2012年07月14日

週末のこの感じ。

617020111明け方に目を覚ますと真っ暗な中で大粒の雨が降っていた。どこにも行けないなと思い、課長研修の課題図書を読み終え、ワークシートを埋めていた。5時を過ぎると雨は止み、低く明るい灰色の空が流れ始めていた。それを見ていたら眠たくなり二度寝で7時半起き。
■4ヶ月にわたる入院からようやく昨日に退院した父を見舞いに実家に行く。確かに元気になっており、店屋物の天ぷら蕎麦もペロリと食べていた。しかし、その足取りと老いは、弱り切った81歳のそれであった。
午後から息子は柔道へ。僕はRNC7で土手を流しに行くが、R500はどうにも重たく進まずで心が萎えて31kmの帰還。このへたれ切ったスタミナは何だろうか。ブランク故か。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。