2008年10月21日

バージョンアップしたらしいが・・・

P1040593シャープLC-32D10の電源が入らなくなった故障については,電源部パーツ交換で18,060円も支払わされてしまった。伝票には「バージョンアップした」とあるが,基板のバージョンだかファームのバージョンだかは不明だ。購入から1年余りで電源基板交換とは・・・。
■それにしても'72年製のニコンF2のオーバーホールの2万円(ボディのみ)は安い位だと思う一方で,'07年製の液晶テレビの基板交換2万円は高いと思うのは,期待に対する実状のギャップがあるからだろう。液晶テレビやシャープへの期待値をもっと下げておくことにしよう。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。