2006年03月06日

時が経つのが早すぎる!

@Le Mans今日は会社での時間の半分以上が打合せとその議事録作成。「気がつけば夕方」そんな一日であった。 明日もそんな時間の過ごし方になりそうなので,「気がつけば週半ば」そんな一週間になりそうである。
それにしてもこの3月は何かと多忙だ。いつもながらの仕事ではあるが,複数案件の開発着手を議論するための情報取得やまとめの他, 国際学会への予稿集投稿や来日企業との連携や各地での会食(含,ホワイトデー)もある。3月に入ったばかりではあるが, おそらく気がつくと4月であろう。
時が経つのが早すぎると言えば,それは私生活も同じであり,週末は早く,子供との時間は早く,妻との時間もあっと言う間である。子供の頃, 一日は長く,1ヶ月は大変な先の話で,1年なんて想像も付かない未来であったが,歳負う毎に単位時間の感じ方が短くなっている。 これが歳を重ねると言うことか・・・。
■写真は何の脈絡もないフランス・ルマンの公園の日曜日の朝。


コメント

毎日が大変みたいですね・・仕事人間ですか・・私は今思うと学生時代はあっという間に過ぎ去りました・・今は仕事については時間は早いですね・・でも忙しすぎるのでは・・まとまりが無いようです・・・何かじっくりしたい・・それこそ残りの人生が・・奥さんとの時間も・・幸せ絶好調・・いいことです・・お子さんと仲良くね・・可愛いですよ・・
フランスルマンの公園素晴らしいですね・・一度行きたいですが・・なかなか・・


古い言葉ですが,「選択と集中」によりリソースを有効に使うことこそが求められていると思います。そういう点ではイリオス殿は作文が相変わらずなので,後進への口頭指導に尽力していただきたいです。
ルマンの日曜日の朝,カテドラルの鐘以外は静かな街でした。あんな良いところに仕事で行くのはやはり私の仕事と言うことでよろしくお願いします。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。