2009年02月18日

糸の進化。

2009011622今日は久しぶりにスーツを来たが,ボタンが取れてしまった。「針と糸はどこにあるだろうか?」とコンビニに行ったら,普通にセットとして売っていた。
■ボタンを付けるという作業が久しぶりだったが,ボタンを付けるという機会が減ったのだろうか?そしてその理由は糸が丈夫になったと言うことなのだろうか?疑問を感じた。
■今日は「エンジニアリング・ブランド」という概念の研究会に行ってきた。ブランドが提供する価値の一つとして「技術」に焦点を当てる内容のようだった。
■僕の考えとしては,技術主導のマーケティングがあり,その活動と平行しながらのブランディングがエンジニアブランディングではないかと思うが,さてどうなのだろうか?


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。