2013年07月08日

真夏の始まり。

2009091732昨夜は熱帯夜で暑く、蓄熱した瓦屋根の下の、そして横の我が床は寝られたものではなく、寝付けない昨夜であった。大いびきの妻子が羨ましい。
■今朝は陽が昇り湿度が下がると心地よい夏の朝ではあったが、夕立で濡れた街は蒸し暑く、帰宅しての自宅もまた蒸し風呂のようである。10余年前まではこれが当たり前の中に居たのだから、マンション住まいとはありがたいものだったなと振り返る。
■息子のハムスターはこの暑さの中で良く堪え忍んでいる。それに負けないように僕も居ようと思う。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。