2008年04月24日

雨に願い。

P1020853午後から降り始めた雨は,帰宅時に南下するほどに雨脚が強まり,家に着く頃にはワイパーは大忙しだった。
同僚の一人は,論理性と芯の太さが持ち味の同世代。18時過ぎに珍しくこちらにやってきて雑談を始めたので「どうしたか?」と思っていたら,上下関係が故の悩みがあるらしい。僕は大変驚いた。何故ならば,そんな悩みなど全く想像できない普段を知っているからだ。しかし,人は知らないところで気付きもしない悩みを抱えているものだ。
昨日の夜に女子中学生が硫化水素自殺してしまい,周辺住民に二次被害が生じたというニュースが流れている。しかし,ニュースとして取り上げるべきは「中学生が自殺してしまったこと」であり,「硫化水素自殺に関する頻繁な報道がなければ女子中学生は今も生きていただろうこと」だと思う。目先のトピックに追われた報道のままではこの国のQOLを向上させる機会は生まれてこないだろう。
■思い詰める時間は,雨が流してくれると良いのにな・・・。


コメント

うん!今もニュースで硫化水素・・昔の人なら出つですが今はめったに使われないガス・・これも報道の行き過ぎか・・難しい判断!ネットも検索が・・やはり報道も考えないとね・・
人生の悩みもそれぞれ・・相手の人を見て発言しようね・・これも難しいよね・・(*^_^*)


ハートはチャレンジャーな人が増えて欲しいと思います。
本村さんが言う,被害者も加害者も居ない平和で安全な世の中になってもらいたいです。


僕も含め、我が社にも悩みを持った人は多く・・・。
悩んだ結果、来月会社を去っていく人がいます。
とても残念です。


マネージャクラスの布陣が変わればいい会社になっていくと思いますが,そのリスクを負えないのがつらいところかもしれませんね。
同僚が去りゆくことは残念なことですよね。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。