2006年04月08日

プラレール・ゲット。

prarail debut■昨今,息子が敷居をレールにして積み木を電車に見立てて遊んだり, また妻がプラレール図鑑のような本を買い与えた影響で電車の名前を話したりするようになってきたので, プラレールを買ってあげました。
■お気に入りは「みどりの・・・」と命名されていた「スーパー白鳥」。これとレールのセットを買ってきました(約5千円)。 僕的にはプラレールにおいて美しいデザインとバランスの東海道新幹線の300系が良かったのですが,息子に却下されました。
■しかし,僕が子供の頃に遊んでいたおもちゃがほとんど変わらずに現役であるというのは, プラレールがもつおもちゃとしての魅力の凄さだと思います。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。