2011年02月24日

勇気を持って立ち向かう。

Pa101970今日の大谷と言えば「足が痛いから馬になってくれ」とのことらしく、息子は応じたらしい。そして帰宅して「今日はいいことをした」と妻に話したと言うのだからお人好しにも程がある。しかし、息子も大谷の仕業の本当の意味をしっかりと理解しているようだ。嫌な気持ちにフタをしているのだろう。
■明日、息子は大谷を否定し、大柄な身体で文句を言われたときに立ち向かえるだろうか?息子には「勇気」とは何かを教えた。それは「立ち向かう力」であり、息子にはそれが強くあることを。息子よ、明日は勇気を持って立ち向かってこい!
■昨日は反撃した大島は今日は何もしなかったそうで、効果があったように見受けられる。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。