2012年06月24日

@菊川からの帰路。


姉の嫁ぎ先の父の通夜の帰り道。明日も葬儀だが、「嫁の弟」ということで随分可愛がってもらった。偲ぶ想いがある葬儀である。10年ぶり程で会う、僕にそっくりの甥っ子ももう三十路だが、彼は年老いていなかった。歳月の流れを感じない一晩だったな。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。