2008年11月08日

主張できる人。

Fh000014A-1今朝は最低気温12℃とやや高めだったが,風が5m/sほどあったために体感温度が低めだった。妻は幼稚園の行事の仕事があるのでランニングをお休みと言うことで一人で走ってきたが,アゲインストの風がきつかった。冬の訪れを少しばかり感じていた。
昼前後は幼稚園のお祭りに息子と義父と3人で出かけ,あれこれを楽しんできた。息子が「ポップコーンも欲しい」とか「家じゃなくて幼稚園の休憩室でお弁当を食べたい」などと主張したのでそれに従った。
主張と言えば,自宅マンションに隣接する空き地に立つべくしてマンションが建つことになったが,立体駐車場の規模を半減させるべく出していた要望が承諾されたそうだ。ポイントは条例違反を付いた点のようだが,特に反対していなかった一住民としてはごね得の感がある。工事も9時以降ということになっているようだし,デベロッパの対応も真摯だと感謝している。
20081109Bさて,叔父の見舞いに来ていた義父は,今日の北斗星で北国へと帰っていった。僕と同じく喉が痛いと行っていたのは,先が短い弟のたばこと,その機会を与えるために多めのたばこを吸っていた兄のたばこによるモノだろう。
地元の駅に義父を送っていったが,写真屋さんに夜とハッセルブラッド500C/Mで撮影した写真がプリントされてきていた。自宅にはまともなスキャナーがなく妻の写真も出せないので,いい写真を紹介できないが,「なるほどハッセル」というようなモノが撮れていた。また実家に行ったら撮ることとしよう。


コメント

主張といえば僕の苦手な事の一つですが、どんなに偉い方に対しても主張はしていきたいという考えは持っています。
では、なぜ自分は主張するのが苦手なのか最近よく考えます。勉強不足・知識不足の部分もあり主張できない事もたまにありますが、それ以外の面で考えると「いい子ちゃんでいたい、嫌われたくない」という考えがあるのかなとも思います。しかし、その様な考えでは何の役にも立たない存在になってしまうので、もうその様な考えは捨てました。

上司が現在の地位にあるのは、それなりの見識があるからだと思うので、基本的には常に支持していく考えですが、上司が間違っている時でもイエスマンにはなりたくありません。今の会社でイエスマンでないと嫌われてしまうのであれば、真剣に今後を考えます。仲良しこよしの会社はもううんざりです。

でも上司ばかりいる会社なので正直疲れます。

会社の状態も黄色信号が点滅しました。どうなってしまうんでしょうね〜。僕が2年前に考えていた事と予想通りの展開になっているのでとても恐いです。


ヒデ君の会社こそ,イエスマンが不要な環境です。
何故ならば,皆の行動基準が社長の顔色だからです。

社長の顔色は,社長に従わないから悪くなるのではなく,
論理性や客観性が不足しているから悪くなるのです。
ヒデ君がすべきは,論理性と客観性の中で
自分の意見を主張することです。
それを歓迎しない上司とは,
社長の顔色を指針としている上司ですから,
接し方を変えても良いと思います。

社内の相対的ヒデ君ではなく,
世界のビジネスマンとしてのヒデ君のすべきことに
邁進したらよいと思いますよ。

人は間違いなく変わります。
強いハートと行動力で尚強くなっていってください。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。