2013年10月09日

冬への道。

Img 0221夏の戻りのような毎日でじとっとイヤな汗をかく日々である。もうそこまで来ていた秋は少し遠のき、名残の暑さがやってきているようである。歓談の振幅が収まった頃、冬がそこにいるということなのだろう。
■今日からコーチングセッションが始まり、導入を受けたが、旧知の仲だけに盛り上がりに欠ける60分であった。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。