2006年09月28日

変わり始めた会社?

@saitama今日はあまりに驚いたことが二つありました。
一つは,ブログにたまに出てくる高橋君。約束の時間が守れないことを事前に連絡してきたのは当たり前のこととして,最近任せ始めた仕事の報告を,正しく適切に話してくれた上で,一緒に今後のことを協議することが出来ました。実にうれしい時間でした。
■もう一つは,渡米中の社長からのメールが数件。一つは今まで見たことないほどに長いメールで,現地での協議内容をわかりやすく(会話なしの)メールだけで連絡してきてくれました。また,別件の社内報告に対して,その喜びと感謝と期待が書かれていました。いつもは「了解しました」か「〜せよ」というメールしか見たことがないので驚きました。
■この調子でボトムアップ,トップダウンの両方から会社の質が変わっていくことは良いことだし,僕ら中間層も上下にいい職環境を拡げて行かなくてはいけないと思いました。
■写真は転んで泣く息子に「虫きたぞ?!」と話したらのけぞる図。


コメント

そうでしたか!期待できそうですか?せっかく育てた人がいつも取られて寂しいですが・・
社長はよっぽど気にしてるのでしょうね・・
私も長いメールは見た事とありません!
でもどうなるのでしょうか?


今後の期待は別として,昨日の打ち合わせはいわゆる「35歳の主任」との普通の打ち合わせでした。良かったですよ!
多少の人が辞めたとしても,会社は「組織」という力により何らかのリカバーをすることでしょう。事業部長の欠落を今,こうしているように。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。