2010年06月26日

クロスで熊谷まで111km。

120843259アルコール摂取でやや覚醒気味の6時間余の睡眠を経て5時半起きで6時に出発。荒川CRを北上して熊谷市の押切橋までの往復111kmをBianchi Cieloで走破してきた。諸々の休憩込みで6時間なので、クロスバイクとしてはそんなもんだろうと思う。
Imgp0243■ロードバイクを買いたいという衝動が常々あった。サイクリングロードではロードバイクに音も立てずに抜かれるし、重たいボディに32Cのタイヤは抵抗が大きいし、緩衝器付きのフロントは加速時に確かにエネルギーロスを感じるし。しかし、こうして100kmツーリングができるようになってくると、6時間の行程が4時間になることへの期待はそんなにないし、かといって土手を離れて(危険な)一般道路を長距離走るつもりもないし、競技に出ない限りはロードバイクは不要のように思えてきた。
Imgp0377■土手界隈を走っていると、砂利道を走ったり段差を越えたりすることも結構あるが、サス付きフォークだからこその安堵感や楽ちん感は、最廉価なCIELOならではだろう。
■今、僕はこのクロスバイクと末永く付き合いたいと思っているが、タイヤを25Cにすべきか否かの判断ができずにいる。「適当に乗れる」メリットを減じて、もう数段高いギアで見通しの良い直線を速く流せることを手に入れるべきだろうか?悩みが尽きないのは、これが「クロスxxx」というどちらつかずのコンセプトの自転車だからなのだろう。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。