2009年01月10日

冬の日。

R1033007昨日の仙台出張で買ってきた薄皮饅頭と萩の月は両親の好物でもあるので実家に届けに行った。今日も薄着で居たので,冬型の気圧配置故の冷たい北風が首筋を伝うと体温が芯から下がりそうな一日だった。それでも,いつもの店屋物のカレーうどん大盛りを食べると,身体はすっかりと温まった午後だった。
■さて,年末年始にikonta 520で撮影した写真を何点か父に見せたが,自称写真家の父をして,70年前のカメラが写しだした映像(下の写真)に歴史を超えた機能に感心の声を上げていた。
■一方で,Ikontaによるファーストフィルムであるネガフィルムの現像がようやくできあがってきたが,ハーフサイズの使い方を知らずにいたために1枚分ずつの空白を作ってしまっており,また,ネガフィルムのスキャン後の色出しがうまくできずにいる。やはりリバーサルの方が露出にシビアな一方でデジタル化は進めやすいなと感じている。
2009010832


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。