2008年08月01日

世の趨勢。

Berl今日は世界経済に関する半日の講義を聴くことができた。戦後から現在に至る世界経済のあれこれには様々な思惑の中での決断に周囲が右往左往しているように思えた。5年ほど前に見たベルリンの壁も,世の趨勢の中で穴と落書きになったのだろう。
■さて,ジェベルにガソリンを入れたが,燃費は36km/lだった。大したものだ。ジェベルは93年に登場して05年に国内販売終了と言うことだが,この10年余りの間にバイク市場は大型化・スクーター化が進み,オフロード向けのバイクもオン・オフ両刀のモタード仕様が主であり,200ccの下駄履きバイクは流行らなくなったのだろう。あえてそれを選ぶあたりが,80-90年代にバイクを楽しんでいた四十路の選択といえよう。
■明日は朝から渋谷に向かい,マーケティングの自費勉強。その後,速攻で帰宅したらやや大きめの荷物をジェベルに乗せて北へ向かおう。

posted by kuchida at : 20:17 | コメント (0)

2008年08月02日

14年ぶりの野宿。

R1031695土曜日の午前中のマーケティングのワークショップを終えた後,速攻で帰宅して10分後の14時には荷物をジェベルに積んで足利に向かいアクセルオン。
■利根川を渡ったあたりで3時間遅れのランチを頂き,そのまま,まつだ湖畔キャンプ場へ向かった。しかし,市の施設で事前予約が必要らしい。10区画以上空いていたがトラブルのは面倒くさいのでそのまま舗装された林道を上っていったところにいいところを見つけて野宿決定。
R1031620-1バイクを林道沿いの待避箇所に止め,草地を降りた堰堤の上の沢の瀬にテントを張った。
■全裸になって川で水浴びをして,蚊取り線香の香りの中で夕食を頂き,夏の虫の音を真っ暗になるまで聞いていた。一人で火をおこすでもなく,暗くなったらテントに入って床についた・・・それは19時のことだが,寝たり起きたりを繰り返しながら朝4時までよく寝た。
「天幕野宿はいつ以来か?」と思い返したが,それは14年前のモンゴルだったようだ。久しぶりのいい夜だった。

posted by kuchida at : 23:44 | コメント (2)

2008年08月03日

妻よ,ジェベルよありがとう。

R1031705野宿明けの今日は朝5時から林道を走り始めたが,舗装・未舗装合わせて5本程の林道を走ってきた。帰宅したのは丁度14時と言うことで,土日の24時間で330kmの野宿林道走破ツーリング(林道は100km程か?)だった。
今日は足利から桐生に向かい,桐生川ダムから赤城山に抜けて中山道で帰宅した。
■妻子が夏休み帰省してからはお湯を一度も浴びていなかったが,今日は一週間ぶりに赤城山温泉の温かな湯に入り英気を養った。というか消耗した気力を回復させた。赤城山温泉は1,2年前に家族ドライブのときにふと泊まった温泉だが,綺麗な女将さんは相変わらずの応対でまた家族で泊まりに行こうかと思った。
R1031678さて,フラットダートは実に走りやすかったが,15 cmほどの玉石敷きの下り箇所が数km続いた箇所は少々泣きが入ったが,特に転倒もなく走破できたのが何よりだった。いつもはタイヤの真ん中しか使わない日々だが,今日は前後輪とも端っこまで使って楽しい時間だった。また,野宿ツーリングにおける持ち物リストへの課題も明らかになり,いい週末だった。ちなみに燃費は,ジェベルゲット以来いつも36km/lで一定。
妻よ,この幸せをありがとう。

posted by kuchida at : 15:06 | コメント (0)

2008年08月04日

また夕立。

R1031720乾き気味の朝で始まる毎日だったが,今朝は高湿な朝で予想通りに夕立がやってきた。高速道路を南下するに従い雨脚が強くなり,浦和インターではワイパーをHi運転していた。
■難解なチャレンジに挫折気味だった先週だが,今日のデスクワークで一応の解答を描くことができた。ぎりぎり及第点といったところだろうか?しかし,現職においては満点に近い解答こそが求められることを考えると一層の熟慮が必要だ。
■土曜の夜に暗く成り行く空を見ながら思ったことがある。それは「仕事はデスクに向かって鉛筆傾げないと進まない」ということだ。「休日にあれこれ考えよう」というのでうまくいった試しがない。その訓練不足と言うよりも,業務における論理の積み重ねは複雑で,私的生活の中では熟慮などできないだろうということだ。と言うことで公私の区別はますます付けようと思うのであった。

posted by kuchida at : 20:01 | コメント (0)

2008年08月05日

休暇中は晴れるだろうか?

[]

R1031642先日野宿した際に撮った写真はそのままだと真っ黒だったが,処理したら星が見えてきた。見栄具合はまぁこんな感じだったと思う。
■ここ数日はまた湿度の高い空気に包まれ,雷雨が続く毎日だ。先週末はまさに行楽日和だったと感謝するのであった。

posted by kuchida at : 19:44 | コメント (0)

2008年08月06日

初の雨天走行。

R1031574今朝起きると空気が乾き気味だったので,雷雨なしと判断してバイクで出勤。
しかし,残念なことながら帰宅時に浦和界隈10km圏のみ雨が降ってしまい,帰宅時,ジェベルで初めての雨天走行。雨合羽は持っていたが,ブーツカバーは持っていないので靴下グチョグチョ。やっぱりブーツカバーは必要だ。
■それでも暑い空気をヒンヤリさせる雨がカッパに当たると気持ち良く,まくった腕に当たる大粒の雨は夏の風物詩といえよう。運転自体はいつもと変わらず。
■最近は大型バイクが多々走っている。「せっかく大型二輪免許があるのだから大型バイクが良かったか?」と思うが「のんびり走れるとことこバイクで良かった」と思う気持ちの方がやはり大きいから,選択は正しかったと言えよう。
■夏休みまであと2日。仕事もあんまり身が入りません。

posted by kuchida at : 18:43 | コメント (0)

2008年08月07日

夏本番。

R1031689今日も一日いい天気だった。私用があるため1/4休暇を取得して帰宅したが,帰りの車の車外温度計は38℃で,燦々と照る陽が雲を白く,空を青くさせていた。
■にも関わらず,エアコンをOffにして車窓を開けて帰ってくるのはやはり夏が好きだからだろう。暑さ,そして風の心地よさがたまらない。
■肩鎖関節(亜)脱臼は相変わらずに痛みが止まないが,このまま治らず手術と言われたら面倒くさいなぁと思うのであった。
■妻と息子は今日から定山渓温泉で看護学校時代の友人たちと楽しい時間を過ごすそうだ。羨ましい!

posted by kuchida at : 16:53 | コメント (0)

2008年08月08日

さぁ夏休みだ!

R1031661さぁ夏休みだ!
今から9日半ほどは仕事を忘れてプライベートを楽しもう。とは言え家族は北海道でバカンス中なので,一人を楽しむしかないのである。
今からバイクで早速走り出そうかとも思うが,もう40歳で無理は利かないので今日は早々に眠りについての早朝出発としよう。
明日からはまた山間の道を走れると思うとワクワクだ。海も渡るか?!

posted by kuchida at : 17:26 | コメント (0)

2008年08月09日

鹿沢高原泊。


幾つかの林道を経ながら、秩父から三国峠を越えて長野へやってきた。昨夜は午前3時に家を出たので、正午過ぎにキャンプ場入りして、今はテントの中。すぐそこの迫力ある雷鳴と雨音を聞きながらのなかなかいい時間だ。

posted by kuchida at : 13:54 | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年08月10日

@佐渡。


未踏破だった佐渡にやってきた。地球の自然が一杯で、その中でヒトが生を成しているような風景がたくさんだ。ランチは刺身定食特上で夕飯はパイナップル丸々一つの日曜だ。

posted by kuchida at : 13:29 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年08月11日

佐渡縦断。


朝5時過ぎから佐渡の西から東へと縦断を2往復半しながら約250キロ走ったが、林道越えを楽しみ、山登りに勤しみ、一人の浜辺での海水浴を満喫した。今夜は妻が予約してくれた島の北端の方にある昭和バリバリの民宿に宿泊。部屋の雰囲気故に煙草をたしなみたくなり買い物に出ようとしたら、ディスクロックの解錠を忘れて立ちゴケ、トホホ。ゆったりした夏の日の時間の流れが幸せだ。明日は新潟に向けて出航。この毎日よ、ありがとう。

posted by kuchida at : 18:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年08月12日

「旅が日常」

R1031780土曜日の午前3時に家を出発したところ,埼玉-長野県境の三国峠には朝7時半に到着。8時過ぎには千曲川に至り,魚がたくさん泳ぐ気持ちよい川原に寝そべっていた。
■その後,嬬恋に向かい,正午過ぎには国民休暇村の中のキャンプ場に天幕を張った。標高1400m弱の割には暑かったが,雷雨の到来と共に気温は下がり,高原故に雷鳴はすぐ頭上で鳴り響き大きな雨粒がテントを叩く夕方が懐かしい。ちなみに朝は13℃まで下がり,レンタルシュラフにくるまっても寒かった。
R1031910日曜日には今までに行ったことがなかった未踏の佐渡に渡った。広そうで狭くて,狭そうで広い島は,自然がたっぷりなばかりではなく島の人々が誇り高い親しさで接してくれる世界だった。
■長手岬キャンプ場で沈みゆく太陽を1時間近く眺めていたが,海に沈む太陽は線香花火の火の玉がぽとりと落ちるように海に沈んでいった。
バイクでただただ走り続け,テントの中で風の音や月の光を眺めていると「旅が日常」であることに気付く。なんて幸せな時間なんだろうと思う。毎日の生活があるからこそのこの時間。感謝すべきことがあまりにもたくさんだ。
月曜日は佐渡の西から東へ2往復半しながら,標高0mから1000m近くを行ったり来たりしながら,北部の林道を道に迷いながら走ったり,誰もいない海で一人泳いだり,海抜167mの大野亀という一枚岩に登ったりと佐渡の自然を満喫した。
■佐渡をあちこち走っていると,いろんな都道府県をいいところ取りしたような風景や自然を感じた。数週間分のツーリングを数日で実現できるのが佐渡ではないかと思った。
R1032052月曜日の夜は佐渡北部の漁港の民宿に泊まったが,南北二面の窓を開けておくと,まるで野宿しているときのような静かで涼しい海風が流れ,身体を丸くして眠っていた。部屋の窓から見る月は眠りについた後も海を綺麗に眩しく照らし続けていた。
■3泊4日の最終日は朝7時半に佐渡北端を出発して両津港からフェリー経由で新潟に渡り,関越道経由で17時前に帰宅した。4日間で1030kmはそう多い距離ではないが,単気筒200ccのオフロードバイクとしてはまぁまぁの距離だろう。
今回の旅路のテーマ「Feel & Enjoy Nature Directly」だったが,佐渡という凝縮された日本の自然の中で十二分に感じ,楽しめた。家族は来週にならないと帰省先から帰ってこないが,来週からはまた家族との人生という旅路を感じ,楽しみながら過ごしていきたいものだ。

posted by kuchida at : 21:00 | コメント (2)

2008年08月13日

真っ直ぐな人。

R1031944-1旅行疲れがあるのだろう。今日は6時過ぎに起きてあれこれしたら眠くなったので,午前中に2,3時間ほど昼寝してしまった。涼しげな風が吹く中での気持ちよい睡眠だった。
■夕方から新盆回りに父とでかけた。亡くしたくなかった叔父さんの家では,涙があふれ出してしまった。
■あの叔父さんへの感情は何だろうかと考えたが,それは真っ直ぐで解りやすい性格にあるのではないかと思う。それだけにいろいろな場面で何を言うかがたやすく想像できるので,今はもうそれが聞けないことが胸を締め付けるのだと思う。
■写真は佐渡/長手岬での好感度撮影写真。懐かしい景色だ。

posted by kuchida at : 19:37 | コメント (0)

2008年08月14日

お盆回り。

R1031798お天気の良い一日だったが,父と二人で板橋,足立,川口,戸田と親戚回りを6軒。寿司,おはぎ,甘いモノをどれだけ食べたろうか?実に身体に悪そうな一日だったが,父は喜んで満足感たっぷりだったようだから良しとしよう。
■お彼岸には元気だった叔父さんは6月に亡くなってしまったし,別の元中尉だった叔父さんは老衰が進んだ様子で寝たきりになっていた。
■半年弱の間に人生模様が変わってしまうのが後期高齢者であると実感した一日だった。

posted by kuchida at : 20:30 | コメント (0)

2008年08月15日

真夏の一日。

R1032005今日も真夏の一日。朝から彩湖にジェベルで向かい,彩湖ウォーキングを2周。約10km程度を2時間弱で歩いてきた。水道の水を頭からかぶり気持ちよく過ごしていた。
その後,子供の頃から可愛がってくれているおばさんの家にお線香をあげに行く。ずっとおばさんだと思っていた人ももう70歳。時の流れは余りにも現実的だ。
あれこれしているともう夕方だが,夕立が来る気配もなく,夏空が広がっていて綺麗だ。エアコンなしの僕は,汗だくになりながら風を感じて過ごすのであった。

posted by kuchida at : 16:03 | コメント (0)

2008年08月16日

ジェベルの点検。

R1031692ジェベル納車から1ヶ月弱。無料点検のはがきが来たのでオイル交換などをしてきた。前オーナーがキルスイッチをライトスイッチに配線改造していたようなのでそれを直してもらい,燃料コックのパッキン不良やキャブレタ不良を話したら,後日パッキン交換とOHをしてくれることになった。
その後,あちこちの林道で付けてきた泥を実家で洗い流していたら雷鳴がそこここから聞こえてきたので帰宅。せっかくほとんど雨に濡れずに帰宅したのに,駐輪場に着いた途端に超土砂降り。屋根の下から出るに出られなくなってしまったが,仕方がないので駐輪場からエントランスまで走ったが結局ずぶ濡れ。
しかし,気持ちが良すぎる夕立で,その後,ホースを伸ばしてのベランダ掃除を楽しんだのであった。あぁ,こんな夏休みも明日まで。

posted by kuchida at : 16:48 | コメント (0)

2008年08月17日

いつもと違う日常が故に。

R10317759連休も今日で終わり。思い返すとはじめの4日間はジェベルで佐渡までツーリング,その後の3日間は親戚回りや知人回り,そして残りの2日間は衣食住のメンテナンスで過ぎ去っていった。いつもと異なりデスク勉強がゼロの9日間だったが,自然や社会を感じるフィーリング勉強が一杯の9日間だった。
■それはきっと家族がいないこの夏休みだからこそと言えよう。一方で家族の帰宅を心待ちにしており「喜ぶんじゃないかなぁ」と思うアイテムを準備して火曜日の帰宅を待っている。久しぶりに家の隅々を掃除すると見えてくるモノがたくさんあった。
■旅が日常だったツーリングの頃,また一人暮らしが日常だったこの3週間だが,いつもと違う日常を過ごすことで気付くことがたくさんで,本当にいい夏の毎日だ。

posted by kuchida at : 14:52 | コメント (0)

2008年08月18日

リハビリ不要。

R1032078久しぶりの会社だったが,やることはあれこれで気が付くと定時を過ぎていた。明日は珍しく長めの会議が3つあるので,これまた気が付くと定時を過ぎていそうだ。
■明日,3週間ぶりに妻子が帰ってくる。部屋の方は綺麗にしているから大丈夫だが,ゴミの出し方に自信がないのでベランダに種類別に何袋か溜まっているので,それは妻にお願いすることにしよう。
■息子はどのくらいのお兄ちゃんになっているかも楽しみの一つだ。家族でそれぞれの成長を助け合えるようになっていきたいと思う最近だ。

posted by kuchida at : 20:25 | コメント (2)

2008年08月19日

久しぶりの当たり前。

R1031905海を渡り妻と息子が帰宅してきてくれた。あぁありがたや。今日の晩飯は妻にとっての普通だが,ここ最近の僕にとってはかなりの量で食べきれなかった。勿論,食後のデザートなど食べられない。
■また,この3週間,自宅では水シャワーのみを浴びており,風呂というと旅先での温泉だけだったが,今日は久しぶりに自宅のあたたかい風呂に入ると言うことで,何もかもが新鮮な時間だ。
■モンゴルで1ヶ月弱のキャンプ生活を終えてウランバートルに帰った夜に,預けていたスーツケースを開けた際に大して何が入っているでもないにも関わらず,「おぉここに文明がある」と感嘆した時のようだ。

posted by kuchida at : 20:38 | コメント (0)

2008年08月20日

体内時計誤差。

100 6254今日は上京と言うことで駅までの道のりを歩いていったが,久しぶりに僕を見送る妻がベランダにいた。懐かしい景色だ。
■今日はとある社外研修のグループ演習の総仕上げの発表があった。去年の別の発表では持ち時間30分間に対して29'45"の発表だったが,今日は持ち時間12分間に対して12'08"の発表だった。時計なしでこのトークができる自分に少々酔ってしまった。
■時間管理と言えば,いつも目覚ましが鳴る10秒くらい前に目が覚めてアラームのなり始めを聞くことが多いし,アラームはあくまでもバックアップということがほとんどだ。
■これを考えると,体内時計は十数秒の狂いを持っていつも動いていると言うことだろう。

posted by kuchida at : 18:18 | コメント (2)

2008年08月21日

淡々とした毎日。

R1031636夏休み明けはあれこれと会議や外出や資料まとめがあるために,一つ一つを淡々と単位時間内にこなしていかないとつじつまが合わなくなりそうだったが,まぁ何とか明日の金曜日を無事に終わらせることができそうだ。良かった良かった。
■空が暗くなるまでテントの外で天を仰いで居た夏が懐かしい。あれからわずか3週間だが,19時前というともうすっかりと暗い最近だ。

posted by kuchida at : 20:38 | コメント (0)

2008年08月22日

軽々,疾走,気分良し。

R1031655-1写真は桐生川だったろうか?懐かしい曇り空の早朝を思い出す。今日はバイク通勤だったが,やはり曇り空の中を軽々しく疾走と走る時間は楽しい。しかし,あまりにも直線ばかりで,タイヤが真ん中ばかり減ってしまい憂鬱だ。もう少しワインディングが近所にあったらなぁ。
■94年式,走行5千km弱のジェベルは,時折キャブレタからオーバーフローしたガソリンで濡れており,冷間時のふけの悪さがありありなので,やはりキャブレタのオーバーホールが必要なようだ。無償保証でやってくれるとのことだったから,早めに出すことにしよう。

posted by kuchida at : 18:39 | コメント (0)

2008年08月23日

普通の土曜日。

R1031998ジェベルの燃料コックのパッキン交換,キャブレタのOH,ブレーキスイッチの動作不良修理に出すことになったのでスズキのお店に持参。しばらくはオートバイには乗れないが,10年以上乗っていなかったことを考えるとそう困ることはない。
■天気が悪くて涼しい土曜日は,あっという間に夕方になってしまったが,家族揃っての朝食は6時半だったので,振り返るといつも通りの長さの一日だ。家族と過ごす1ヶ月ぶりの週末だが,息子はすっかりと妻になついていてつまらない。

posted by kuchida at : 16:09 | コメント (2)

2008年08月24日

フィルムカメラ。

R1032138雨模様の日曜日は涼しく心地よく。実家に両親の様子を見に行ったところ,先週は元気に僕と親戚回りをした父は,やや疲れ気味で横になって過ごしていた。
その父のミノルタCLEを借りて3ヶ月余。ようやく25枚余りを取り終えたので,息子を実家において妻と二人で近所のスーパーに同時プリントに向かった。今日行った店舗は現像料前払い,プリント後払いとのことで,初の支払い方法に少々面食らってしまった。
約30分間の待ち時間は妻とマクドナルドでコーヒーを頂いたが,報道されている評判通りに,ブレンドコーヒーとしては苦みと深みがある味だった。120円のコーヒーに敢えて苦言を呈するとすれば,カップの質感だろうか?
Cle0824CLEの写真プリントを複合機でスキャンしてみたら,思ったよりはいい感じで色が出てきた。ISO400で撮影した晴天日の写真だが,初夏の空気の水蒸気感が伝わってくる出来映えでなかなかだ。今度はモノクロフィルムを入れて楽しんでみようと思う。
■父の趣味であり老後の主軸だったカメラという点では,僕が子供の頃から父が使っていたニコンF2以降の一連のフラッグシップ機,僕が大学時代に父がコッソリと買い込んでいたハッセルブラッド503,父が体調不良の頃から持ち始めたミノルタTC1などが雑多にカメラ保管ケースに入っているので,生きているうちに随時使っていくこととしよう。
■ちなみに1枚目の白黒写真はGRD2にて。

posted by kuchida at : 14:45 | コメント (2)

2008年08月25日

CLEを楽しみたいのだが。

Cle082401写真は5月下旬にCLE+ネガフィルムで撮影したもの。スキャンノイズはご愛嬌。
■ここ8,9年ほどでデジカメが当たり前になってピクセル単位での整然とした写真ばかりを見てきており,またその解像度も個人ユースでは倍々で増えているため,レンズが描写するキッチリした写真ばかりを目にする最近だ。
■それ故に,久しぶりにフィルムカメラで撮影してみると,ピンぼけの写真が混ざっていたり,出来映えを考えない露出設定で撮ってしまっていたり,1/30秒程になると手ぶれしていたりと下手くそが露呈しており,写真の基本を思い出させてくれる。
■昨日,CLEに白黒フィルム(ISO100)を入れたが,今日は終日暗い雨模様ということで出番なし。あぁ残念。

posted by kuchida at : 19:50 | コメント (0)

2008年08月26日

振り返る夏。

R1031966雨模様の毎日,息子はこの夏2つめの夏風邪を患って床に伏せている。せっかくの夏休みだというのにちょっと不憫だが,外で遊べるわけではないし,また涼しさ故に病床も気楽そうだから良しとしよう。
■大人になると,とんと夏風邪などひかない十数年間だ。これで40回目の夏と言うことになるが,どの夏も何かしらの記憶が思い出される。余命においてあと40回の夏しかないと思うと,虫の人生を思うがごとく儚さを感じずにはいられない。
■今年の夏の記憶と言えば,やはり佐渡島での数日間のことだろうか?!

posted by kuchida at : 20:00 | コメント (0)

2008年08月27日

秋晴れの朝。

R1032157晴れ間が広がる朝は久しぶり。清々しいので早朝出勤を少々さぼり会社の近所の池を一周(約30分のウォーキング)後に出勤した。
■CLEも持参して何枚かの写真を撮影したが,フィルムカメラ故にそれを見るのはまだまだ先になりそうだ。今日は鞄をいじったりしている間に不覚にも意図せずにシャッターを2回も押してしまった。フィルムの巻き上げはしないでおくことにしよう。
■写真は通勤途上の自動車からGRD2で撮影。今,下記の本を読んでおり,モノクロ写真がますます楽しくなってきた。
■明日は埼玉県鶴ヶ島市の大手メーカーの総合研究所に向かうので,道すがらいろいろな写真を撮りたいと思う。

posted by kuchida at : 20:12 | コメント (2)

2008年08月28日

傘要らずのラッキー。

R1032169今日は朝から雨模様で,土砂降りの時間帯もあり降ったり止んだりの一日だった。それを予測して長い傘を持ち出して電車で外出したのだが,結果的に外出先でも帰宅途中も雨は降らずで全く使わず仕舞いだった。そんなラッキーもたまにはいいだろう。
■今日は鶴ヶ島市の某研究所に行ってきたが,駅から研究所に向かう一本道の周りには公園や緑道が整備されていて,湿気が作り出す瑞々しさがとても気持ちよかった。もう少し気温が低かったら,なお清々しかったことだろう。

posted by kuchida at : 19:34 | コメント (0)

2008年08月29日

水をかき分けて。

R1032171B夕べは雨音が聞こえたり消えたりの繰り返しで,時折目を覚ますと涼しい風が窓から吹いていたが,結果的に随分な雨量が記録されていたようだ。
会社に向かう道路が一部冠水しており,テレビで見るようなザバザバっと水をかき分けて走らざるをえない状態だった。思い返すと,95年にモンゴルで仕事をしていた際にランクル100で80cm程の深さの川を渡っていたことが懐かしい。
明日はマーケティングのお勉強で朝から渋谷へ。お勉強が終わったら新宿のカメラ屋(マップカメラ)に寄って,CLE用のライカの広角レンズ,ハッセルのデジタルバックとハウツー本,その他クラシックカメラを覗いてみようと思う。

posted by kuchida at : 18:33 | コメント (2)

2008年08月30日

ちょっと真面目な土曜日。

R1032198朝から渋谷に向かいマーケティングのお勉強。今日は購入時の興味が薄い品物(関与度が低い品物)に対するインタビューの方法論についてケーススタディして,「インタビューの全体フロー」や「潜在意識を引き出す良い質問」を一般化してきた。一般消費財をテーマにしてやってきたが,よく考えると,来週出展する展示会における自社出品はほとんど知られていない製品分野。ということは来場者からすると関与度が低い商品と位置づけることができ,討議した結果がそのまま使えそうだ。
その後,写真誌の広告で有名な新宿のマップカメラに行ってみた・・・しかし,随分とマニアックでどこを見たらよいのか分からなかったというのが正直な印象。もっと狙いを定めてから行かないと何にもならないようだ。それでも,普段は中古品リストに載っているだけの数多くのレンズを見ることができたので,これまた楽しい時間だった。
自分のバックに入っているミノルタCLEが5ー10万円で売っているのを見ると,それを高校時代から使っていた自分のおめでた度合いを改めて感じるのであった。
それはそうと,今日も渋谷でも新宿でも浦和でも雨が降ったようだが,僕が外を歩く時間帯は傘いらずで,鞄の中の折りたたみ傘が出番なしだった。最近の雨ラッキーは続いているようである。

posted by kuchida at : 15:22 | コメント (0)

2008年08月31日

晴れ日曜日。

R1032158久しぶりの晴天日は穏やかに過ごし,午後からは息子と二人で別所沼公園界隈まで2時間のお散歩へ。CLEも持ち出して漸く36枚を撮り終えてショップに出したが,店頭現像ができないので仕上がりは6日後。アナログな世界は先が長い。
写真についてあれこれ考えるに「一体何を撮りたいんだろう?」と改めて考えたが,撮りたいモノは当たり前の自然や家族だと結論づいた。また,あえて時間と金をかけて撮りたいフィルム写真と言えば,それは家族が居る景色だろう。
R1032162今,手元にあるカメラは3台で,LEICAの14-50mmズームとZUIKOの8mm対角線魚眼を使えるLumix L1,GRレンズ搭載のGRD2,それとMロッコール28/40/90mmを使えるCLE。おまけで妻の所有物であるコダックV507とキヤノンIXY digital(初代)とIXY 40。
なかなかの品揃えだが,レンズの描写力はメーカー毎に違うので,その違いを見るのが何より楽しい。来週もまた,あちこちでいろんな写真を撮りたいモノだ。

posted by kuchida at : 16:29 | コメント (0)