2008年07月27日

真っ赤な空のまん丸の虹。

R10315871激しい夕立の後,西陽が夕立の街を照らし始めた。西に沈みかけた太陽の光は,きっとあちこちの雨粒を通り越したのであろう。青や黄色の光はすっかりと散乱してしまったようで,その陽は真っ赤な光となって東の空の雷雲を照らしていた。
写真はホワイトバランスが狂っているわけではなく,まさしくあんな色で夕立が故の真っ暗だった空を照らしていた。
P1040139虹は半円の全てを見ることができ,副虹までも見えていた。こんな虹を見るのは40年来初めてだ。
光が創る繭の中に街があるようで,子供の頃に見たマジンガーZのバリアのような光景は,息子の童心にどう映ったであろうか?


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。