欲しくなる。
その後,ジェベルで土手に向かい早朝ランニング。今日は一人で彩湖畔を休憩なしで走ってみたところ所要時間33分。平均時速8.5km/hということなので初トライとしては上々だろう。
少々へたりながらジェベルに乗り静かな裏通りの畑道を流し,いい気分になりながら幸魂大橋をスタンディングで走っていると何と速度違反取り締まり(ねずみ取り)をやっていた。当方はスタンディングで空気抵抗も大きかったこともあり55km/h程度だったので,そのままスタンディングで白バイ脇をスルー。
何事も,もっと恐れることなく,正々堂々と生きていこうと思うのであった。
R1032400さて,息子が幼稚園で水彩画をやるらしく絵の具のバケツをジャスコに買いに行ったら,自分でも絵を描きたくなり1,000円の水彩画セットを買ってきた。
水彩画なんて中高生以来で20数年ぶりだが,夏休みの思い出は思ったよりもましな絵になり上出来だろう。学校で習ったりした技術は年月を超えて役に立つのだと感じていた。なかなかいい休日だった。
写真の見映えを良くするために,ブログの背景色をグレートーンに変更。特に気分が滅入ってダークトーンにしたのではありません。

posted by kuchida at : 07:54 | コメント (0)

2008年09月13日

カラオケ。

R1032303袋田の滝は今日から新しい展望台ができるそうだ。開放は13時からとのことだが,当方の訪問は11時前。2時間差で従来通りの箇所で日本3大名瀑のミストとマイナスイオンを浴びてきた。
帰りのバスでは,カラオケでMISIAのEverythingをオリジナルキーで歌ってきたが,裏声というよりは声が裏返ってしまいつつも楽しんで歌えた。しかし,カラオケは随分久しぶりと言うことで声量が不安定でちょっと自分にガッカリ。
今週末は3連休なので,明日以降の2日間を家族と楽しみたい。

posted by kuchida at : 18:50 | コメント (0)

2008年09月12日

天の川。

R1031939
社員旅行で母畑温泉へ。去年の社員旅行以来の観光バスでの旅路はあっと言う間。福島で見る天の川は佐渡には敵わなかった。

posted by kuchida at : 18:13 | コメント (0)

2008年09月01日

ハッピーな近未来。

R1031852-1展示会前の月曜日はあれよあれよという間に一日が過ぎてしまった。短い一日は佐渡島でも同じだったが,どうせなら楽しい余暇の短い一日が素敵だ。晩飯代わりに食べたパイナップルが懐かしい。
さて,明日からクラウンが車検で代車のプリウスがやってくる。試乗以外で乗るのは初めてなので楽しみで,明日は早々に帰宅する予定なので家族で晩ご飯を食べに行こうと思う。
■また,キャブレタのOHほかをお願いしていたジェベルも修理完了と言うことなので週末に取りに行こう。
■そして今週は展示会出展と言うことで,様々な業種の方々と話ができる幸せな3日間がある。近未来は楽しいことばかりでハッピーな毎日だ。

posted by kuchida at : 19:44 | コメント (0)

2008年08月12日

「旅が日常」

R1031780土曜日の午前3時に家を出発したところ,埼玉-長野県境の三国峠には朝7時半に到着。8時過ぎには千曲川に至り,魚がたくさん泳ぐ気持ちよい川原に寝そべっていた。
■その後,嬬恋に向かい,正午過ぎには国民休暇村の中のキャンプ場に天幕を張った。標高1400m弱の割には暑かったが,雷雨の到来と共に気温は下がり,高原故に雷鳴はすぐ頭上で鳴り響き大きな雨粒がテントを叩く夕方が懐かしい。ちなみに朝は13℃まで下がり,レンタルシュラフにくるまっても寒かった。
R1031910日曜日には今までに行ったことがなかった未踏の佐渡に渡った。広そうで狭くて,狭そうで広い島は,自然がたっぷりなばかりではなく島の人々が誇り高い親しさで接してくれる世界だった。
■長手岬キャンプ場で沈みゆく太陽を1時間近く眺めていたが,海に沈む太陽は線香花火の火の玉がぽとりと落ちるように海に沈んでいった。
バイクでただただ走り続け,テントの中で風の音や月の光を眺めていると「旅が日常」であることに気付く。なんて幸せな時間なんだろうと思う。毎日の生活があるからこそのこの時間。感謝すべきことがあまりにもたくさんだ。
月曜日は佐渡の西から東へ2往復半しながら,標高0mから1000m近くを行ったり来たりしながら,北部の林道を道に迷いながら走ったり,誰もいない海で一人泳いだり,海抜167mの大野亀という一枚岩に登ったりと佐渡の自然を満喫した。
■佐渡をあちこち走っていると,いろんな都道府県をいいところ取りしたような風景や自然を感じた。数週間分のツーリングを数日で実現できるのが佐渡ではないかと思った。
R1032052月曜日の夜は佐渡北部の漁港の民宿に泊まったが,南北二面の窓を開けておくと,まるで野宿しているときのような静かで涼しい海風が流れ,身体を丸くして眠っていた。部屋の窓から見る月は眠りについた後も海を綺麗に眩しく照らし続けていた。
■3泊4日の最終日は朝7時半に佐渡北端を出発して両津港からフェリー経由で新潟に渡り,関越道経由で17時前に帰宅した。4日間で1030kmはそう多い距離ではないが,単気筒200ccのオフロードバイクとしてはまぁまぁの距離だろう。
今回の旅路のテーマ「Feel & Enjoy Nature Directly」だったが,佐渡という凝縮された日本の自然の中で十二分に感じ,楽しめた。家族は来週にならないと帰省先から帰ってこないが,来週からはまた家族との人生という旅路を感じ,楽しみながら過ごしていきたいものだ。

posted by kuchida at : 21:00 | コメント (2)

2008年08月05日

休暇中は晴れるだろうか?

[]

R1031642先日野宿した際に撮った写真はそのままだと真っ黒だったが,処理したら星が見えてきた。見栄具合はまぁこんな感じだったと思う。
■ここ数日はまた湿度の高い空気に包まれ,雷雨が続く毎日だ。先週末はまさに行楽日和だったと感謝するのであった。

posted by kuchida at : 19:44 | コメント (0)

2008年08月03日

妻よ,ジェベルよありがとう。

R1031705野宿明けの今日は朝5時から林道を走り始めたが,舗装・未舗装合わせて5本程の林道を走ってきた。帰宅したのは丁度14時と言うことで,土日の24時間で330kmの野宿林道走破ツーリング(林道は100km程か?)だった。
今日は足利から桐生に向かい,桐生川ダムから赤城山に抜けて中山道で帰宅した。
■妻子が夏休み帰省してからはお湯を一度も浴びていなかったが,今日は一週間ぶりに赤城山温泉の温かな湯に入り英気を養った。というか消耗した気力を回復させた。赤城山温泉は1,2年前に家族ドライブのときにふと泊まった温泉だが,綺麗な女将さんは相変わらずの応対でまた家族で泊まりに行こうかと思った。
R1031678さて,フラットダートは実に走りやすかったが,15 cmほどの玉石敷きの下り箇所が数km続いた箇所は少々泣きが入ったが,特に転倒もなく走破できたのが何よりだった。いつもはタイヤの真ん中しか使わない日々だが,今日は前後輪とも端っこまで使って楽しい時間だった。また,野宿ツーリングにおける持ち物リストへの課題も明らかになり,いい週末だった。ちなみに燃費は,ジェベルゲット以来いつも36km/lで一定。
妻よ,この幸せをありがとう。

posted by kuchida at : 15:06 | コメント (0)

2008年08月02日

14年ぶりの野宿。

R1031695土曜日の午前中のマーケティングのワークショップを終えた後,速攻で帰宅して10分後の14時には荷物をジェベルに積んで足利に向かいアクセルオン。
■利根川を渡ったあたりで3時間遅れのランチを頂き,そのまま,まつだ湖畔キャンプ場へ向かった。しかし,市の施設で事前予約が必要らしい。10区画以上空いていたがトラブルのは面倒くさいのでそのまま舗装された林道を上っていったところにいいところを見つけて野宿決定。
R1031620-1バイクを林道沿いの待避箇所に止め,草地を降りた堰堤の上の沢の瀬にテントを張った。
■全裸になって川で水浴びをして,蚊取り線香の香りの中で夕食を頂き,夏の虫の音を真っ暗になるまで聞いていた。一人で火をおこすでもなく,暗くなったらテントに入って床についた・・・それは19時のことだが,寝たり起きたりを繰り返しながら朝4時までよく寝た。
「天幕野宿はいつ以来か?」と思い返したが,それは14年前のモンゴルだったようだ。久しぶりのいい夜だった。

posted by kuchida at : 23:44 | コメント (2)

2008年07月29日

サマーライフ&旅支度。

100 6249晴れた朝が少しずつ乾き始めてきたので,今日は夕立なしと判断してバイクで出勤。未知なる道を行ってみようと遠回りしたが,気が付くと昔懐かしい界隈を走っており,思いを馳せながらすっかりと変わった町並みを通り過ぎたのであった。
明日は終日の外出と言うことで,今日は仕事の区切りが良いところで切り上げ,まだ夕焼け前の幹線道路をすり抜けしながら帰宅した。今は調理中と言うことでチキンが野菜味で茹で上げられるのを待っているのであった。
R1031594さて,お盆休みにキャンプ(野宿?)ツーリングに出ようとしているが,今日は早速その準備を進めた。これに携帯電話とデジカメがあればほぼ準備万端。あとはコンロを持参して自炊するかどうかだが,美学的には自炊するツアラー・ライダーは格好いいが,大したもの食べないことを考えると要らないか?と思うのであった。
■今週土曜日はマーケティングの勉強に渋谷に向かうが,終わり次第帰宅して,軽く足利当たりまでキャンプツーリングの練習に行こうか?!と計画中。

posted by kuchida at : 18:50 | コメント (0)

2008年07月15日

朝露を。

P1040117私用により1/4休暇を取得して16時過ぎに帰宅。あれやこれやと過ごしているうちに時間はあっという間に流れゆくものだ。
20年前の学生時代に購入した1人用テントを引っ張り出してベランダに干したが,裏面に'98.5.5とスタンプされている懐かしい絵画がテントの中にしまい込んであった。あぁ感無量。
この夏,このテントの中で草や虫,雨や風の音を聴きに行きたいと思う。休日に見た朝露とは違う湿り気をテントのファスナーを開けた空気に見たいモノだ。
さて,同僚の一人は,責任感が強くて面倒見が良いタイプだが,昨今の変化のスピードと質を求められる時代においては,自他(特に他人)への厳しさが必要だ。とは言え,周囲のやらされ感があるモチベーションの低さこそが計画遅延の原因のようだ。

posted by kuchida at : 18:30 | コメント (0)

2008年07月13日

早朝の土手へ。

P10401004時半頃に窓から入る静かな朝の風に目を覚ました。何やら天気もいいので土手まで写真を撮りに行く。
■しかし,家を出て直ぐに日の出を迎えたようで,カーナビの画面色が変わりあたふたしたが,まぁ何とか間に合った。
久しぶりの朝の土手は心地よかったが,最近では土手の入り口のゲートが夜間閉鎖になっているので,ロケーションがイマイチだった。それでも50枚近くを撮影して帰ってきた。フィルム写真ではあり得ないほどのシャッターを切れるのは,相変わらずに凄いことだと思う。

posted by kuchida at : 05:41 | コメント (0)

2008年05月18日

ハッピーな週末。

[]

R1030372噴水が放つ水しぶきが気持ちよい札幌は,初夏の陽気の週末。着付けの妻をホテルにおいて,息子と二人で大通公園を散歩。
■初めて大通公園に行ったのは家族旅行の11歳の夏。その後,高校生の時に青春18切符で旅行に行ったり,受験や仕事で何回も訪れ,妻とは6,7年前に何度も歩いた道が変わらずそこにあった。
■祝福の時間は幸せな気分が一杯で,新郎の努力の人生への感動と新婦の友人スピーチのあふれ出す感情に涙腺がゆるんだことを思い出す。疲労困憊の週末ではあったが,それはまたハッピーな週末でもあった。

posted by kuchida at : 20:36 | コメント (0)

2008年05月05日

鎌倉ではなく餃子ではなくパエリア。

[]

P1020961妻からのリクエストに応えて「鎌倉に行こう」ということで家を出発して,大宮駅から湘南新宿ラインのグリーン券を買っていざ乗り込んだら車内は大混雑。通路の移動もままならない状態だったので,不乗車券をもらって新宿で下車。
「どこに行こう?」と思案しながら新宿界隈をぶらついた後,中央線で東京駅に向かい皇居周辺を散策。観光地でありそうだが,そうでないような設備環境だが,手入れだけは行き届いているので清々しかった。
P1020996その後,新幹線に乗り宇都宮へ。写真は宇都宮駅を240 km/h (?)で通過中の「はやて&こまち」だが,よくぞシャッターチャンスを逃さなかったと関心。
さて,「餃子を食べよう」ということで5,6軒回ったが,どこも20?50人近くが行列を作っており,我が家は断念。直ぐに入れたスペインレストランでパエリアを頂き,観光してから,餃子をおみやげに買って宇都宮線で帰宅。
小旅行は疲れたが,「楽しい」と喜ぶ息子を見ると,それこそが幸せだ。

posted by kuchida at : 16:45 | コメント (4)

2008年04月13日

館山一泊ドライブ。

P1020694土曜は日の出の後に雲がみるみる晴れて来たのでドライブへ。
アクアラインからB級観光地の久留里城を昇り,鴨川で金目鯛の焼き魚と刺身を頂き館山へ。相変わらずたくさんのポピーが咲いていて,切り花をしてきた。気が付くと夕方だったので,海辺のホテルを見つけてご宿泊。
P1020800帰途についているとまんが日本むかしばなしのようなおむすび型の山の上に白いお寺のような建物を発見。家族で登ったが,昨日の城に続いて息子はよく登ったと思う。
金谷から久里浜まではカーフェリーを使い帰ってきたが,クラウンの燃費は何と12.3km/l。法定安全運転を徹底してきたが,あちこちで行列を作ってしまったのであった。
充実した休日は,明日の活力を産むのだと感じている。

posted by kuchida at : 15:04 | コメント (0)

2007年09月17日

DVDレコーダの備忘録&足利にドライブ。

@saitama台風の影響で風が雲を足早に運んでいる。こんな天気は今年最後か?
■先日,DVDレコーダを購入した話を書いたが,それはシャープ製。
■DVDメディアはDVD-R/RW対応なのだが,普通にDVDにコピーするとVRフォーマットのDVD-R/RWに記録され,それに対応したデコーダがある装置でないと再生できない。カーナビ(パナソニック製strada),パソコン(windows/mac),PS2で再生しようとしてもそれは再生できず。
■一般的なDVDプレーヤ(デコーダ)で再生するためには,DVD-R/RWをビデオフォーマットしてファイナライズする必要がある。この場合,1倍速でしかダビングできず不便だが,深夜の予約ダビングができるのでまぁ良しとしよう。高速ダビングは65倍というのがあるが,それは録画時に設定しておかないと有効にはならない。
■今日は試しにDVDレコーダの出力をmacbookに接続してマイク録音してCD-R化してみたが,これまた1倍速録音のみでやはり不便。
■著作物のデジタル利用の制限があるのは理解するが,メディアの互換性や倍速録音についてはもう少し使いやすい方がいいな。
@ashikaga■何て思いながら,DVDレコーダーで録画した後にCD-Rにダビングした小野リサのライブ・・・「Tribute to Antonio Carlos Jobim」を全90分間聞きながら家族でドライブしていたら・・・足利まで足を伸ばしてしまい,いつも行くニジマス釣り堀で魚釣りをして焼き魚にして食べてきました。
■出発が遅いこともあり魚のエサ食いが悪くてやや途方に暮れていたら,アルバイトの男の子が生き餌をくれたものの,夫婦そろってさわりたくないということで困り果てたが,釣りたさ故に僕が白い芋虫みたいなのを針に付けたらよく釣れるようになり,魚も生き餌は堪らないのだろう。
■帰りは高速で帰ってきたが,12年モノのクラウン(JZS155)の燃費は8.8km/l。こんだけ走れば十分だね・・・ということで3連休は終わったのであった。

posted by kuchida at : 17:00 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年05月04日

GWのロングドライブから無事帰宅。

@pacific ocean ■8日間のGWの長旅から帰宅。 C5の走行距離は1263kmで燃費は12.6km/lでフィニッシュ。いい感じ。
■フェリーの長旅は思い返すと丁度20年ぶりか?!高校卒業の春休みに釧路から東京に移動して以来だ。
■二等寝室での睡眠時間はきっと12時間を超えているが,やはり体力は落ちているようなので,今日は早々に眠ることとしよう。

 

posted by kuchida at : 19:35 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年05月03日

今日は北海道を離れて大洗へ。

@ohnuma■昨日は義父からもらった健康ランドの無料券で海沿いの温泉に行き,アカスリと海藻& 牛乳マッサージを。肌がピカンピカンになりました。これは生涯2回目のアカスリですが,前回も同じ場所と言うことで, 苫小牧以外のアカスリを知りません。
■あっという間に5/3。今日の夕方のフェリーで大洗に向かいます。妻は船酔いする人なので,きっと大変だろうなぁと思いますが, 頑張ってもらいましょう。
■昨日は苫小牧市街にある「食座楽々」というところに連れて行ってもらいましたが,サービスが悪かったです。 食べ物はいずれも中の上と言った内容でしたが,配膳ほかに問題が多々。
■例えば,三種前菜の置き方が左右まちまちだったり,依頼したものをいつまでももってこなかったり, 縁が大きく割れたお盆でドリンクをサーブしたり,間接照明が一部点灯していなかったり。 最たるはデザートの後にじゃこご飯が配膳されそうになり,それはテイクアウトにしてもらいました。 女将さんやチーフ格の人はそれに気づける人と見受けられるので,今後はその点を直したらよいと思います。

posted by kuchida at : 05:41 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年02月03日

エアドゥはもうご勘弁を。

[]

@sapporo ■昨日の今頃は札幌の大通公園を歩いていたが,今日は未だ身体が目覚めずに体力蓄積中。
■経費節減とのことで札幌往復はAirDoだったのだが,往路も復路も機体準備の都合で30分以上の遅延でいい迷惑だった。
■少ない機体故かどうかわからないが,もしかしたら夜の便は軒並み遅延しているのではないだろうか?と思うのであった。
■結局,昨日はモノレールに乗ったのが23時半を過ぎており,埼京線への乗り継ぎ不可能ということで, 京浜東北線の駅からタクシーで帰宅したのはもう25時過ぎ。
■現職最後の出張であろう,今週の福井往復と札幌往復が完了。来週からはデスクワークで時間を費やそう。

posted by kuchida at : 17:03 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年01月31日

福井の感想。

[]

@fukui city ■福井の夜は更けるが,相変わらずに通りも繁華街も人通りは疎ら。
■初めて仕事で福井に来たときの感想は,駅前通りの人の少なさへの驚きとこの街の産業とは何だろう?!という疑問であったが, いわゆる都市として見たとき,その気持ちは今も変わらず。
■でも,地場産業という意味では特色あり元気豊かな中小企業もたくさんあることを知ることが出来たのが肌で感じた感想だな。
■それにしても思い出が多々ある街だが女性に関するものは完全皆無というのが,これまた裏寂しい思い出だ。

posted by kuchida at : 00:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年01月30日

我が故郷。

[]

@fukui univ. ■今日は福井で撤収作業を行っていたが,快晴・無風で気温は14℃。 1月の北陸とは思えない天気に恵まれ,気持ちよく外仕事をしていました。でも, 明日は寒気がやってくるせいで冷たい雨も降るそうです。
■「明日,ここを離れると次に福井を訪れるのはいつだろう?」と思うと感慨深く思います。 おそらく人生第十番目くらいの故郷と言えるような気がします。
■そんな風に思い返すと,我が人生の故郷とは,戸田>さいたま>弘前>浪岡>札幌>・・・みないな順番かな? あとは仕事関連でもいろいろあるが,またいろいろ旅したいし,人生を楽しみたいな。

posted by kuchida at : 19:13 | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年01月29日

福井への旅路。

@musashiurawa ■最近毎日天気がいいが,今朝はそういえば曇りだったなぁ(写真は数日前の武蔵浦和駅から)。
■今日は午後から福井まで新幹線&特急で移動したが,熱海辺りからはずっと晴天で窓からの日射しが熱くて, 珍しくブラインドを下げてしまった。
■しかし,北陸にはいると低い雲がダイナミックに空を覆い,時折みせるその上の空が日の入後の青紫で綺麗だった。
■現職での福井訪問はおそらくこれが最後だなと思うと感慨深く旅路を楽しんでいたのであった。

posted by kuchida at : 19:02 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年01月17日

思ったよりも早い帰京。

baloon@fukui ■福井での仕事は極めて順調に思えたのだが,光を出す装置が何と!水を出してしまい微妙に大ごと。 部品取りのために一度帰京することにしました。
■その他,知財関連の打ち合わせも行いましたが, 国立大学時代と現在の国立大学法人時代では権利の取り扱いが有るべき方向へと大きく変わっており,納得できる内容でした。
■今月中にあと1,2回は福井を訪れることになりそうですが,果たしてお天気殿はどれだけハッピーをもたらせてくれるやら・・・。
■写真は1発約15万円で打ち上げている気象観測気球。

posted by kuchida at : 20:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年01月16日

日本海側気候ではない福井の今日。

@fukui ■とっても好天で,日本海側気候の北陸/福井の1月とは思えないほど。 いったい誰の行いが良かったのやら・・・
■多分それは僕の行いの良さではないと思います。その理由は,あんまり順調だと早くに帰京しなければならない訳で, 僕としてはここでしばらくゆっくりと仕事したかったのが本音ですから。
■しかし,仕事とは多々あるもので,いつもの出張の時が如く,ホテルを出てからホテルに帰るまでビッチリ何かしら仕事をしています。トホホ。
■写真はヘルプしてくれている学生君。

posted by kuchida at : 18:17 | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年01月15日

雪のない北陸路。

[]

@fukui ■朝イチで国分寺にて会議。平成20年度から3年度15億円という予算獲得のための議事・・・ ノーコメント。
■その後,米原経由で福井へとやってきたが,関ヶ原のあたりも,北陸トンネル後も雪はなく,当然に福井市内も雪は皆無。 遠くの山肌の地面に雪がまばらに見える程度で,いわゆる暖冬現象というか温暖化現象というか・・・。
■2005年12月に実験で来た際には大雪で北陸本線は不通となり小松から飛行機で帰ったことを振り返るに, これは異常に暖かであると言えよう。

posted by kuchida at : 22:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月26日

タイの旅路も終わり・・・

[]

@bangkok ■写真は月曜日の夜の大学構外の夜のマーケット。 食べ物の屋台コーナーと雑貨(主として服飾)コーナーがありましたが,若者の活気にみなぎったエネルギッシュな空間でした。
■私が買ったものと言えば,両替がてら1バーツを20枚(約70円)で買ったアロマキャンドル4個のみ。 我が家でどんな香りを奏でることやら・・・。
■さて,この1週間あまり,口ひげとあごひげを剃らずに居ましたが,そのまま歳を越そうかな?と思っています。 会社や家でどんな反応があるか楽しみ!
■そう言えば,こちらに滞在中にヤフオクとAmazonでwiiとゲームソフトをゲット。火曜日には到着予定なので,これもちょっと楽しみ!

posted by kuchida at : 04:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日

タイでの業務完了。

[]

@bangkok ■9日目のタイ。いよいよ仕事も完了して今はアフターアイドリング状態。 今日も晴天と言うことで毎日晴れで雨は皆無。太陽エネルギーを愛する人には良い国だと思います。
■タイでの約10日間を振り返ると,そのベスト3は次の通り。
1) 本邦初公開の新規開発製品を無事にインストールできた。また, こちらの担当者との信頼関係を深めることができた。
2) 転職先の正式内定をもらい,それに正式同意した。また,社長に退職願の依頼メールを送った。
3) 今までのクリスマスイブで最も仕事をしたし,その雰囲気を味あわなかった。
さぁ,帰国したら,本業と退職アクションの両者を頑張ろう!

posted by kuchida at : 17:41 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月24日

タイの三日月。

[]

@bangkok ■夕暮れ空の下,三日月を見上げる我が社の製品。
■仕事の方というと,ハードは落ち着きましたが,ソフトウェアのバグ取りとネットワーク系の問題があり,何かと皆で苦労しています。しかし, クリスマスイブの日曜日の夕方にタイから「ヘルプ!」とメールを出しても,誰も助けてくれません・・・。

posted by kuchida at : 19:00 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月23日

スイカを頬張る12月に転職実行を決意。

[]

@bangkok, thailand ■今日で7日目のタイ。外は日一日と涼しくなっており,最高気温も3,4度下がったかな? と思っていたが,今日はまた30度を超す一日だった。
■12月だというのに外には花が咲き,朝はスイカを頬張っており,やっぱり熱帯なんだなと。
■研究所の隣の大学の学食でランチを食べるのですが,鳥がよく鳴いていて,どこかのテーマパークのジャングルレストランにいるようです。
■昨夜,転職先への最終回答を提出して,いよいよ2/28退職,3/1入社というスケジュールを打ち立てました。 今の社長に退職の経緯説明と帰国後に会って欲しい旨のをしたところ,一応「承諾できない」との回答がありました。
■しかし,一体今の会社の何が僕を引き留めることができるのだろうか?と思うとそれは考え尽くした結果として何もなく, 社長がどんなカードで何を僕に与えてくれるのだろうか?
■ちなみに年収は下がる転職なのですが,書面では年4.7ヶ月のボーナス,今期は5.5ヶ月だったそうです。当社というと・・・

posted by kuchida at : 20:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日

タイの美人!

[]

@nstda, thailand ■写真は,今日,こちらの研究所で行っていたパレードの先頭の美人。 旗の後ろにはまた別の美人が宮殿衣装のような服装で行列しており, その後ろには普通の方々がおそろいのTシャツを着ながら太鼓のリズムに乗ってパレードしていました。
■さて,仕事というと知的労働は別の二人がやっているということで,私は肉体労働。粘土質の土壌に50cm立方ほどの穴を掘っていました。 その後,木炭を粉々に粉砕して塩と混ぜながら,接地抵抗を下げた状態でアース棒を埋め込みました。
■こちらに来てからは慣れない仕事のせいでペンチダコや鍬ダコがつぶれて皮がひんむけていて痛いです。 加えて今日は木炭と塩と水がたっぷり入ったバケツに手を突っ込んでかき混ぜていたので悶絶状態でした。
■でもまぁ美人の写真を堂々と撮影できたし,転職予定先からの必要書類が届いたとのことで妻がスキャンして送ってくれたし, まぁ良しとしよう。

posted by kuchida at : 18:56 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月21日

休憩中の3人組。

[]

@workman, bangkok ■写真は,タイの研究所の前で穴掘りをしている労働者が休憩中の写真。 何故に3人揃って並んでいるのかわかりませんが,見ていて楽しい気持ちになったので写真を撮りました。
■仕事の方というと紆余曲折ありながらも目的としていた装置が運転を開始したので,今は多少一安心。 動作の安定性を向上させるための施策が明日以降の仕事になりそうです。
■さて,そうこうしている間に転職先からは正式な内定書が発行されました。より詳細な情報は自宅に郵送されるとのことなので, その到着と妻がスキャンして送ってくれるのを待っているところです。
■年収は,現職と次職での会社や自分の業績にもよりますが,私の試算によると現職ベースよりも年収で-100?+20万円の差が出そうです。 もっぱらマイナスなのですが,将来にわたる種々の環境(心身を含む)を考えて転職を決意しようと思っています。

posted by kuchida at : 21:19 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月20日

楽しいタイ路。

[]

@tammasat univ. ■今日も外は晴れ。しかし,日陰は風が吹くと涼しさを感じるほどでやっぱりこちらは今,「秋」 なのだと思います。
■さて,仕事というと肝心の荷物が木曜の夜か金曜の朝に到着とのことで本領発揮が出来ずにいます。今はただ, 部下様の指示に従ってペンチ片手に結線をしこしことする日々です。
■帰国は土曜日の予定でしたが,来週に伸びそう!
■それにしてもこの国(タイ),男性よりも女性が多いのではないか?と思う毎日なのであった。

posted by kuchida at : 21:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月19日

改造タクシー(カローラ)

[]

@super taxi, bangkok ■写真は昨夜乗ったタクシー。車種は普通のトヨタ・カローラのタクシーですが, エクステリアでは大型アルミリアスポイラーにブレーキキャリパを換装,インテリアはMOMOのハンドルにビデオカラオケ付き。 乗り心地からするとバネも替えているようでした。しかし,ドライバは許可証の写真とは別人のロン毛のイケメンドライバー。
■さて,仕事の方というと肝心の荷物が未だ届かず。月曜日の午前着を予定していたので,最善でも丸2日遅れという工程になるので, さて私はいつ帰国することやら・・・。結局, 今日も朝9時から夜9時まで圧着端子と熱圧縮チューブの取り付けを一体何百個やっただろうか?!手にはペンチダコ(?)ができて皮がむけてとても痛い!

posted by kuchida at : 23:46 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月18日

タイでの仕事の初日。

[]

@tamasat univ, bangkok ■まるでつっぱり中学生の3人乗りのようですが,タイの大学の中ではこんな感じで, みんな楽しそうです。
■仕事の方というと先週の木,金に発送した荷物が通関中とのことで未だ届かず。今日はしこしこと結線替えを終日行っていました。
■業務上では全く慣れない作業で仕事の幅が広がったと自負していますが,カーナビのDIYに比べるとはるかに容易で, 心温まる内職をしている気分で楽しかったです。前職で言えば地質図や野外検証結果のマップを色鉛筆で塗っているような気分でした。
■精神労働ではなく肉体労働なので仕事の達成感も凄くありましたが「給料をたっぷりもらえる仕事ではないな」と思っていました。
■明日はお目当ての荷物は届くかな?

posted by kuchida at : 23:58 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月17日

1ヶ月ぶりのタイ,バンコクへ。

[]

@bangkok ■雨模様だった成田からアゲンストの風にも負けずに7時間半,タイのバンコクに到着しました。 気温は21-31℃とのことでもっと暑いのかと思いきや風情としては「もう夏も終わったね?」という感じでした。
■今日はホテルのレストランで食事を取りましたが,一発目の春雨サラダが辛くてこれにやれれました。その後, スープや肉をたらふく食べて腹一杯。ちなみに私はビールではなくコーラをいただきました。
■今,ジェームズ・スキナーの「成功の9ステップ」を読んでおり,飛行機の中で「健康」についてを読んだばかりなのにもかかわらず, 「苦痛を感じる食生活を決断」してしまいました。しかし,タイにはマイペンライ(気にするな)という言葉もあるようですから,「成功」 が少し遠のいたかもしれませんが,まぁ良しとしましょう。

posted by kuchida at : 22:57 | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の成田。

[]

■これからタイ国際航空B777に乗ってバンコクに向かって出発。向こうは最高気温31℃, 最低気温21℃と書いてあったので気持ちいい夏だと思うと心も躍りますが,成田は雨。気温が下がらなかったので, 薄着の僕にとっては随分楽でしたが,外が暗いと気分も憂鬱です。
■2/28で退職しようと計画中でそれを実現したい僕としては,これは修学旅行のようなもの。しっかりと仕事をしようという気持ちと共に, 今までの仕事への満足感とこれからの仕事への期待感でいっぱいです。

posted by kuchida at : 09:42 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月23日

帰国。

[]

@bangkok ■5日間のタイ出張から無事に帰宅。成田からはC5で帰ってきたが, タイでは道路事情が悪い中をカローラのタクシーで激走していたので,そのなめらかでシルキーな乗り心地にうっとりでした。
■それにしてもタイとは6,7時間で到着すると言うことでシカゴの半分。その日のうちに移動が完了するというのは便利でよいが, 飛行機が早朝発着か深夜発着しか選べないのが考え物だ。
■12月にも行く予定だが,開発が進んでいないという話も聞くと憂鬱である。

posted by kuchida at : 19:25 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月22日

バンコク,外食事情。

[]

@bangkok ■昨夜は学生街にある広場にて屋台の料理を食べました。
■とりあえず何か5皿を頼もうと屋台に行くも英語が全く通じないので,パーを出していろいろ作ってくれと日本語で頼みました。 何やらテーブルで待っていろという仕草なので席に戻り,改めて屋台に行くと「出来たよ」というような合図。 行ってみると炒飯が5皿並んでいました(唖然)。
■3皿は返品してくれと頼んだ後,屋台のでかい看板を運んできて,「これくれ!」と頼んだらようやく想像通りのものを作ってくれました。 どれもおいしかったです。
■さて,広場には駐車場があったのですが,時折数人が車を押して動かしています。どうやら,駐車中はサイドブレーキはかけないようで, 他の車の出し入れに際しては皆で押してスペースを作るようでした。とても想像が付かないローカルルールに驚いたのでした。

posted by kuchida at : 23:04 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月21日

朝から大迫力。

[]

@bangkok ■「今日の日の出はどんなかな?」とカーテンを開けると積雲がどんどん空高くに昇り始めていました。 朝から大迫力の光景にこれまた東南アジアを感じていたのでした。
■さて,バンコクについていくつか感じたことがあります。それは,日本で感じているフィーリングとは異なる気象データです。
■例えば「気温は30℃くらいかな?」と感じるときに気温は35℃程度と思ったよりも高い気温が現実です。また, 「日射量は1kW/m2程度かな?」と思うと800W/m2程度と思ったよりも低い日射が現実です。つまり, 「(私が)思った以上に気温は高く,思った以上に日射は高くない」という私のフィーリングの誤差が生じていると言うことです。
■また,タイの人たちは,僕が想像しているほど日焼けした肌の色ではなく,それにも驚きました。おそらく多量の水蒸気に守られた風土故, 紫外線が少ないのではないかと思います。もしかしたら,排ガスで汚れた大気が多量だとしても, 紫外線量が少ないので光化学スモッグは起きづらいのかもしれません。

posted by kuchida at : 23:42 | コメント (0) | トラックバック (0)

タイ料理が旨い!

[]

@bangkok ■仕事はまぁそこそこ。
■夕飯はホテルの近くの焼き肉屋に行きました。飲み食いした割には二人で300バーツ(1000円程度)なので,私のおごりにしました。
■ジンギスカン鍋の外周を深くしたような鍋(?)で肉や野菜を焼きますが,深い外周部分にはだし汁が入っており, 最後の方になると肉汁がたっぷりのおいしいスープになっていました。その鍋,日本に持ち帰ってアウトドアで使いたいものです。
■昨日,同じレストランの前を歩いたときには居なかったのですが,今日はボディコンのウェイトレスが2人いて, 思わず入れずに通り過ぎてしまった後,「やっぱりここ行こう?!」と同僚とUターンしたのでした。

posted by kuchida at : 00:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月20日

@siam city hotel, bangkok

[]

@bangkok ■日本とタイの時差は2時間。 大したことないと思いつつも早朝から目覚めが良かったのは時差ぼけのせいであろう。
■夜明け前から日の出までゆっくりと眺めていたが,タイの水蒸気のせいだろうか?それとも既に大気が汚れていたのだろうか? そんな日の出であった。
■窓から射す陽が高くなり,黄色くなる毎に部屋の気温は上がり,エアコンの温度調節を変えている。やっぱり東南アジアなんだな, という瞬間です。今日の夕暮れはいったいどこで見るのやら・・・。

posted by kuchida at : 09:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月19日

バンコクに到着。

[]

@bangkok ■成田から7時間でバンコクに到着。ホテルはバンコク中央の北西部あたり。
■初日から大衆食堂は少々勇気がいったので,映画館が入っているビルのフードコートにてタイ料理をいただきました。 フードコートは前金で金券を買って後で返金できると本に書いてあったので,それを利用しました。それでも尚, 食券売り場以外は英語が全く通じずに少々参りました。
■その後,戦勝モニュメントを見に行ったところ,あたりは非常に多くの人が行き交う場所で大変な活気でした。あぁ東南アジアだな, と思いました。

posted by kuchida at : 20:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月22日

11時発日光行き,帰宅は19時。

[]

@kirifuri, ozasa
今日はさてどこかに行こうと家を11時過ぎに出発。そうこう話している間に13時前には日光駅前に到着してラーメン屋で「新婚さんいらっしゃい」を見ながらランチ。その後,中禅寺湖へと上ろうと思ったが随分と渋滞していたので,路線変更して霧降高原の大笹牧場へ。
■すると駐車場には「旧車会」の面々が200台近く大集合。ずーっと静かにオフ会を楽しむような雰囲気だったが,15時前にどこともなく始まった爆音が駐車場に拡がり,各チームごとという感じで駐車場を後に大行列で走り去っていきました。元バイク乗りとしてはマフラーの爆音は心地よく楽しめました。

posted by kuchida at : 20:58 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年09月27日

札幌へ日帰り出張。

[]

@sapporo ■代休の月曜日にメールレベルで発生した札幌日帰り出張。昨日, あわてて準備した内容を元に今日は札幌まで。
■以前,妻がつとめていた病院のもう少し西にある円山公園そばの某協会まで行ってきました(今は新千歳空港にて)。
■春先に電話での質疑に答えて真摯に情報提供していた内容が知らないうちに客先で一人歩きしていたようで, 気がつけば大型予算にのり5千万円近くを使ってもらえるとのことでした。営業とは面白い仕事だな,と感じます。
■その後,早くに仕事が終わったので,妻の妹が働く札幌東急デパートのsibillaにいき妻へのおみやげ(スカート)を購入してきました。 感じのいい服がたくさんでしたが,妻の体型(サイズ)がわからずに少し困った私であった・・・。

posted by kuchida at : 17:51 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年09月02日

足利へドライブ

[]

@gyoudouzanシトロエンC5にて栃木県足利市にある行道山の浄因寺へ。東北道では相変わらずの70km/h巡航,随分と抜かれましたが,エンジのC5にも抜かれました。ちなみに今日の燃費は12.5km/l。加えて館林のENEOSのセルフでの単価はさいたま界隈よりも10円も安かったのでお得な気分。
■さて,浄因寺では長い階段と軽い山道を息子と歩いたりおぶったりしながら見晴台まで。久しぶりのいい運動でした。静かな山道でした。
■その後,名草の釣堀センターでニジマスを5匹釣りあげ炭火焼きにしてもらいました(写真は後日)。入れ食い状態だったので,息子も妻も綺麗で大きなニジマスを釣り上げていました。食後に名草の巨石群を散歩した後,帰宅。
■いろんな気持ちが吹っ切れている最近なので,大変リラックスした楽しい土曜日でした・・・
■写真は浄因寺での眺め(紅葉の頃は綺麗だろうなぁ。)
 

posted by kuchida at : 19:35 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年08月19日

one week holiday.

[]

sun flower in Tokachi1週間の夏休み。8/12から8/19まで妻の故郷がある北海道へと旅していました。
まずは新千歳から特急電車に揺られて新得へ。妻の母方の親戚が待つ十勝清水の大お婆ちゃんちへ。最寄りの町営温泉フロイデなどに行きつつ旧友に再会したりしながら2泊。
■その後,友達が予約してくれたレンタカーで十勝平野を越えて襟裳岬へ。そして静内温泉で1泊。vitzの燃費は18km/l。大したものだ。
■残りは苫小牧にある義父母の家で4泊。
■これから半年,どんな風に過ごすかをよく考えた一週間であった。

posted by kuchida at : 19:09 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年08月09日

お盆に北海道へ。

[]

@nara ■お盆休み,苫小牧に帰省している妻子を迎えに行こうと思ったら, 8/12,13は十勝のおばあちゃんちに行くとのこと。僕もそこへ行こうと思う。
■しかし,お盆連休初日の8/12の飛行機は予約できず,新千歳,とかち清水,旭川,釧路行きのキャンセル待ち中。
■とりあえず新千歳行きはとれたが,そこから新得までのJRも混んでいるのだろうなぁ。いずれにせよ, 北海道に着けるのだからどうにかなるだろう。

posted by kuchida at : 23:39 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年08月01日

今日の食卓。

[]

車窓より(湯沢付近) ■今日は金沢からほくほく線,上越新幹線経由で帰京。 トンネルばかりの旅路であった(写真は湯沢近辺,山並みが水墨画のようで綺麗であった)。
■仕事が終わり,今夜は久しぶりに我が家へ。妻と息子は帰省しているので一人の食卓。出張後の洗濯やいろいろがあるので, 今日は料理をせずに総菜コーナーの寿司を購入。その他,椎茸やニンニクや果物を買ってきたので,また料理を楽しみたいな,と思います。
■さて,今朝はベビースターラーメンを半袋ほど食べてから何も食べていませんでした。夏ばてというわけではなく, 駅弁や外食を食べたくない気持ちがあるので,結果としてそうなってしまっていましたが,健康に悪いので前記の寿司を買ったのでした。その他, 総菜コーナーの脂っこいモノは食べたくありませんから。

posted by kuchida at : 21:28 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年07月31日

明日は帰京。

[]

@kenrokuen ■1週間の奈良出張,そして週末をはさんでの金沢出張も今夜で終わり。明日は帰京。 また世知辛い世俗に帰ると思うと憂鬱です。
■妻と息子は,帰京した北海道でのんびりと過ごしているようで,それはうらやましく,うれしい出来事です。
■今日は会社の若き同僚と居酒屋に。しかし僕は酒を飲む気はないので,ウーロン茶,サイダー,パフェを頼みつつ, 枝豆や刺身や揚げ出し豆腐を食べていました。食い合わせが悪いかな?

posted by kuchida at : 23:22 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年07月30日

石川で知るサラ・ボーン。

[]

@kanazawa ■今日は簡単な仕事で石川県厚生年金会館へ。 すると綾戸智絵のコンサートがあるとのことで行こうかと思ったのですが,場所が変更になっており,またチケットは7千円。 後で知ったことですが既にsold out。縁がなかったのでしょう。
■タクシーの運転手さんとそんな話になったのですが,Old Jazzのファンということで'50-'60年後半を聞くとのことで, ColtraneやSarah Vaughanの話を尋ねたらSarahVaughanの大ファンとのことで,昔はライブにも行ったそうで, 何とタクシーのブローブボックスにはCDも入っていて,休憩中にwalkmanで聞くのだそうです。
■おすすめアルバムということでafter hoursを紹介されたので,iTunesで調べましたが取り扱いなし。 Amazonでusedを注文しました。来週末はそれを楽しもうと思います。

posted by kuchida at : 17:02 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年07月29日

北國花火大会。

[]

fire works■今朝の珈琲屋,バスの中,信号待ちなどで聞こえてきた「今夜の花火大会大丈夫かなぁ?」という話。
■ホテルの新聞紙を見ると北國新聞社主催の花火大会があるようだったので,地図で見ると微妙に部屋からは見られなそうな場所でしたが, 何とホテルからばっちり見えました。
■しかし,問題は風向き。ちょうど花火からこちらに風が吹いているようでほとんど見えませんでした。トホホ。
■夕飯を食べに出たら,浴衣姿の子がたくさん。みな行ったのでしょう,きっと。

posted by kuchida at : 20:24 | コメント (2) | トラックバック (0)

金沢路。

[]

@kanazawajo■土砂降りだった金沢の朝,トボトボと近所のコインランドリに向かい洗濯物の乾燥を30分。
■その足で「オールド・コーヒー」と銘打つ珈琲屋に行ったが,今ひとつ。
■ホテルに帰って午前中は仕事(来週のプレゼン資料作成など)をしていました。
■そうこうすると外の雨はやみ,そして時に日差しも差し始めたので,街に出かけることにしました。
■バスで金沢城公園の下まで行き,城跡経由で兼六園へ。
■兼六園に行くのは13年ぶり。昔はもっと大きく感じた公園も,今日は狭く感じました。そう言えば, 奈良から金沢までも随分近くに感じました。
@kenrokuen■思えば,学生時代にすんでいた弘前から兼六園まではバイクで丸2日半かかったことを思い出しつつ, その後の僕は地球の裏側(チリ)にも行き,南極大陸とオーストラリア大陸を除く4大陸(北南米,ユーラシア,アフリカ)を訪れ, 随分と見聞を広めたんだなぁと思いました。そうするといろいろな物事が小さく見えるようになったのかもしれません。
■しかしながらの兼六園。水にあふれた土や草,美しいまでの木々や考え抜かれたレイアウトを見るに, 歴史と由緒とかけられてきたお金を感じずにはいられませんでした。
■それにしても金沢・・・どこに行っても設備が行き届いており,随分と近代的街作りにお金をかけているなと感じました。

posted by kuchida at : 16:10 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年07月28日

金沢駅。

[]

@kanazawa■ずいぶんと久しぶりに金沢へ。10歳,21歳,24歳,そして38歳で金沢に立つこととなりました。
■駅前のバスターミナルはガラス張りになっていて,午後イチは凄く天気が良かったのに,夕方には雲行きが怪しくなり, 今はすっかりと雨降りです。
■明日は兼六園でも行こうかと思っていたのですが,風雨が強いのでやめようかな?
■今日の午後は,ホテルの部屋で仕事をしていました。その他,懸案事項だったYシャツのクリーニングをだしに近所を散策。 駅前はなーんにもない街でした。

posted by kuchida at : 21:08 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年07月27日

奈良で迎える夏。

[]

@nara■今日はもう梅雨が明けたような天気だった。随分遠くには入道雲もあり, 少し湿っていたがすっかり夏らしさでいっぱいの空気だった。
■奈良での仕事は今日で終わり。明日は金沢へ移動。
■何よりの心配は洗濯物。着替えは2日分で洗濯込みで6日分を使い回そうと思っていたのですが,湿った奈良では洗濯物はなかなか乾かないし, 出張期間が4日間も増えてしまったし。一番の問題はYシャツなので,金沢ではもう十数年ぶりになるクリーニングでも出そうかと思っています。

posted by kuchida at : 21:20 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年07月25日

23年ぶりの東大寺。

[]

@todaiji■今日は仕事の合間を縫って東大寺に大仏さんを見に行きました。
■日曜日以来ずっと梅雨空で,写真の青空の10分前にも急な通り雨がやってきて雨宿りしていたのですが, それを最後に青空がのぞき始めました。そして,綺麗な夏空がやってきました。
■東大寺に来るのは23年も前の15歳の春の修学旅行。記憶は何にもありません。本当にここにきたのは2回目なのだろうか?
■学会はいい感じで進んでおり,種々の情報取得もできているし,世界の現実を見ることもできるし,ビジネスの仕方も考えることができるし, いい時間です。
■来週月曜日には金沢で別の国際(pacific)会議がありますが,それにも出動要請がかかったので,はて,一度帰京しようか? そのまま金沢に行こうか?考え中です。

posted by kuchida at : 21:29 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年04月30日

Lauwry's at chicago

[]

night life@chicago■シカゴの最後の夜は,リブの老舗(?)であるLawry'sにてその時間を過ごしました。 メニューにTokyoの文字があったので調べてみたら,赤坂にもあるようでしたが,結婚式場のようでありました。 きっと祝福とリブで胸と腹が一杯になるような結婚式を挙げられることでしょう。
■その後,無事に帰国し,帰宅しまして,明日から5/7までは連休!と思っていましたが,Presidentから 「5/2は悪いけど何とか頼む」というメールがあるので,出社してあげようと思います。
■しかし,その主たる案件とは,おそらく特注品の短納期を要望している営業マンとのミーティングでしょうから憂鬱です。 種々の社会でのgive & takeやwin-winの本質を置き去りにする人で,「結局あんたが勝ちたいんでしょ?」 というタイプの営業マンなので僕は苦手(嫌い?)です。
■愚痴はこの辺にして,帰りのUnitedは窓際だったのですが,「一体何年ぶりだろう?」と振り返っています。 久しぶりにアラスカやアリューシャンの凍て付く流氷(?)を見ることができました。また,明日以降に紹介したいと思います。

posted by kuchida at : 20:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年04月29日

仕事も完了。

[]

@chicago■今日で無事に仕事は終わり。3度目の正直で,プロトタイプを受け取ってもらいました。 ここに至るまでの道のりが長かったですが,ようやくスタートポイントに立てたところだと思うので, もっとこの案件に時間を費やして過ごしたいモノです。
■しかし,そうは出来ないのが仕事というモノで,帰国後&GW後は忙しくなりそうです。物事を判断しなくなった上長の下で, 特注品ばかりに精を出す営業スタッフの相手をするのは本当に疲れます。
■仕事の一区切りには,ゆっくりと穏やかな気持ちで過ごしたいモノですが,なかなかそうはいかないものです。
■明日は,午後の便(UNITED)で成田まで14時間近く・・・。これまた憂鬱な半日です。

posted by kuchida at : 12:32 | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年04月27日

@chicago

[]

@john hancock center■12時間の長旅を経てシカゴへ。ボーイング777の席は5列席の端から2番目。 当初は5列のど真ん中だったので少しはマシでしたが,隣は気がよさそうとはいえ極度の酔っぱらい。もたれかかってくるので, ヤツの向こう側のアメリカ人のおばさんと僕とで何度もヤツをキャッチボールしたことか・・・。
■映画はナルニア王国を見ましたが,夢と冒険と兄弟愛のいい映画でした。映画に疎い私ですが,日本では相応に流行っているのでしょうか?
■午後,時間があったので,1年ぶり(シカゴ自体は2ヶ月半ぶりですが)のミシガン湖畔へと散策し,サンドイッチを食べてきました。 電波時計の時刻あわせを試しましたが,電波はキャッチするモノの時刻整合までには至らず・・・残念。
■その後,John Hancock Center(展望台)に登りシカゴの街を眺めてきました。明日あたりは, 展望台ではなくcafe(どんなとこかな?)の方に行ってみようと思います。

posted by kuchida at : 05:54 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年04月26日

@narita

[]

■昨日は成田駅前のUシティホテルに宿泊。低反発枕がある部屋に泊まりましたが,その枕がとても低くて, よく眠れたと言えばそうですが,ちょっと物足りないと言えばやはりそうかもしれません。
■禁煙階である5Fに宿泊しましたが,部屋の外での中国人団体の会話がうるさかったのが気になりましたが, 夜はずっと静かだったのでまぁ良しとすべきか?電波時計の方は,電波ノイズが少ないせいか,深夜に正常受信していました。
■早々に成田空港に到着するも,Unitedのゲートが開くまでまだあと1時間弱。早すぎました。かといってホテルの部屋で二度寝, 三度寝ができるわけもなく,仕方ない体質でしょう。
■成田空港のワイヤレス・インターネットは,以前は1000円弱で数時間だったと記憶しているのですが, 今使っているのは24時間で500円。それなら安いと思います。
■搭乗まではまだかなりあるし,skypeも含めて利用しようと思います。
■そう言えば昨日,さくらや時計修理センター(?)みたいなところから電話がありました。止まっていた腕時計SEIKO/DOLCEの件です。潤滑油切れとのことで歯車が回らず,電圧低下していたとのことでした。分解掃除代15,000円から半年前に交換した電池代3千円弱を差し引いた12千円余りが費用だそうで,何と!1ヶ月ほどの時間がかかるそうです。時計修理とは気の長い話です。裏蓋あけて油を差す,という類ではないのでしょうか???

posted by kuchida at : 12:08 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年04月19日

成田のホテルほか。

[]

@akigase■来週はまたシカゴへ行くと言うことで,徐々に旅の準備を。
■火曜の夜は成田のホテルに泊まろうと思い,U-シティホテルを予約しました。前回の出張でも利用しましたが, 成田駅から徒歩5分ほどのところ。しかし,成田駅周辺は,晩飯を食べるのに良いところがないのが最悪です。旅路につく前日, もう少し身体に優しくて美味しいものを食べたいのですが・・・
■往復の航空機は格安のUAですが,それでも諸経費込みで17万円弱。決して安くはありません。以前ならば8万円弱でも行けたのに。
■現地のホテルは,先方お勧めのAllerton Crowne Plaza Chicago Hotel (2回目)。シカゴの摩天楼を飾るクラシックな高層ビルの一つで,通常だと一泊約220ドルですが, 割引で150ドルほどで泊まれます。ダウンタウンのほぼ中心に位置しており,ミシガン湖も歩いて10分ほどでいい感じです。楽しみ!

posted by kuchida at : 20:06 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年04月11日

chigago again シカゴ・アゲイン。

[]

@akigase■今月中に再度chicagoに行くことになりそうです。 現地2日間だけのシカゴ往復は疲れそうなので,もう1カ所どこか行こうかと思い,メール問い合わせ中です。
■もう一つのメーカーがある州は"MA"とは認識していましたが,それがマサチューセッツ州であることはこれを書きながら調べていて初めて知りました。 米国から大西洋を見るのは初めてなので,行けたらいいなぁ,と思います。実現できれば,日本から東回りの旅行の最長不倒!

posted by kuchida at : 20:32 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年02月06日

シカゴの市内散策。寒っ!

[]

64c83b3c.JPG晴れ渡る朝。しかし,気温はマイナス数度。少しシカゴの街を散策してきました。
去年も多少歩いているので,だいたいどこがどうかが分かるようになっているのですが,結局のところ当てなくただ歩いてきました。
去年に続き,またミシガン湖岸まで行こうかと思いましたが,風が冷たくて,湖岸の状態を思うと・・・断念しました。また,髪でも切ろうかと思って何軒かをリストアップして行ったのですが,日曜日はお休み,または大混雑ということでそちらも・・・断念しました。
そういえばCDショップVerginにも立ち寄りましたが,JazzコーナーでColtraneを覗いてみたら見たことがないCDがたくさんありました。ふと大人買いしようかとも思いましたが,旅先の浪費に泣かないために我慢しました。結局,スーパーマーケットで多少の買い物(水,アロマ,毒々しいフルーツジュースほか)をして帰ってきました。
米国での観光はこれにてお終い。明日,明後日と客先での業務をすませたら水曜日にはいよいよ帰国です。

posted by kuchida at : 03:21 | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年02月05日

シカゴ科学産業博物館へ。

[]

31333f6c.JPG今日はお休みを頂きシカゴ科学産業博物館Museum of Science and Industryに連れて行ってもらいました。シカゴのダウンタウンからはタクシーで20分ほどで20ドル程度の距離です。
科学の基礎からエネルギー,鉄道,航空機,宇宙,農業,工業,原子力発電などの応用に至るまでの展示が,広く,そして分かり易く展示されていました。また,どこにおいてもボタンを押すと動き出す展示が多くこちらの子供も大人も興味深く遊んでいました。川口のSKIPシティの方が洗練されていますが,こちらの方が広くクラシカルと言う印象です。
一番の目玉かどうかは解りませんが,第二次世界大戦中に拿捕したUボートが展示されていました。70mほどの全長がありますが,さすがに潜水艦も初めてならばUボートも初めて見たと言うことで少し興奮しました。
その他,曲面大スクリーンに投影される自然映画を見ました。テーマはOcean Oasisということでカリフォルニアのバハ半島を舞台にした海や陸の生態でしたが,眼鏡の視野よりもスクリーンが広いので,僕は首を振りながら見ていました。このような場合には,コンタクトにしておかないと楽しめない,と思いました。
その他の展示物で印象に残ったものは・・・
・今までに見たことがないほど大きな鉄道のジオラマ
・アポロの帰還カプセル
・月の石
・スピリットオブアメリカ号(マッハに挑戦したジェットエンジン自動車)
・フーコー振り子(地球の自転を証明する振子)
・スターウォーズの兵隊のコスチュームのスタッフ(客と喋っているのが滑稽)
※リクエストがあれば写真をアップいたします。
・・・そして帰路につく頃,シカゴは小雪が舞い始めました。

posted by kuchida at : 07:23 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日

北陸から無事帰京&現代のアフィリエイト事情

[]

人気blogランキングに挑戦中。クリック宜しくお願いします!


5ba48979.jpg昨日は結局一苦労で,福井から小松空港経由で帰京しました。インターネット予約したJAL便は結局欠航のようでしたが,私はANA便に振り替えての帰京でした。しかし,除雪作業と機体整備で3時間近く遅れての出発でした。それにしても北陸本線は今朝まで不通が続いていたようなので航空便に変更した判断は正しかったようです。
その中での収穫としては,小松空港の2階の麺レストランで食べたシナそば(ラーメン)が旨い昔ながらのラーメンだったことです。久しぶりにスープまで飲み干してしまいました。お勧めです!
さて,今し方Yahoo!ニュースを見ると,アフィリエイトマーケティング協会による調査結果(調査対象は約1万人)が出ていました。
それによると・・・
(1)アフィリエイトの認知度は60%以上
(2)既にアフィリエイターである人は8.6%(これ私が計算した結果)
(3)そのアフィリエイターの約90%は経験が2年未満であり約60%はブログを利用。
(4)そのアフィリエイターの収入は約70%が1000円未満で,月1万円以上は6%弱。
とのことでした。
月1万円以上の確率を計算すると,調査母数の何と0.5%しかしません。200人に一人がそうしたお小遣い稼ぎができていると言うことです。僕の中学校は5クラスで約200人でしたので,学年一番の高成績を取るとか,学年一番の短距離走者といった感覚なんだと思います。学年10番くらいまでは努力の成果でたどり着けると思いますが,学年1番は才能と努力と要領が必要だと思います。私も目標をしっかりと定めた上で,それを実現するためのプランとスケジュールが必要だと気づくきっかけになりました。
しかし,本気でアフィリエイトに力を入れるとしたら,相応の覚悟が居るからなぁ?とも思っています。それは学年1番という意味だけではなく,Amazonで買った3冊の本を読んでも,一朝一夕,努力なしでお金を稼いでいる人はやはり居なかったからです。「お金」という評価は,やはり努力した結果というのが妥当なところだと思った次第です。

■写真は昨日の福井のバスターミナル前。

posted by kuchida at : 19:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月13日

国内格安航空券

[]

人気blogランキングに挑戦中。クリック宜しくお願いします!


1aeb9083.JPG今日は仕事で福井へ。いつも通りに米原経由で新幹線と在来線特急で行きますが,ふと格安航空券を見ると小松空港往復が26,700円。福井へのバス代を考えてもほぼトントン。乗車時間が少ない飛行機の方が「時間」という価値の分だけお得です。
妻の実家にいくとした場合の千歳往復も29,200円で安い!と思いきや,さすがに年末年始は73,700円。それはドル箱路線故に致し方ないか?などと思ったのですが,よくよく調べると通常の片道料金の30,700円の2倍よりも高価?!これはそういうチケットは売りたくないという金額か?
しかし,年末年始やGWを除く通常期の割引という点ではとてもリーズナブルなサイトであり,次回以降の小松往復や千歳往復は使ってみようか?と思うのであった。

■写真はスイスでの移動中の景色。

posted by kuchida at : 12:06 | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月11日

平林寺へ。ちと寒い。

[]

人気blogランキングに挑戦中。クリック宜しくお願いします!


7b547ef3.JPG今日はお寒い中,埼玉県新座市にある平林寺に行ってきました。平林寺を取り囲む広い雑木林の中を散策できますが,寒空の下,人影はまばらで,すれ違うと言えば立派なカメラを持ったご老人たちばかりでした(良いカメラがちと羨ましい)。
都心のカラスの多くはこの雑木林に夜の住まいを持っているそうで,都心まで通勤しているそうです。そういえば,先日川越城に行ったときに城跡見学しましたが,江戸時代から当主は江戸で働いていたそうで,今も昔も,そして人もカラスも,「埼玉都民」である場合が多いようです。
写真の方は,スケッチブックを膝に絵画を楽しんでいるようでした。その他,うちの妻は「押し花用」といいつつ紅葉の葉を見繕っていました。1時間ほどの散策を楽しみ,風に揺れる赤や黄色の葉を見ながら自然を感じていました。
そして,ランチは平林寺の正門の前のうどん屋へ。看板娘らしきバイトの子が小さくて可愛かったですが,昔から変わらない味と思われるうどん(僕の分),そば(妻子の分)は冷えた身体にしみこみおいしかったです。
食していると,近所(取引先?)のおばさんがお歳暮を持って店にやってきました。かなり大きめの箱二つ。妻曰く「古き良き日本の伝統の景色だ」とのこと。配達でもなく,妙に飾るでもなくのお歳暮贈答は確かにその通りの風情がありました。
また,次の季節にあの景色,自然,風情を楽しみに平林寺に行きたいと思います。

posted by kuchida at : 14:34 | コメント (0) | トラックバック (0)

1968年07月06日

自己紹介。

2008111803誕生は1968年7月6日の申年の蟹座。これに加えてB型Rh+で金曜日生まれと言うことで,類型好きの方からすると私の在り方が見えてこようかと思います。
埼玉県南に生まれ育ち,大学時代の4年間を過ごした青森県弘前市以外は埼玉県在住ということで埼玉県在住歴は41年以上です。

続きを読む "自己紹介。"

posted by kuchida at : 05:30 | コメント (0)