2009年01月24日

自作凧の試験飛行。

P1050195昨日の夜は喉が痛いので早寝,そして今朝はすっきり早起き@4:30。ということで昨夜の息子に負けじと竹ひごとゴミ袋で僕も凧を自作。
粉雪が吹き始めた朝だったが土手で飛ばしてきた。息子の凧は木の枝が骨と言うことで重量バランスが悪くてクルクルまわっていたが,仕舞いに新聞紙が破れて丁度良く飛ぶようになってきた。
僕の凧はどこまでも糸が伸ばせそうな程に安定していたが,水平方向から上を向かず仰角が全然得られない。糸の位置を上に変えたら多少の仰角が得られるようになってきた。重心の位置に問題があるようなので修正していこう。
いずれにせよ僕は楽しめたし,息子も凧の糸を引く手応えを感じていたようだ。めでたしめでたし。
P1050168帰宅してからの時間は凧第2号を製作。ダイヤ凧の骨の交差店を下げて支点となる糸位置を上げた。これにより風を受けた凧は風上に正対することなく角度を付けながら上空に浮かぶであろう・・・はずである。
■さて,夕方に駅前のATMに預け入れしに行った時,息子が「なぜ今日雪が降ったか知っているよ」とのこと。理由を尋ねると「地球温暖化が止まったから雪が降ったんだ」とのこと。今時の5歳はそういうことを言うのかと感心した。地球温暖化の話と雪が降った理由はあと5年ほどしたら正しく本当のことを教えてあげることとしよう。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。