2007年11月24日

息子と見る月。

100 5564今日は午後から息子と二人で大宮まで電車でブラブラ。帰りにはオレンジを焦がした夕陽が大きく丸く西の空に沈みゆくのを電車の高架橋から息子と眺めていた。
■駅からの家路,月は淡い黄色の姿で,やはり大きなままに東の空に上り始めていた。天体は人の心を動かすものだな。もっとも,息子は行きたくて仕方がないトイレに頭が行っていたようだが。
■帰宅後,3千円で買った望遠鏡を使ってベランダから月を眺めたが,その頃にはすっかりと月は白く輝きあの淡い黄色はどこかに行ってしまっていた。陽の力が及ばない時刻を迎えた証拠だ。安いデジカメで撮った写真はまぁ綺麗だが,できることなら良いレンズでこの月を切り取りたいな。


コメント

うん!昨日の月は見事でしたね!息子さんと・・いいですね・・
でもここまで写れば十分でしょう・・
私が見たときは真上にありベランダの屋根に・・のり出してみました・・写真無理でした・・
亜貴の名月・・いいですね・・


昨日は夕陽も昇りかけの月もかなりデカかったです。新しく買ったという200mmレンズでいいのがとれるんじゃないですか?僕のは35m換算で100mmなのでいくら大きくても天体はきついです。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。