2007年11月08日

今日は酔っぱらった。

P1010932
線路はどこかに続き僕らを未来の場所に導く。
その行く先が自分の行きたい場所であることを
皆,心に願っているが,
時にそれを誰かに委ねたり
運命に委ねたりしながら,
受動的であることもあるだろう。
しかし,その道連れが居るならば,
その行く先は一方的ではなく,
身勝手ではなく,
二人で創る未来であるべきなのであろう。


コメント

そうですね!この行く末には何が待ってるのでしょう・・2本の線路は絶対に1本にはなりません・・何所までも2本です・・夢に向かって・・


いつまでも2本の線路がつながるのが最善ですよね。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。