2009年12月12日

冬のW650ツーリング!

R1034929今日は最高気温が19℃と暖かになりそうだったのでW650でツーリングに行くことに決めていた。「晩秋を感じる旅」ということで,関越道の沼田から金精峠を越えて東北道で帰ってくる計画だった。
■小雨が残る6時過ぎに浦和を出発して10時前には日本ロマンチック街道を東進し,思ったよりも立派だった吹割の滝を散歩したりしながら初冬の風情の沼田・片品路を楽しんでいた。標高が上がるにつれて路肩の雪が気になるものの進んでいったら・・・
Pc122272■すっかりと雪道になってしまい,仕方なくUターン。積雪路で大型二輪のUターン自体が気が気でなかったが,ひたすら上ってきた道を,今度はひたすら下り続けた。雪が消えたところで温泉に浸かり体幹から末端までの体温を上昇させ,きのこそばを頂き,さらに下山した。
Pc122284■その後,赤城山を越えて南下しようとしたが,赤城山北麓からの上り道も標高が上がるにつれて積雪や滑り止めの砂が増えてきて,標高1,400m強のところでまたまたUターン。一日に2度もツーリングルートをUターンで引き返すのは初めてだ。
■今日はたまたま最高気温が20℃近くなると言う日だったが,山の景色はやはり12月のそれ。「今日だからこそ行けた」と考えることもできるが,「やはり12月のツーリングは房総方面が良かったか?」と振り返るのであった。雪道がやばそうな時,麓の路肩の残雪量があるときは,早々に引き返すのが良いと学んだ一日だった。
Pc122298■冬至まであと10日弱の今日の日の入りは,関越道から16時過ぎに拝んでいた。帰宅は17時だったが,羽根倉橋の脇から富士山が見えたので帰宅前の最後の撮影をして帰ってきた。
■W650の燃費は30km/l超え。ジェベルの35km/lも凄いが排気量を考えるとこれまた大したモノだ。
■何はともあれ,とても幸せな冬の日だった。大自然よ,W6よ,妻よ,息子よ,ありがとう。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。