2011年03月17日

夢から覚めた。

Imgp1117月夜の晩、住宅街はブラックアウト。ここに住み始めて7年間で初めての景色である。県北からの帰途、1カ所のガソリンスタンド渋滞があった以外は比較的空いていたが、自宅に近づくと徐々にバイパス沿いが暗くなり始め、バイパスを左折すると信号も真っ暗で警官が交通整理をしていた。そして、今まで見たことがない真っ暗な道を数百mで自宅に着いた。
Imgp1116■月は煌々とあたりを照らしていたが、マンション内の非常階段は真っ暗で、今週は持ち歩いているヘッドランプがなければアザか擦り傷を作っていただろう。
Imgp1120■帰宅すると、先日自作したW650のウインカーランプが部屋を柔らかく照らし、一昔前に義父が妻にくれたという手回しラジオのFMを妻子が聞いていた。食事を終え、息子が床に就き、ヘッドランプを天井にかけた風呂を出る直前に停電が回復した。
■何かの夢から覚めたような文明を感じた。この感覚は約1ヶ月のキャンプ生活からもどったウランバートルのホテルの夜の感覚と似ている。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。