2011年04月09日

それは「新興」である。

Imgp1105春なのに閉塞感がある世相に刹那を思う。今日は目黒に向かい、311 World reactionの国内長期マクロ分析のワークショップに参加してきた。
■短期的な経済活動は振れ幅が大きく長短があり、中期的には被災に学ぶ新しい仕組みへづくりが始まるだろう。また、物質社会や貨幣価値基準は人の心やプライスレス価値に重心が移り、安全・安心への期待値がより高くなるだろう。中長期的な「復興」は元に戻るという定義ではなく、従来型のモデルには当てはまらないで新しいところに向かう「新興」になるだろう。新規格の21世紀型社会となるかもしれない震災後の日本型社会が漠然と見えてきた。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。