2009年05月12日

モチベーション。

R1033706午後からの外出では,モチベーション向上をビジネスにしている会社の社長の講演を聴いてきた。その一環として,自分のモチベーション・チェックの結果も紙面でもらってきた。
■それによると,モチベーションの促進要因に「適職」があり,不満要因に「人間関係」が挙げられていた。しかし,全般的にはたいていの種類のモチベーションが顕在的満足領域にプロットされており,「アゲアゲ状態」のようだった。
■「全社一丸」が形骸化した社会ではあるが,組織力の源の理想はそこにあるのではないか?と感じた半日だった。
■今日のショックと言えば,当たり前に分かるはずのことが長い時間の経過により全く発見できなかったことだ。当たり前なのかもしれないが,僕にとってはとても寂しいことだった。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。