2008年03月10日

曇天のLAサウンド@E35。

100 5896昨日届いた「E35」を朝晩の通勤で聞いてみた。
■LAサウンドで聞く邦楽は面白い企画で,邦楽の楽曲の良さを感じられるし,グルーブ感がある邦楽に新しさも感じる。しかし,音質が物足りないという致命的な欠陥があるため,曇天の西海岸といった感じだ。また,歌詞が妙に忠実に英訳されており楽しさを感じる一方で,韻の踏み方や歌詞が伝えるスピード感に違和感があり音楽性を損なっているように思えた。また,山下達郎や小田和正などのボーカルは何人にも代え難く,彼らの曲をカバーしている人がかわいそうに思えた。
明日もまた続きを聞くこととしよう。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。