2006年03月19日

dna db

@rainbow bridge今日は先ほど書いたとおりに羽田空港までC5でドライブ。
デジタイヤにして初めての高速でしたが,高速レンジでも柔らかさと静けさは変わらずで満足行くものでした。また, 一人になってからコーナリング速度を上げたのですが,柔らかな乗り心地の中で結構良く粘り,安定性が破綻することはありませんでした。 65扁平に与えられるべき乗り心地と粘りだったと思います。
しかし,今日は大変な強風だったこともあり,風の影響がある高速道ではやはり相応の振られがあったのですが, 初めはそれをタイヤ故の不安定性と思い込んでいました。タイヤや車のハンドリングを評価するときには路面条件や気象条件も加味すべきであり, それを考慮しない誤った先入観は評価においてすべきでないと反省しました。これは仕事での評価業務も同じで,多角的な考慮と判断, そして感性が必要と振り返っていました。
そんなドライブ中・・・日本vs韓国のWBCが気になっていたのですが,AM放送(TBS)で放送されていました。 1時間近くもAM放送を聞いたなんて・・・思い返せない程ぶりでした。


コメント

kiolinさん こんばんは

私のつたないブログに訪問いただきありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

リンク張らせていただきました


体調はどうですか?びっくりです!
多角的な考慮と判断,そして感性・・難しいですね・・感性はすばらしいと思いますが・・
車のことは余り詳しくはありませんが昨日の常磐道はすごかった・・強風で車がゆらり・・ゆらり・・吹流しが水平でしたからね・・チョロキュウは大変です・・少しマニュアルモードで楽しみましたが・・怖くなりやめました・・
 別の話ですが・・成田の先の潮来・・までここは面白いです・・高速運転には注意しましょう・・


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。