2006年03月13日

YOKOHAMA DNA dB ES501ゲット!

with DNA dB ES501昨日,洗車グッズを買いに行った際に買い物袋にタイヤのチラシが入っていて, DunlopのLM703という新モデルが出ていました。これは静粛性を売りにしたタイヤで, タイヤの内側にあるというスポンジの消音効果が売りのようで興味を持っていました。 それで今日,それを見に行ったのですが, 純正サイズの195/65R15サイズは何とスポンジが貼ってありませんでした(その分安かったが・・・)。 スポンジがあるモデルも「貼り付けてあるだけ」という印象でイマイチでした。また, パターンも静かそうなパターンではなかったのですっかり意気消沈しました。
それでいくつか検討した結果,YOKOHAMAのDNA dB ES501を購入しました。
BSのREGNO GR8000にも食指がのびましたが,以前GR7000を使っていたのですが評判ほど静かではなく, いい印象を持っていなかったのでやめました(価格はdB+5000円)。 MichelinのMXV8は評判良く聞いておりほぼ購入の話をしていたのですが,製造国と製造週を聞いたら, made in chinaで昨秋製造。特に中国製が気分的に嬉しくなくやめました(価格はdB+7000円)。 DunlopのVeuroも検討していたのですが, 事前の私の調査でVeuroよりもdBの方がコンフォート性や静粛性の評価が良かったので,結果的に昨12月製造でmade in japanのdBを買いました(@55千円)。
それで早速夕飯(庶民派ラーメン)を食べに行ったのですが,走行中の路面の段差から,歩道を乗り上げる際の段差まで全てがマイルドで, 発進時や停止時の路面とATのつながりまでマイルドになった印象です。 あとは高速時どんな印象かが課題です(速度記号はHということで最高速度は210km/h・・・飛ばさないように気をつけます)。 2002年スペイン製michelinからの履き替えでしたが,満足度・コストパフォーマンスは十分な出来事でした。
ちなみにC5の純正ホイールがバランサーにうまくかかるかについてですが,やはりセンターホールでの装着ができなかったようで, 4穴ボルト止めで行ったようでした。現状,問題ありませんが,今後の高速走行で検証したいと思います。


コメント

ニセコから戻りました。
体調は回復傾向です。
タイヤ選びでここまで分析してこだわることは、自分にはありません。製造国とか考えたこともありませんでした。
冬タイヤは、ブリザックがダントツで良いとの評判で使用しています。
夏タイヤには、興味がありませんね。

ちなみに、アマゾンは、快調のようですね。


タイヤ選びは趣味性がある内容だから興味を持たない人もいるでしょうが,長期在庫を買わされたことに気づかないとしたらそれは損でしょう。
興味がないからと言って一番安いの(韓国製ほか)を買っているわけではないでしょうから,それもまたタイヤ選びでしょう。ちなみに何を履いているのでしょうか?


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。