2010年06月17日

壁を壊してくれ。

Imgp0695今日は二つの事業所で仕事をした。
■一つ目は、若輩くんへのB2Bマーケティングの手法とメンタルのアドバイスで、彼の心の壁が少しでも下がれば、その業務は達成されるであろう内容だった。
■もう一つは、新規事業創出に必要な生産体制への提起だったが、そちらは既得権益&責任への全うが従来指向の凝り塊であり、前職の鉱山会社の会長が執筆した「壁を壊す」を熟読して欲しいと心から思った。その強い責任感に未来志向があれば、それは心強いのだから。
■ターミナル駅では、「ちょっとだけ飲んでいこう」という輩が、またその嘘をついていた。いつもそれを信じて数時間を過ごす羽目になり、かつ飲みたくもない少量のアルコールを割り勘扱いにされる愚痴の言い合いはもうたくさん。帰途こそ幸せへの道だ。しかし、明日は宴会の司会。これまた憂鬱な時間だ。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。