2006年10月02日

pioneer avic-dr10のタッチパネル障害

パイオニアのavic-dr10のタッチパネルの障害(ずれ)について昨日書きましたが,問い合わせを出していたパイオニアからの回答によると「万一の故障が生じた際には,購入から一年を過ぎたものに関しましては有償での取扱」とのことで有償修理になるとのことでした。
■まぁ当然といえば当然の回答だが,1年半でこんなになるメーカーのカーナビはもう買わないし知人にも勧めません。ネット検索によると「保証期間を過ぎていたが無償対応だった」,「これは設計の問題」,「他社製はタッチパネルのキャリブレーションはユーザが出来る」などの意見もありますが,私としてはただただ「もうパイオニアは買いません」につきます。


コメント

そうでしたか?タッチパネルは問題が・・でも1年半では早すぎますね・・OL−752も最初タッチパネルが・・今も使いにくいですが・・
でもなぜパイオニアを・・Kさっはパロマの湯沸かし器が最新のデジタル式になって喜んでいましたが・・それは欠陥では・・


欠陥なのか,それとも定期的に壊れるようにして儲けたいのか解りませんが,いずれにせよユーザが不便を感じ負担を強いられていることには間違いありません。次回購入時は他社製を使おうと思います。
先日,プジョー407を見ましたが,この純正カーナビは残念ながら”高級なPioneer"とのことでした。カーナビで車を選ぶことはありませんが,いい気はしませんね。


今日、同内容でパイオニアに電話しました。
機種はDR120です。
有償だけ言われました。
「他でも出てるんじゃない?」って言ったら、
3〜5秒ほど間があって、
「リコールになるほど出てない」だって!さ。

ヤフオクで同症状いっぱい出てるやねえか!

やっぱ3流メーカーは
3流メーカーなんですね。

ますますパイオニアはダメな企業化するわけだ。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。