2009年08月19日

35DC現像しました。

2009081917今日は息子の夕涼会で,仕事も一段落・・・ということにして1/4休暇で早々に帰宅。ついでにOlympus 35DCで撮影したフィルムの同時プリントもしてきた。
水銀電池の1.3Vでなくアルカリ電池の1.5Vだと露出オートが狂うと言うことでISO感度を1段分下げて使っていたが,正しい設定でも良さそうだ。今回はネガだったのでテキトーでも何とかなったようだが,今度はリバーサルで適正感度設定で使ってみようと思う。
2009081901それにしても大口径のF1.7レンズ描写はなかなかだ。35DCの後期型なので1974年以降の製造であるが,35年モノとは思えない驚きを見せてくれた。
同年代のニコンF2も手元にあるが,当時の価格はF2の1/3程度。庶民が奮発して買うには使いやすくて十分な性能を有するカメラだったんだろうなぁと想像する。
ブログ検索すると35DCでカメラデビューしたという人も多いようであり,MFによる操作感覚とEEによる取り損ねがない高バランスカメラというコンセプトがユーザを広げたのではないだろうか。
さて,明日,明後日は長野県の白馬温泉で社外研修の合宿だ。さて,どんなあれこれがあることやら。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。