2008年10月23日

普通の喧噪。

R1031947懐かしい夏の思い出の写真を掲載しよう。深夜の佐渡島の海辺,磯の向こうを照らす漁り火が天の川が流れる空を照らしていた。あぁ懐かしや。
■静寂からは遠い世界に毎日を過ごしているが,数年に一度は静寂を一人で感じたいモノだ。明日も喧噪に生きることを続けよう。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。