2005年12月10日

クリスマス電飾に見る優越感考。

人気blogランキングに挑戦中。クリック宜しくお願いします!


d6dbf0b1.JPG今日はお出かけなしかと思いきや,夕飯は店屋物(ピザ,ラーメンほか)にしようかなどと話しているうちに,結果的にケンタッキーフライドチキンを買いに行こうと言うことになり出かけてきました。しかしまぁ,住宅街のあちこちはクリスマスの電飾にあふれており綺麗ではありますが,外壁への装飾や出窓の電飾を見ていると,それは外向きのものであり,家人の方々が見られるものではありません。家の中はまたことさらの電飾があるのでしょうか?それとも外側だけなのでしょうか?
「ではうちも!」ということで,2年前の会社の忘年会のビンゴゲームで当たったファイバーツリーを出しました。
さて,当サイトでは多少のアフィリエイトも行っていますが,妻曰く「あなたのブログは語りかけるような分かり易さがないから人が集まらないんじゃないの?」とのこと・・・確かに欠けているかも。妻は今日,病院で随分と待たされたようで,ブログやアフィリエイトについて考えていたそうで,キーワードは「優越感」だというのです。皆,自分の考えや人生に優越感を感じたいものなので,それを満足させてくれるような価値が必要だとことです。
確かにその通りで,価値を計る術として種々のスケールがあり,その一つがお金であったり優越感であったりすると思います。しかし,僕のブログは,できるだけ客観的な視点で主観を述べたいと考えているのですが,人に優越感を与えたいという視点は持っていないので,私が日々発信しているこのブログはアフィリエイトには向いていないのかもしれません。
または,自分の今の姿勢を貫くことでまた別の価値が生じて,それがお金という価値に変わる可能性もあるのだとも思いますが。しかし,その場合には,そこに価値があるということを僕のアイディアで皆さんに知っていただく必要があるのでしょう。
人は優越感を持つことで幸せを感じる生き物だと思います。クリスマスの電飾は確かに綺麗で,家人の方もそれを喜ばしく思う反面,誰とも解らぬ通行人も幸せな気持ちになれるということで,野外電飾OKという結論を持ちたいと思うのでした。

■写真は我が家の些細なクリスマス電飾(当選品)。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。