2009年02月10日

朝陽から夕陽まで。

P1000052今朝は雲から昇る朝陽で始まった。先日購入した望遠ズームの35mm換算400mmでの撮影だが,さすがにシャッター速度が速いので手振れもなく撮影できた。あぁ太陽は丸いのだということを実感する瞬間だ。
同僚の一人が上司との関係に疲れているようで,転職を考えているようだ。僕の今までの経験から考えてのお奨めは,もう一つ上の上司に相談した上で,今回の悩みという機会(chance)を活用して本人と直属の上司の双方が成長できる変化(change)を果たす道筋が良いと話した。伝わっているだろうか?
R1033225以前から「しっかりとうっかりは違う」的な言葉として「chanceとchangeがある」と考えていたが,今日のブログでようやくこれを使えた。
さて,今日は用事があったので休暇を取得して15時退社。「夕陽も撮れるかも?!」と思いながら帰路の途中で土手に行ったが,時既に遅く夕陽は雲に隠れていた。それでも田んぼを照らす夕陽は美しく,地球の大地の上で生活していることを感じていた。あぁ久しぶりに大陸のど真ん中で夕陽を眺めたいモノだ。加えて満点の星空も。願望にキリがない。
P1000097上の写真はGRD2のトリミングでこちらはL1 +Sigma 55-200mm。
■明日は曇り空となりそうだが,陽射しが出たらまた写真を撮りたいなと思うが,もちろん,被写体は家族のポートレート&スナップだ。
それにしても今年は雪が降らないなぁ。せっかくクラウンにスタッドレスタイヤを付けているのにその恩恵にあずかることができない。今年は雪なしの冬となるのだろうか?多少でも良いので「雪が降っている景色」を撮りたいのだが。やはり願望にはキリがない。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。