2006年11月14日

校長が自殺や隠蔽しかできないから子供たちも・・・

@mito今日もどれだけ負の遺産の清算に時間を費やしたことか・・・。おそらく9割以上がそうであろうと振り返るに,これは会社の慢性的な体質の悪さに起因するものだろうと思う。
■さて,最近のニュースで,いじめによる自殺が本当に増えていることに加えて,校長職などの自殺もよく報道されている。そのニュースを聞くたびに,僕は腹立たしくてならない。
■その理由は,大きな問題に遭遇したときの解決法が「隠蔽」か「自殺」しか選べない人たちが教育界の管理職であるからである。そんなトップだから,隠蔽か自殺しか選択できない子供たちが作られるのだと思う。大きな問題に遭遇したからこそ,それに立ち向かい,チャレンジし,努力し,負けない力で生きる力が必要だと思う。
■亡くなられた方の命に対してはお悔やみ申し上げるが,その選択は許されるものではなく腹立たしい。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。