2010年01月07日

あたたかな涙。

Pa112045今日も高熱を解熱剤で低下させる闘いで,39.4℃と39.1℃の2回のピークで一日を終えそうだ。昨日は半日で2回のピークだったので,ウィルスの勢力が弱まっていると言うことだろうか?しかし,熱が最高潮に達するときのあの寒気は実に恐ろしい。
■今日は今年初めての愛読書「週間モーニング」を入手したが,うえやまとち作の「クッキングパパ」を読んであたたかな涙を堪えることができなかった。うちの父はまだ78歳だから漫画のようにはならないが,愛ある人生を全うした「老い」の一つの理想形なんではないかと思う。久しぶりに切り抜いての保存版としたいと思う。
■今までに切り抜いた漫画作品が一つある。それは伊藤静作の「49 Days」という短編で,もう何年も前の作品だ。久しぶりにそれを読み返すとあふれる涙は変わらないが,画風に見覚えがあると思ったら,モーニング連載中の「なんじゃもんじゃ」の作者であった。いずれの作品も家族のはかなく切ない絆を描いた作品であり,作者の世界観の素晴らしさがあるのだろう。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。