2006年03月01日

今日は雨。

@berlin今日は朝から雨。C5にて二つ隣の駅まで。何のトラブルもなく快調にドライブできました。そう言えば最近は雨が少ないように思います。冷たい雨の中を傘さして歩くという場面・・・昔はもっとあったように思うのですが。
私は元来雨男で,21歳の夏に青森から九州・四国へのロングツーリングに出たときにも雨がたくさんである意味気持ちが良かったです。また,10年ほど前にネバダの砂漠に行ったときにも,何と小雨の天気雨にあったのですが,それもある意味貴重な経験でした。
夜の駐車場で遠くを見ながらエンジンを切ると,車の屋根に落ちる雨音が情緒的で昔から大好きでした。しかし,最近の自動車は天井の遮音性能も高いので,そんな雨の情緒も楽しめなくなったかもしれません。その分,撥水コートしたフロントガラスほかの雨滴の綺麗さが視覚的に楽しめるここ最近の情緒かもしれません。

posted by kuchida at : 12:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月02日

背が重い最近。

@frankfurt station最近,特に仕事での重荷を感じることが多く,将来への夢と希望があふれる一方で,閉塞感も感じざるを得ません。先日書いた「希望」を「目的」として定めて実行する(実行させる)ことに難しさがあり,それが閉塞感の原因だと思います。
そんな中,「楽に暮らしたいなぁ」なんて思うことがあります。具体的な生活像はありませんが,少なくとも1時間かかる電車通勤がないない生活で,一日24時間の半分以上は私的時間ですごせるような毎日だと思います。そして,1/3は睡眠時間・・・となると仕事は1/6の4時間くらい(?)
しかし,そんな生活をしている同世代はいるはずもなく,身の回りでお金を持っていそうな人(年金受給者を除く)を想像すると・・・暇そうでお金を持っている人などいませんね。皆,忙しく仕事をしながら生活のレベルを維持し,向上させているように思いました。僕も日々,頑張って淡々と過ごしていくのが人生というものなのでしょう。

posted by kuchida at : 12:26 | コメント (0)

Kodak/V570ファームアップデート。

Kodak V570!お気に入りのマイV570ですが,米国サイトでファームウェアのアップデートがアップされたと言うことで,私もダウンロードしてアップデートしました。(1)ダウンロードしたファイルを展開後,(2)フォーマットしたSDメモリカードにsystemという名のフォルダを作成,(3)展開したファイルをそのsystemフォルダにコピー,(4)SDメモリカードをカメラにセットして電源ON。すると日本語のガイダンスが出るので指示に従うと完了です。露出補正時のシャッタースピードの設定がよりワイドになります。
機能性が向上するのは嬉しいが,写真を使う時間・機会がないことが哀しい。トホホ。
さて,昨日からmixiを始めました。イマイチよく分かりませんが,何だか楽しそうな雰囲気はありました。今は,会社で隣席のご老体殿とのコミュニケーションしかありません・・・。

posted by kuchida at : 20:43 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月03日

大輔君ありがとう&まずいパン。

@long beach, california私がブログをMTに変えたことを知った大輔君ubicast Bloggerというツールを教えてくれました。 i.e.の画面からの投稿ではなく, 専用のWindowsソフトを使ってのブログ投稿ができるとのことです。 早速今も使っていますが,便利といえば便利な気もします。
そんな大輔君は料理が上手なのですが,それとは相反する話題を今日は書きたいと思います。それは「まずい!」食べ物についてです。
昨日の朝,私は「まずい」パンを食べました。パンは妻が毎朝作ってくれるオリジナル・パンなのですが,昨日のは”ショッパ濃い” という感じの明らかな失敗作。一口食べて飲み込めず,流しの生ゴミ三角コーナーに出してしまいました。そんな折り,「おいしい」 という言葉がワイドレンジな妻も「これは食べられません・・・これはパンではない」とのことでした。 見かけは素晴らしかっただけに落差がすごかったです。
そう言われてみると,口にしたものを出すほど”まずい”(≠おいしくない)ものが今までにあったかと思うとなかなかありません。 古くなり酸っぱくなり糸を引いた(腐った)カレー,古くてカビてしまったパサパサのパンくらいなものでしょうか。 5年に一度の経験だろうということである意味貴重な朝食でした。
■追記
普段はとっても美味しいパンを妻は作ってくれることを追記しておきます。

posted by kuchida at : 12:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

ubicast Bloggerの利用

cuctus@arizonaubicast Bloggerにて再度の投稿。昼休みに大輔君といろいろ電話で話していたら, 今時の便利なツールはshiftを押しながら操作するなどにより諸々の機能があるハビットがあるようでした。 そこでubicast Bloggerでの再投稿を行っている次第です。さて,表示はどうかな?
■結果:余計なタグが付かないようにしたり,画像の保存フォルダは変えられましたが, 画像のファイル名が変更されてしまうのがちょっとだけ難ありか?それ以外はまぁいいかも。
■加えて,過去ログも参照できるので確かに使いやすいかもしれませんね。

posted by kuchida at : 12:26 | コメント (0)

2006年03月04日

戸田の実家へ。

my son and father先般,両親が経営する鉄骨アパートが築15年を超えて湯沸器の故障が増えたと言うことで, 全世帯分に新品を入れたそうです。両親は値引くと言うことを知りませんから恐らく数百万円にのぼる費用だったことでしょう。 すると東京ガスが新品のガスファンヒータを4台もくれたというのです。2台は実家で使うことにしたそうですが, 2台は余ると言うことで会社の同僚に安く譲ることになりました。僕は無料でよいと仲介していたのですが, ○×まじめな彼はお金を支払うと言うことでいくらかもらいまして,それを発送すべく先週に引き続き実家に行ってきました。
そして,そのお金を元手に皆で川口そごうの和食堂(宮川本店)へ。
さて,父は写真を人生の趣味としており,趣味歴は65年にはなるだろうと思うのですが,ダイン・ アーバスという人の写真集が欲しいが手に入らないとのこと。帰宅後,インターネットで調べたらDaine Arbusという著名な米国女性写真家がいたようです。Amazonで調べたら写真集がいくつもあったので,下記の2点をオーダーし,父宛に送りました。 僕もまた,その写真集には興味があるので,次回行った際には見せてもらおうと思います。
 

posted by kuchida at : 17:56 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月05日

春ここに。

red ume昨日,戸田の実家に行くと紅梅がいくつか咲き始めていました。2分咲き位だったでしょうか? 今日も温かで穏やかな陽気で春の訪れを感じました。一昨年だったかは花粉の量が少なくて, 10年以上ぶりに花粉症の症状が出ない春を迎えたことがありました。そのときに「花粉症のない春っていいなぁ」 と心から感じました。
そして,今年も今のところはそんなにひどくないので,春を楽しく感じられています。このままGWを迎えられたらと思います。
昨日の夜,テレビで鎖骨トントン刺激とか何とかという花粉症対策を紹介していました。両鎖骨を5分ずつ叩くそうなのですが, 血流やリンパ腺を刺激するのだそうです。気分的には肩こりにも効きそうだしちょっとやってみようと思っています。
さて,最近の週末というと,金曜の23時から「チャングムの誓い」の再放送を見ています。気がつくと24時を過ぎており, 普段は22時半頃に寝る僕としては大変な夜更かしです。加えて今は,妻がお勧めの昔のドラマ「週末婚」 の再放送のビデオ録画を一緒に見ており,昨晩もそれを深夜まで。今日の日曜日の朝,目がチョボチョボでした。しかし, いずれも笑いながら見られるドラマであり夫婦の会話も進みますのでいい時間でした。

posted by kuchida at : 11:44 | コメント (0) | トラックバック (0)

縦列駐車!

「今日は眠い!」と書いた午後,荒川沿いにある彩湖へ。panorama by v570
縦列駐車大成功! 到着はもう14時前と言うことで駐車場はすっかり混雑。そんな折り, 微妙な隙間があったので「入るかなぁ?やってみる?」 ということで狭めのスペースにチャレンジしたところ・・・前記の通りに” 一発”で決まりました。 ホイールベースは2750mmで決して短いわけでもないので,舵角が大きく切れるのでしょうか?もう, 今日はこれだけで嬉しくなれた日曜の午後でした。
23mm equivalent by v570さて,今日もKODAK/V570でたくさんの写真を撮りましたが, 23mm相当のレンズだからこその写真がたくさん撮れました。

posted by kuchida at : 18:45 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月06日

時が経つのが早すぎる!

@Le Mans今日は会社での時間の半分以上が打合せとその議事録作成。「気がつけば夕方」そんな一日であった。 明日もそんな時間の過ごし方になりそうなので,「気がつけば週半ば」そんな一週間になりそうである。
それにしてもこの3月は何かと多忙だ。いつもながらの仕事ではあるが,複数案件の開発着手を議論するための情報取得やまとめの他, 国際学会への予稿集投稿や来日企業との連携や各地での会食(含,ホワイトデー)もある。3月に入ったばかりではあるが, おそらく気がつくと4月であろう。
時が経つのが早すぎると言えば,それは私生活も同じであり,週末は早く,子供との時間は早く,妻との時間もあっと言う間である。子供の頃, 一日は長く,1ヶ月は大変な先の話で,1年なんて想像も付かない未来であったが,歳負う毎に単位時間の感じ方が短くなっている。 これが歳を重ねると言うことか・・・。
■写真は何の脈絡もないフランス・ルマンの公園の日曜日の朝。

posted by kuchida at : 20:25 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月07日

オストメイト対応多目的トイレ

オストメイト対応多目的トイレみなさん,このマークを知っていますか?
先日,出かけた川口リリアでトイレに行こうとしたら,この青いマークがあったのでその方向に行ったのですが, そこには男性トイレはなく障害者用トイレがあるだけでした。 「普通,障害者用のマークは車いすのマークなのに何故に意味の分からないアイコンを使う?」と思いました。
これについて調べたところ,このマークは「オストメイト対応の多目的トイレ」とのことでした。「オストメイトとは何?」 と当然思うわけですが,それは国内に20〜40万人いると言われている人工肛門,人工膀胱を保有している人を指しているようでした。
■オストメイトの簡単な説明はこちらをご参照ください。
■より詳しい事情はこちらをご参照ください。
■また,公的機関で使われるような種々のアイコンに関する説明はこちらをご参照ください。
結果的には私の無知だったのですが,今は知ることができたので,それをここに書くことで「オストメイト」や「その対応トイレ」そして 「そのアイコンがある」ことを広めたいな,と思いました。前記のアイコンのリンクを見ると, このマーク以外はだいたいわかるな,と思いました。関連団体のより一層のPRが必要だとも思いました。

posted by kuchida at : 12:30 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月08日

Amazonおそるべし。

@amsterdam昨日は多少の寒さ(?)もありましたが,今日はまた暖かで,すっかりと春の陽気。 前日の陽気が当日の花粉症の症状に現れるので,今日は多少楽なのは良いにしても,明日のことを考えると憂鬱になります。
穏やかな春の空気の中,普通の健康な身体でこの春を感じたいものです。
さて昨日,Amazonマーケットプレイスでまたまた本が売れました。
以前の投稿でブックオフで700円と言われた本の数々ですが, 現在までにAmazonでの実利が2千円強(振込額は送料込みなので4千円強)とヤフオクでの実利が数百円ということで2500円程になっています。 ざっと4倍です。
ここで感想ですが,Amazonの実利が2千円強と書きましたが,Amazonが取得する手数料も同じような金額です。 Amazon恐るべしです。よく考えれば,こんなブログでもバナーPRがあるのですから売れるはずです。
そんな私のAmazonアソシエイトによる利益は現在951円です。
■写真は相変わらず無関係なAmsterdamでの大道芸。

posted by kuchida at : 12:59 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月09日

プロフェッショナル。

@arakawa昨日の亀田興毅プロはまた凄かったなぁ。格闘技はそんなに見ているわけではありませんが, 前回同様にボディでのKO。それにしてもスピードがある試合で, 寝ぼけ眼で見ていた僕としてはババババッという攻守を頭で理解するのが追いつかなかったです。 相手側がローブローだと訴えているところに亀田父がいちゃもん付けに行くところが面白かったです。
僕は亀田家の面々が好きなのですが,特に亀田興毅プロの質疑応答はイチロー選手につながるものを感じます。 それは孤高のプロのトップとしての思考とそのコメント力です。品位と書くと表面上の問題がありますが, 本質的に彼のコメントには品位があると思い感心します。プロとしてのその姿勢は僕らも見習うことが本当にたくさんあると思います。
■写真は相変わらずに無関係な荒川河川敷。

posted by kuchida at : 07:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月10日

修行中。

@yellow flowers何だかまたしてもたくさんの貧乏くじのような仕事が舞い込んできました。 どれもこれも他の人の職務放棄や職務怠慢を補うような仕事への参画なので,全くもっていい気がしません。
仕事とはそんな環境でしている人の方が多いのかもしれませんが,最近は特に社内環境の悪化が激しくて時に憂鬱になります。
それでも一晩たてばまた力がみなぎっていてそれに取り組む意欲を湧かすにいたっているので,毎日の仕事が回っているのでしょう。 やれやれです・・・これ修行中。

posted by kuchida at : 00:13 | コメント (0) | トラックバック (0)

C5/snow mode

under the cloud
今日,C5に乗っていて,ふとスノーモードを押してみました。普段使うことはないのですが, 父は(自分ではクラウンですごい発進をするくせして)ちょっとした発進加速に反応するので, 父を乗せたときにはいつもスノーモードにして発進を穏やかにしています。
それをちょっと検証すべくチェックしたのですが,発進は何と3速からでした。4ATのC5なので, 何とスノーモードでは3速/4速の2AT動作となるようです。今までずっと2速発進と勝手に思い続けていました。

posted by kuchida at : 21:39 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月11日

春の香り。

at slide今日は花粉がひどくてブルーな土曜日かなぁ?と思いながら昨晩は床に付いたのですが, 深夜に目覚めることもなく朝を迎えました。それは嬉しい春の朝です。
おそるおそる起きて一日を始めるも,花粉症の症状は出ず・・・そのまま息子と外に遊びに出かけましたが,マスクをすることもなく, 鼻をかむこともなく午前中を過ごすことができました。しかし,C5は昨日の雨もあり花粉の跡がドロドロ。 洗車機にかけてピカピカにしてきました。
今日は一日コンタクトで過ごしていたので,好きなサングラスをかけ,春の風と香りを感じ,すこしぼやけたまぶしさを感じることができました。

posted by kuchida at : 13:29 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月12日

別所沼公園。

@slide, #2妻が昨日に引き続き体調悪そうなので,Amazonマーケットプレイスの発送(またもや売れた! )を郵便局で行った後に,息子と二人で別所沼公園へ。
曇りがちの中にも日が射していましたが,風が強くて沼の噴水の水しぶきが100mほど離れた遊技場にまで届いていました。
三輪車での公園一周の他,滑り台,ブランコ,ジャングルジム,ターザンロープほかをいつまでも続けて遊んでいました・・・ 写真撮影の機会がたくさんあったので僕も楽しかったです。
今のマンションを買う前は,別所沼公園まで5分くらいのところに住んでいたのでよく行きましたが, 今は少し離れているので行く機会が減りましたが,そんなに混んでいるわけでもなく,相変わらずに居心地の良い公園でした。
春,秋には沼の外周のメタセコイヤが綺麗なところです。

さて,今日も花粉症の症状がほとんど出ませんでした。車のフロントガラスには結構な量が付いていたのですが, 風が強い公園内でも平気でした。
以前から,花粉症はディーゼル排気ガスと花粉の融合からなる公害病だという説を信じていたのですが,ここ数年の症状を思いつつ, 今年の状況を振り返るにやはりその通りかも?!と思いこむのでした。だとしたら石原知事よありがとう。

posted by kuchida at : 15:56 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月13日

YOKOHAMA DNA dB ES501ゲット!

with DNA dB ES501昨日,洗車グッズを買いに行った際に買い物袋にタイヤのチラシが入っていて, DunlopのLM703という新モデルが出ていました。これは静粛性を売りにしたタイヤで, タイヤの内側にあるというスポンジの消音効果が売りのようで興味を持っていました。 それで今日,それを見に行ったのですが, 純正サイズの195/65R15サイズは何とスポンジが貼ってありませんでした(その分安かったが・・・)。 スポンジがあるモデルも「貼り付けてあるだけ」という印象でイマイチでした。また, パターンも静かそうなパターンではなかったのですっかり意気消沈しました。
それでいくつか検討した結果,YOKOHAMAのDNA dB ES501を購入しました。
BSのREGNO GR8000にも食指がのびましたが,以前GR7000を使っていたのですが評判ほど静かではなく, いい印象を持っていなかったのでやめました(価格はdB+5000円)。 MichelinのMXV8は評判良く聞いておりほぼ購入の話をしていたのですが,製造国と製造週を聞いたら, made in chinaで昨秋製造。特に中国製が気分的に嬉しくなくやめました(価格はdB+7000円)。 DunlopのVeuroも検討していたのですが, 事前の私の調査でVeuroよりもdBの方がコンフォート性や静粛性の評価が良かったので,結果的に昨12月製造でmade in japanのdBを買いました(@55千円)。
それで早速夕飯(庶民派ラーメン)を食べに行ったのですが,走行中の路面の段差から,歩道を乗り上げる際の段差まで全てがマイルドで, 発進時や停止時の路面とATのつながりまでマイルドになった印象です。 あとは高速時どんな印象かが課題です(速度記号はHということで最高速度は210km/h・・・飛ばさないように気をつけます)。 2002年スペイン製michelinからの履き替えでしたが,満足度・コストパフォーマンスは十分な出来事でした。
ちなみにC5の純正ホイールがバランサーにうまくかかるかについてですが,やはりセンターホールでの装着ができなかったようで, 4穴ボルト止めで行ったようでした。現状,問題ありませんが,今後の高速走行で検証したいと思います。

posted by kuchida at : 00:36 | コメント (2) | トラックバック (0)

福井へ日帰り。

@fukui今日は日帰りで福井へ。東京はほぼ快晴でしたが,神奈川あたりで曇り, そして静岡以降はまた快晴でしたが,岐阜羽島から先は雪景色。福井でも陽が出たり雪が降ったりの繰り返しでしたが, 一時はゴウゴウと降っていました。
しかし,家を出てから丁度12時間後の帰宅でしたが,福井に居たのは3時間だったので,9時間は移動に費やしていたことになります。日当・ 宿泊費のことも考えると京都の客先も寄ってくれば良かったなぁなどと今更ながら思うのでした。
今日は下記の「プロ論2」を読んでいましたが,キャリアアップや転職への思いを強くさせる内容で, 将来の目的に向かって今を生きるべきであると思いました。さて,この本,Amazonマーケットプレイスでは1,200円から。後日, 出品しようとと思います。

posted by kuchida at : 21:17 | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年03月14日

負けない子。

!近所の公園の桜の木が防犯の都合かどうか解りませんが,バッサリと切られたことに驚いていたのですが, なんとこんな風に切られた木でさえも桜の花が咲くとは驚きました(桜の花は画面中央よりもやや右側の小枝からの一輪です)。
高校生の頃に,歩道のコンクリートの割れ目の雑草(今で言うド根性大根?)を見て勇気をもらっていた若かりし僕ですが, きっとこの桜を見たらやはり驚いていたことでしょう。
僕は昔から「負けない」ということが大事だと思っています。そして,勝つことにはこだわらずに生きてきたと思います。人には「”負けない” とは勝つことだ」と言われますが,負けないためにする努力と,勝つためにする努力は違うし,それぞれを達成するためのプロセスも異なります。 それを論ずるには時間がかかるので割愛しますが,僕の考えとしては,写真の桜は, まず間違いなく負けないための努力の象徴として見ることができます。
そういう訳で,喉も痛く,花粉症もつらく,外も寒く,仕事も多忙で,何かと大変ですが,自分の子供には「負けない子であって欲しい」 と思う父として,また明日もそう過ごそうと思うのでした。

posted by kuchida at : 20:46 | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年03月15日

終わりのない痛みはない。

@dusk昨日に引き続き「マインド」カテゴリ案件ですが,私の頭にある考え方として「終わりのない痛みはない」 という考え方があります。 社会人になった後に歯医者で痛いのを我慢しているときに気がついた考えなのですが, どんな身体の痛みや心の痛みも, 終わりがあると思います。
本当の意味でのendless painはないと思います。
寒い朝に冷たい水で顔を洗ってて手がしびれたとき,満員電車でつぶれそうなとき,国際線で何度眠ってもまだアラスカ上空だったとき, 忙しくて参ったとき,心が痛いとき・・・その先にあるはずの癒しと緩和への希望を胸にそう思います。
花粉症に悩まされているとき(今)ももちろん同じくそう思っていて,花粉がない頃は必ずやってくるのです。さぁ,頑張ろう!
もう一つの我慢の言葉は,「上はいくらでもいるし,下もいくらでもいる」という考えです。どんな究極を装った出来事であったとしても, 上には上がいるし,下には下がいます。そんな中で人は出来事を自分なりに解釈しながら育っていくものと思います。 これは主観的な視点を客観的な視点に変える上で重要な考え方だと思います。そういうわけで明日も頑張ろう!

posted by kuchida at : 20:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月16日

つくばから柏へ。

@solar cell写真は何かというと窓ガラスに貼り付けられた太陽電池セル。これで省電力の一助を担うことができます。 今日はそんなところまでつくばエクスプレスで行きました。TX(?)はまぁ結構なスピードで走り続けますが, それでも尚40分もつくばまでかかりました。
そして帰りは柏の葉キャンパスで途中下車後,柏駅前で会食して帰ってきました。
帰りは常磐線で新松戸経由武蔵野線でさくっと帰ってくる予定だったのですが,常磐快速にのってしまい,新松戸を通過で松戸まで・・・ トホホと引き返した後に武蔵野線で帰ってきました。来たものにのれば良いというわけではありませんね。
今日は毒を飲んできたのでもうお終い。

posted by kuchida at : 21:59 | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年03月17日

高橋フィルタ。

glass domeうちの会社には,よくある名字の加藤さん,斉藤さん,佐藤さん,鈴木さん, 高橋さんなどがいるのですが,昨今,隣の席の高橋君には驚くばかりです。
彼の所行の多くには呆れるばかりの私なのですが,今日もまた・・・彼の致命的な問題は3日経つと忘れてしまうという物忘れではなく, その歪んだ解釈と思考です。
彼の考えは全て彼というフィルタを通した結論しかあり得ません。したがって,どんな第三者的な意見であったとしても, それは高橋フィルタを介した情報に変質しており,多くの場合は悪く変質しています。その歪みようと言ったら果てしなく, 国語の通信簿に数学の評価軸が書かれていたり,あいうえおがabcdeに変わっていたりならまだしも,どら息子が金属イオンになるようなサーチエンジンでも見つからないような無関係さがそこにはあります。
人の話を正しく聞けなくて,さらにそれをもとにしていい加減な論理立てをする姿勢はビジネスマンとして全く通用しないと思います。 もう何度か彼には伝えているのですが,何にも変わりません・・・だって3日経つとほとんど忘れてしまうのですから・・・。
それに比べて反対隣のイリオスさんは,実に優秀で,こそあど言葉だけで生きている方です。上と下は空洞化で大変で,右と左は前記の通り。 後ろは壁なのであとは前に頼るしかないのですが・・・。

posted by kuchida at : 12:45 | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年03月18日

Wynn Bullock after Diane Arbus.

@home今日は息子と共に実家に届け物。そのまま昼食(うどん)も食べてきました。
今晩,僕の友達が北海道からやってくるので,妻には自宅でその準備をお願いしてあり色々やってもらっていまいた。
先日,Diane Aubusという写真家の写真集を父が欲しいというのでAmazonで贈っていました。それも見せてもらったのですが, 2冊をじっくり見るには数日がかかりそうな内容でした。感想・・・pictures of histrical American strangersみたいな感じでした。
そんな父がWynn Bullockという写真家の写真集も欲しいというので帰宅後調べてみたのですが下記の通り。父が話していたのは, 「自然の中にある言葉では言い表せない何かを撮っているんだよ」とのことだったので,第六感的なオーラがあるのかなぁ? と思っていたのですが,下記を見ると,ある意味父の言うとおり。普段, 凡人には解りづらい自然を撮っている父がどんな意図でArbusやBullockに興味があるのかは・・・不明。
    

posted by kuchida at : 14:11 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月19日

another life of mine

@my friend昨日の夜遅くに北海道の友達大輔君が我が家にやってきました。 起業セミナーに参加する目的でしたが,何と黒ずくめのスーツにワイシャツ,ネクタイ& アタッシュケースといういでたちで武蔵浦和の改札口を出てきたので,他人として装いたくなりました。加えて名刺は赤黒に 「情報錬金術師」などと書いてあり,ヤンエグなモグロフクゾウのようでした。
そんな友と深夜まで(4ヶ月分の)積もる話を語り合いまして,今日は羽田空港までC5で見送りに。 空港では大輔君が2,400円もするにぎりをご馳走してくれました。起業後に儲かったらハワイのコンドミニアムに招待してくれるそうなので, その日を楽しみに待ちたいと思います。
ちなみに今の彼のモチベーションの一つとして「僕をギャフンと言わせること」というのがあるそうです。「ギャフン大歓迎!」 なので頑張ってもらいたいです。
さて,彼との会話の中で思ったことはanother lifeという考え方です。 人生の岐路で今とは違う道を選んだときに得られたであろう人生や,今後得られるであろう人生のことです。将来のそれを考える上では, 自分のなりたい姿をイメージする必要がありますが,僕にはそれが明確にはありません。何故ならば, 仕事においては企業として成長していくべき道を描きながら将来につながる仕事をすることが僕のテーマとなりますが, 私生活においては今ここにある幸せをいかに継続させていくかが僕にとってのテーマだからです。 それ故に未来のための現在という位置づけが得られません。
そんな中にあったとしてもanother lifeをテーマに人生を考えることは不測の事態への備えとして必要なんだと思います。今日は僕が考えるanother lifeを初めて人に対して口にしました。

posted by kuchida at : 16:28 | コメント (0) | トラックバック (0)

dna db

@rainbow bridge今日は先ほど書いたとおりに羽田空港までC5でドライブ。
デジタイヤにして初めての高速でしたが,高速レンジでも柔らかさと静けさは変わらずで満足行くものでした。また, 一人になってからコーナリング速度を上げたのですが,柔らかな乗り心地の中で結構良く粘り,安定性が破綻することはありませんでした。 65扁平に与えられるべき乗り心地と粘りだったと思います。
しかし,今日は大変な強風だったこともあり,風の影響がある高速道ではやはり相応の振られがあったのですが, 初めはそれをタイヤ故の不安定性と思い込んでいました。タイヤや車のハンドリングを評価するときには路面条件や気象条件も加味すべきであり, それを考慮しない誤った先入観は評価においてすべきでないと反省しました。これは仕事での評価業務も同じで,多角的な考慮と判断, そして感性が必要と振り返っていました。
そんなドライブ中・・・日本vs韓国のWBCが気になっていたのですが,AM放送(TBS)で放送されていました。 1時間近くもAM放送を聞いたなんて・・・思い返せない程ぶりでした。

posted by kuchida at : 16:36 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月20日

@iTunes Music Store (3/25記述ですが,ブログを休んだ3/20に振替)

■今日は久しぶりにiTunes Music Storeでお買い物をしました。それはアコーディオン奏者coba氏のアルバム。 そもそもcobaという音楽家を全く知らなかったのですが,たまたま今読んでいる本の中で紹介されており, 「日本国内におけるアコーディオンの運命を変えたい」という思春期の思いを実現してきている人のようで,「さて,どんな演奏なのだろう?」 と思ったのがきっかけでした。
■そう言えば,似たように何かの動機で買ってみた音楽でお勧めできるものを2,3挙げると・・・
一つにはアン・サリーが挙げられます。心がゆったりとして癒されるボーカルを聴いていると, 女性がアロマテラピーでもしながら音楽を聴いて癒されたいという気持ちが分かるような内容です。I wish you loveなどは風呂上がりの落ち着いた静かな夜に紅茶などを飲みながら聴きたくなります。 BOSEよりも真空管アンプの方がいいかな?
■あとは小野リサも良かったです。これは妻が元々好きなのですが,出張先のアメリカでふと妻が持っているCDを聴きたくなった時に, 同じのを買うのも何なので別途買いました。スローからアップまで幅広く網羅されており,定番ではありますが,My Cherie Amourの小野リサらしいテンポを聴いていると緩やかさの先にまた頑張ろうという気がしてきます。
■それにしてもiTMSというビジネスモデルはよくできて居るなぁ。 今持っているiPodが壊れたとしても, iTunesはそのまま活かしたいからまた買うもんね, しょっちゅうモデルチェンジして良いものに変わり続けているし・・・。
  

posted by kuchida at : 21:16 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月21日

体調絶不調。

■日曜日はもうくたくたで,18時は眠りにつきました。そして,朝まで眠れるように鼻炎薬を数年ぶりに飲みました。
■異変は22時頃で寒気がするので発熱かと思ったら38度代。風邪薬を飲んだら直ぐに熱は下がりましたが,喉の腫れがひどく, 月曜の朝になっても微熱があったので会社を休みました。
■医者で問診を受けているとTalbyがビービーとバイブモードで鳴りまして,診療後に電話をするとイリオス氏。おそらく「さぼっとるな?! 」ということで電話してきたのでしょう。「いやいや心配したんや」などと言うのでしょうが・・・医者からはたんまりと薬が処方され, 中には劇薬らしきの気管支拡張薬も入っていました。
■その後,熱が上がったり下がったりを繰り返していましたが,月曜の夜には気分が悪くなっていたのですが,その後,激しく嘔吐。妻曰く 「顔は青く,唇が土色だったわよ」とのこと。その頃の僕というと,身体は痛いし熱は高いし気分は悪いし頭は痛いし・・・ 弱気にも飛び降り自殺でもした方がよほど楽だと思っていた頃でした。
■数度の嘔吐がありようやく深い眠りにつき,火曜の早朝(今),目が覚め久しぶりの食事を頂き薬を飲みました。
■いはやは参った参った。しかし,ひどい風邪をひくのは2年前のインフルエンザ以来。 2年分の疲れが出たと思えばまぁ納得のきつい症状でした。

posted by kuchida at : 04:44 | コメント (4) | トラックバック (0)

体調不調。

@tokyo station火曜日の早朝以降,3時間寝て1時間起きるというような生活をしていますが,一進一退といった感じで 「好調」という言葉を口にするにはまだまだ時間がかかりそうです。
明日は午前中の外出には同行しなければならないので,午前中だけワンポイントで出勤しようかと考えています。 来週のフランス人の来日対応と月末までの国際学会向け予稿集の作成のみにターゲットを絞り体調コントロールをしようかと思います。
それはそうと今日のWBC。2回の表裏と9回の表裏だけを見ました。 ちょうど前記のサイクルにピタリとはまりいいところだけ見ることができました。 サッカーよりも野球の方がスポーツとしてもスポーツ界としても100倍以上も好きな僕としては,楽しく興味深く見られたWBCでした。
しかしまた来週末からは退屈なプロ野球が始まると思うと勿体ないと思います。このWBC優勝を機に, 好奇心を刺激するようなプロ野球作りをしてもらいたいです。特にWBCで選手が大活躍したロッテや代表監督をつとめたダイエーを中心に!
■写真は先日のドライブの東京駅前からの風景。

posted by kuchida at : 17:33 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月22日

春。

@ume昨日,東京でも桜の開花宣言が出されましたが,今日もいい陽気で気分が良かったです。 今日は午前中に営業同行があったのですが,それは僕でないとダメな案件だったので高熱でも行くつもりでしたが, 思った以上に元気になれたので穏やかに御茶の水まで行ってきました。
しかし,咳をすると激しい頭痛が襲うし,変な脂汗をかいたりしているので,15時半で早退してきました。これで体調を整えて, 今週末まで頑張りたいと思います(土曜は出勤のつもり)。
しかし,段取り屋の僕としてはいくらでも段取りを組めるのですが,それを実行しこなしてくれるリソースが不十分で, かつ今後さらに減るという状況なので,僕自身が段取り屋をやめてリソースとして働こうかと思っています。 そうしなければ会社に何も残りませんから・・・それもまた人生という道の立ち寄るべき一つかなと思います。

posted by kuchida at : 17:16 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月23日

業務増加1.2倍,のち2倍?

@nozomiやれやれ。上司がメンタルケアで通院すると言うことで, 今日は昼休み返上で夕方まで今後の人事制度に関する中間報告会に出席。内容は実力成果主義体系で良いにしても, 当社の管理職たちが各位の目的を明確に定めて評価できるかは疑問。 それとは別に普段は見られないデータも見ることができたのでそれは実に興味深かったです。
その後は,上司不在が長引くだろう事に対応する打ち合わせがあったが,結果的には体よく喋る人の悩み解決場のようになっていて, 本当の意味で救いの手が必要な人たちには何の決まり事もありませんでした。それは表現力の差にみる損得だったように思います。 僕はオブザーバだったのでホワイトボードにメモを取っていましたが,振り返るに新しい仕事が増えたのは僕だけ。 これまた表現力の差による損得だったかもしれません。
今のところは上向きのサポートで業務が1.2倍という状態ですが,今後, 下側の人間が退職すると決めたときには一体どうなるだろうと思うと本当に思いやられます。一方で, これを快楽として受け入れて全てこなしてやろうという意欲も日々増進中です。
上には上が居るし,下には下が。終わりのない痛みもないし,選択の自由はいくらでもあり,全ては自分の中にあるのですから・・・。

posted by kuchida at : 22:08 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月24日

実は弱かった私。

in the midnight■昨日は23時過ぎに眠りについたのですが,深夜2時過ぎに目が覚めてしまいました。 その後眠る努力をどんなに頑張っても眠れませんでした。仕事の諸々を考えると眠れなかったという甚だ情けない事情だったのですが, だからといって朝風呂にまで入った6時まで一睡もできなかったというのはある意味新記録でした。上司がメンタルトラブル, 年下の同僚は退職予定という環境の中で, ここ数日に来たるべきイベントと国際学会向け原稿作成期限を考えると覚醒しないではいられませんでした。
夜が明るくなって一番に思ったことは,「僕は弱い人間だったんだなぁ」という気持ち。そんなに神経が細いとは思っていませんでした。 これは新たな発見でした。
■その次に思ったことは,このブログにもよくくるイリオス氏が乗り越えた出来事でした。それは今の会社で謀反組が集団退職したときに, その立て直しをイリオス氏がしていたことです。僕はたったの上司と部下だけですが, イリオス氏はできる人ばかりが集団退職したという大変な状況だったことを考えると,よくぞ頑張られたと尊敬してしまいました。しかし, その後イリオス氏は脳梗塞で倒れるというオチつきで,しかもその充当に僕が入社したというダブルオチつきですが・・・。
■そんな今日は3時間睡眠で眠たかったですが,何と! 驚くことに懸案事項だった2つの文書作成(国際学会向け原稿のプラス1編分と昨今取り組んでいる開発案件のまとめ)が完了してしまいました。 疲れ何とかがなせる機能でしょうか。自画自賛ですが,「喋っても仕事ができる人は喋らなくても仕事ができるんだなぁ」と思いに更けました。 これで来週のフランス人対応はゆったりと過ごせそうです。
■さて,問題は今夜よく眠れるかどうかと言うことなのであるが・・・。

posted by kuchida at : 21:33 | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年03月25日

週末の景色。

■昨夜は微妙な夢見つつの中で8時間も眠ったのですっかりと元気になり,「どっか温泉でも行こう!」 という話で出かけたのですが, 春休みの土曜日ということもありどこここ渋滞気味。結局,川越あたりで断念してUターン。転んで立ち上がれないところ。
■「ではランチでも」と立ち寄ったのは川越のどこぞやの「田舎うどんてつ」というお店。
■普通の農家の一軒家のようなところでしたが,かなり腰の強いうどんで美味しかったです。しかし, それをもり立てる味の深さ(?)に質感がないのが少し残念でした。
■しかし価格の割には量が多く,地元の人が立ち寄っているようでした。このお店,幹線道路にあるのは看板だけで, 畑の中の道を数百m行った奥にあり,夜だと一見では決して行かなそうな感じでした。上の写真は「てつ」 の近所のあぜ道を散歩中に転んだ我が子・・・。@v570
■その後,おきまりの秋が瀬公園へ。写真の通りに冬が終わり春がやってきたのを左右に見られた心地よさ。 ちなみに上の写真はV570でのパノラマ2枚接続。今日も写真をたくさん撮ったので,今後しばらくは使えそう。
■その後の@akigase僕は草っぱらでうたた寝30分。 日向に吹く春の風が気持ちよかったです。その後, 公園内を散歩して帰宅しました。
■今日は早風呂も浴びてホッとしているうちにすっかりと暗くなってきたようです。

■ご機嫌な夜を迎えましたが,温泉ちと残念!






posted by kuchida at : 16:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月26日

反省。

昨日は元気だったが・・・■昨日はまだ元気だった息子であるが,今日はついに発熱しダウンした模様。
■先週来,調子が悪くて青鼻たらしていたのだが,妻は耳鼻咽喉科へ。僕は風邪と診て内科を薦めたのではあるが,結果的にこの状態で, 明日は小児科に行くとのことでした。疲れるのは誰かを考えるべきであり,僕ももっと強くリコメンドすべきであったと反省。
■明日から3日間はフランス人対応であるが,月曜朝は東京プリンスまでピックアップ。そして, 夜は会食でまた御成門まで送っていくことを考えると疲れが溜まりそうなので,明日は幡ヶ谷のホテルに自費宿泊。 火曜の朝のことも考えるとかなりゆっくりできそうで嬉しい。

posted by kuchida at : 14:09 | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年03月30日

眠い(2)

@akigase■昨夜は幡ヶ谷界隈に自費宿泊で体力温存を果たそうとしたのですが、 甲州街道沿いのホテル(ホテルノーブルというホテル)は交通量故にあまりにも騒がしく夜寝付けませんでした。とはいえ, それは騒がしさ故なのか?それともまた別途ある仕事の先行きの懸念なのか?それはイマイチ区別がつきませんでした。
■しかし、仕事の方というと、1月にフランスを訪問した際のメーカーとの今後の協力を打ち合わせる3日間を過ごしているところであり、 (はっきり言って)楽しい時間であることに間違いはありません。これは明日の水曜日まで続く話ですからいいのですが、 日常業務に戻る木曜日以降の事を考えると憂鬱になります。少しでも頼りになる人がいてくれればよいのですが・・・。
■さて、昨日の会食は初台のオペラシティにある豆腐レストラン「八かく庵」というお店に行きました。もう何度も同じものを食べていますが、 何度食べてもヘルシーで良かったです。
■話は変わるが,またAmazonマーケットプレイスで本が売れてしまった・・・ というのは疲れているときに帰宅して梱包他の作業をするのが疲れるのでそういう物言いになるのですが, 結果的にこの1ヶ月ほどの間で不要な本が5千円以上の儲けに変わりました。凄い!

posted by kuchida at : 12:13 | コメント (2) | トラックバック (0)

はぁ・・・やれやれ。

@tokyo tower■3日間の外人の来客対応も終わり,ようやくホッとしました。 月曜日はオペラシティの52階?の豆腐レストランを楽しみましたが, 昨日は愛宕森タワーの和食屋でしゃぶしゃぶほかをいただきました。
■その和食レストランというと,間接照明が多用されており店内は暗くて,普通の酔っぱらいでは転んでしまうような石段もある店なのですが, ふと見渡すとそこにはカップルばかり。そして,その女性はどの方も20代前半に見える若くて細くて綺麗で, ファッションもヘアスタイルもモデルさんのような子ばかりなのですが,その相方は何故かまた黒光りした老中年。その不思議な光景は, いわゆる非日常でした。
■さて,仕事の方というと,昨日はつくばにも行ってきたのですが,新たな出会いもあり, 仕事の幅を拡げられるであろう関係を作り出せたことはまた価値があったなと思います。
■その他,友達の大輔君から聞いた会議の進め方方法があったのですが,今回の先方主導のミーティングの中で,全く同じ方法がとられました。 しかし,それは消極的な当社スタッフには馴染まず, その件については僕のリーダーシップで文殊の知恵をまとめることで当社だからこその価値をまとめることができました。
■振り返るに,価値がある3日間を過ごせたと思うので,今は充足感を感じられます。あぁ,よかった。

posted by kuchida at : 13:02 | コメント (1) | トラックバック (0)