2010年05月30日

小豆島 in Saturday。

Imgp0598今朝は肌寒い曇り空を迎えているさいたまだが、昨日の小豆島は気温が低めなものの眩しい晴天だった。スーパーカブに半キャップで一日ツーリング(100km、6時間、55 km/l)していたので、日焼けした頬と首筋の火照りが昨日を思い出させる。旅の経験値がまた一つ上がったことを嬉しく思う。
P5293200スーパーカブは20年ぶりの乗車だったが、あのコーナリング時のヒラヒラ感はどんなコーナーでも曲がれてしまいそうだ。ロータリーミッションも直ぐに感覚を思い出したが、小豆島の峠越えはパワー不足で牛歩のごときだったが、下りは車体を揺らしながら速度が随分と上がっていた。
P5293223寒霞渓では星が城神社までの1時間余の登山もしてきた。
■小豆島での時間は、海あり、山あり、棚田あり、オリーブ畑ありで楽しいツーリングだった。それが間違いなく高いレベルの極大値ではあるのだが、最大値と言えるようなクライマックスに欠けていたのは何故だろうか?自分の感動感度(impressive sensitivity)が低下してしまったのだろうか。
いずれにせよ、未知なる場所での見聞は経験値を上げたことに間違いはなく、幸せな時間であったことにも間違いがない。この機会をありがとう。
Shodoshimawithcab


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。