2008年04月22日

社会を変える契機。

100 6409今朝はいつも以上に早起きしてしまい,通勤途中でクラウンを止めて,15分ほど写真(主として菜の花)を撮っていた。
■春の青空が眩しくなる前の時間帯でなかなか気持ちが良かったが,土手を歩いたら露払いでズボンと靴がびしょ濡れになってしまった。やれやれ。
先日の検診では腹囲も問題なく,おそらくメタボ対象外になると思われるが,朝があんなに気持ちいいならば,職場の近所ののどかな風景の中を毎日歩くのもいいかな?と思ったのであった。
100 6399さて,今日は光市母子殺害事件差戻控訴審の判決があったが,本村さんが「(結果的に)被告と妻と娘の3人の命が奪われる社会の不利益があったが,どうすれば加害者も被害者も出ない平和で安全な社会を作れるかの契機である」との主旨のコメントがあった。
従来から,本村さんの冷静で気丈な会見を見ては涙していたが,今日は職場でこのニュースを読み一人涙してしまった。また,帰宅途中には珍しくカーステの音声を7時のNHKのニュースに合わせて会見を聞き再び目が潤んだ。
社会を変えるきっかけは誰でもが持っている。僕は法定安全運転に取り組むことで家族や社会に交通安全を届けたいと改めて思うのであった。


コメント

おはよう!うらやましい生活ですね!朝本当に気持ちが良いですね・・
毎朝ばバス停で・・鶯が・・もっと聞きたいのですが・・
うん!木村さん・・すごいです・・奥さんとの出会い・・学生結婚して愛娘を・・あのような・・人間って・・この世の中は・・反省させられるコメントでしたね・・愛する人と一緒に・・人間の権利を奪うことは出来ないですよね・・涙涙・・です・・(^_^;)


身を修めていくと言う心の鍛錬の結果の一つが本村さんのような人柄になるのだと思います。
昨今,尊敬できない目上の人が多い中で,年下の本村さんにはいつも深い敬意を覚えます。
今朝も天気が良さそうなので,どっか寄り道しようかと企てています。
今日は午後から上京。久しぶりの電車に乗ります。


感動することなどとても考えにくい事件です。
世論も被害者もマスコミも司法も
犯罪者と同じくらい人間の醜さを露呈しただけだと思います。


確かに事件は感動できるものではないと思います。
しかし,本村さんの会見を見ていると,表面的なものかもしれませんが「かくも人は強く生きられるのか?」という心の動揺があります。
僕にはご指摘の「被害者の醜さ」の意味が直ぐには分かりません。ちょっと考えたいと思います。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。