2012年12月05日

空虚な誉れ。

2012120216課長同期との集合研修も第4回目。誉れの言葉をいくつも宣言してもらえてやりがいを感じられる瞬間である。しかしそれは研修中のことであり、誰も僕の実務を知らない。それが少々虚しく思う酔いどれである。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。