2006年07月29日

金沢路。

@kanazawajo■土砂降りだった金沢の朝,トボトボと近所のコインランドリに向かい洗濯物の乾燥を30分。
■その足で「オールド・コーヒー」と銘打つ珈琲屋に行ったが,今ひとつ。
■ホテルに帰って午前中は仕事(来週のプレゼン資料作成など)をしていました。
■そうこうすると外の雨はやみ,そして時に日差しも差し始めたので,街に出かけることにしました。
■バスで金沢城公園の下まで行き,城跡経由で兼六園へ。
■兼六園に行くのは13年ぶり。昔はもっと大きく感じた公園も,今日は狭く感じました。そう言えば, 奈良から金沢までも随分近くに感じました。
@kenrokuen■思えば,学生時代にすんでいた弘前から兼六園まではバイクで丸2日半かかったことを思い出しつつ, その後の僕は地球の裏側(チリ)にも行き,南極大陸とオーストラリア大陸を除く4大陸(北南米,ユーラシア,アフリカ)を訪れ, 随分と見聞を広めたんだなぁと思いました。そうするといろいろな物事が小さく見えるようになったのかもしれません。
■しかしながらの兼六園。水にあふれた土や草,美しいまでの木々や考え抜かれたレイアウトを見るに, 歴史と由緒とかけられてきたお金を感じずにはいられませんでした。
■それにしても金沢・・・どこに行っても設備が行き届いており,随分と近代的街作りにお金をかけているなと感じました。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。