2010年05月19日

リアリティ。

R2065672久しぶりの事業所勤務だったが、「待ちぼうけ」という言葉がピタリとはまる一日だった。リスケジューリングして今月の業績を残せるように仕事の駒を進めていこうと思う。
■週末に2冊の本を買った。「あぁ野麦峠」と「二十四の瞳」。前者は先日のツーリングで富岡を通り過ぎた際の気付きであり、後者は来週末の西国に向けての準備だ。
■いずれも明治から昭和初期にかけてのあれこれであり、歴史に浅学な僕としては興味深い。会社から与えられている管理職向け教本の古い情報に基づく詰め込みよりも遙かにリアリティがある話だ。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。