2008年06月06日

癌に負けなかったおじさん。

100 6151親戚のおじさんが亡くなってしまったそうだ。若い頃からリウマチや何やらで病気をたくさんした人だったが,ここ数年はガンに冒されていた。しかし,「俺は癌なんかに負けてたまるかってやってたらガン細胞が消えたよ」と話していた。
■それでも癌で入院し気丈に過ごしていたそうだが,夜中に飲んだ水が肺につまり窒息死してしまったそうだ。おじさんは結局,癌に負けることなく逝ってしまったから,「俺は癌なんかに負けなかったよ」ときっと言っていることだろう。葬儀には参列できなかったが,49日前にきっと夢に出てきてくれることだろう。待っていますよ。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。