2008年01月02日

知らぬが仏。

P1020294お年賀の親戚回りで一日が終わる。今回は父が静養中ということで一人で回ったが,父がいると出来ないような会話がいくつもあり,親戚の方々の昔話を聞くに人生とは深く長く絶え間なく綿々と続いているものである。
それにしても我が姉弟親子というと理屈と体面ばかりで面倒くさい家庭であるが,我がDNAはそこにあるのだろう。我が家においては知らぬが仏である。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。