2013年06月16日

施主多忙。

R1033944大粒の雨の朝、母と二人で裏の寺院に向かい、お坊さんと戒名に関する打ち合わせ。ナカナカの金額であるが、トップに登り詰めた父を思い、それに決断する。
その後は小休憩を挟みながらの5時間程の葬儀社との打ち合わせ。学校教育関係者のご会葬が多そうで、金額も大変なモノである。
■姉の希望もあり、父の写真のいくつかを飾ることになり、車庫に山ほどの写真の中から幾つかを甥っ子達とセレクト。故人を偲ぶ楽しい時間であった。
■さて、明日からは忌引き休暇の始まりだが、施主は多忙である。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。