2008年09月05日

公私の楽しみ*

R1031874千葉県通いの4日間が終わり,来週はまた埼玉県民ライフに戻る。出展した3日間のヒアリングを振り返ると,今まで考えてきたことの妥当性を確認することができ満足感を得られる週末を迎えようとしている。「まさにこのコンセプトだ」とか「こういうのが欲しかった」とか言う声を何度も聞くことができたが,これは仕事における幸せだ。
■さて,92歳になる叔父さんが老衰で亡くなったそうで,日曜日は父とお通夜に行く。戦争中には将校として中国に行っていたとのことであるが,戦後は高校教師を務めた叔父さんは大正,昭和,平成をどう生きたのだろうか?お通夜の席でそれを聞けることが為になりそうだ。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。