2006年12月18日

タイでの仕事の初日。

@tamasat univ, bangkok ■まるでつっぱり中学生の3人乗りのようですが,タイの大学の中ではこんな感じで, みんな楽しそうです。
■仕事の方というと先週の木,金に発送した荷物が通関中とのことで未だ届かず。今日はしこしこと結線替えを終日行っていました。
■業務上では全く慣れない作業で仕事の幅が広がったと自負していますが,カーナビのDIYに比べるとはるかに容易で, 心温まる内職をしている気分で楽しかったです。前職で言えば地質図や野外検証結果のマップを色鉛筆で塗っているような気分でした。
■精神労働ではなく肉体労働なので仕事の達成感も凄くありましたが「給料をたっぷりもらえる仕事ではないな」と思っていました。
■明日はお目当ての荷物は届くかな?


コメント

れんれくが無かったのでそんなことかとは思っていましたが・・今日からGHPの修理に出かけます・・猛威1台も完成しましたので帰宅後温度テストを始めます。何も無いと良いですがね・・出もあの仕事で3人ですか・・裕福な会社ですね・・信じられません・・これでは・・と思っています・・


ノイズ取りのために全体的な結線替えをしているので,絶対的なマンパワーは必要なようです。他の人だと効率や正確さの点で問題があるようで,今の3人で良いと思います。しかし,過剰なコストであることには変わりありませんね。
ハゲ土人は普通の顔して「帰りはオープンで」なんて言いながら予約変更可能な便を取らせてくれるので楽で良いですが,原価は大変ですね。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。