2010年06月07日

写真と思い出はキレイです。

P5293191この湾が、二十四の瞳の舞台となった向こうとこちらで、分教場は写真の左側の岬づたいを行ったところにある。小豆島ではスーパーカブでヒラヒラと走っていたが、カラー写真はE-620とNikkor 50mm F1.4 (100mm相当)で、モノクロ写真はIkonta 520のTessar 7cm F3.5。
2010060518-1あの楽しみが夢のような世界にいると感じるのは、口べたではなく喋る気がない同僚と付き合わなければならない世界にいるからだろう。あの出来映えで多額の残業代と二重取りの交通費と高額なボーナスをもらっていると思うと、本当に胸くそ悪い・・・おっと、汚い言葉はこの景色には無縁だな。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。