2005年02月14日

独特なAT

b521fb22.jpg■特徴的なオートマ
シトロエンというとそのサスペンションに話題が集まりますが,まだ高速走行も長距離走行もほとんど体験していない街乗りばかりの私としては,現在のところ,このC5のもっとも特徴的な部分はATシフトプログラムにあると思っています。

■だいたいこんな感じ
遠くの信号が赤に変わったのでアクセルを緩めると,C5はエンジンブレーキがマニュアルミッション車のようにしっかりと効き,そして,徐々にシフトダウンし,最後には1速まで落ちてしまいます。国産車のようなあのスラーっとミッションが抜けているような静けさはありません。
それが嫌だという人もいるようですが,MT車が好きな私としてはいいフィールです。交通の流れの中での微妙な速度調整における無用なブレーキが嫌いな私としては乗りやすいことこの上ないという感じです。
ロックアップしたATがいつまでも戻らない感触でしょうか?

■ある時には・・・
スタートダッシュはどんなモノかと1速から踏み込んだことがあるのですが,(回転の上昇はイマイチですが)2速にあがりそれなりのスピードに達したのでアクセルを緩めました。
国産車ならそのまま3,4速にシフトアップして惰性で走っていくところなのですが,C5は2速を維持したままエンブレが強く効いたまま。いつでも踏めば強く走り出す準備が万端でした。そんなAT車は初めて。

ツボに入ったら大好きになれるATシフトプログラムだと思います。
僕はツボにすっかりと入ってしまったので,抜け出せなそう!


コメント

C5の調子はいかがですか?

先週、私は306に乗りまくりました。そして、旅行で乗った友達のクルマのナビシートにも。
そこで気付いたATの癖について書こうと思います。

なかなか4速に入りたがらない!
飛ばす時は結構低いギアで引っ張ってくれて気持ちとシンクロしてくれるのですが、
マターリ運転の時は燃費も意識して早めにシフトアップしたいのに、それに応えてくれません。
油圧制御だから融通が利かないんですね。

減速やスピードコントロールはフットブレーキではなく、ほとんどアクセルとシフト
(エンジンブレーキ)でしているんですが、そういうドライビングスタイルって
過去のものになりつつあるんですかねー。燃費が伸びて、ブレーキにも優しいのに…。

うちのBlogもよろしくお願いします。


お久しぶりです。またのお越しありがとうございました。
446さんのBlogも時々お伺いしておりますが,
なかなかコメントができずに至っております。

今朝もC5で二つ隣の駅までドライブしてきましたが,
4速には上がりたがらないご様子。
マニュアルシフトにして4速に上げて走りましたが,
速度レンジが低いせいかエンジンかぶりそうなドロドロ走行。
やはり道路事情による速度レンジと,それに対して
ドライバーが要求するシフトの関係が国産とは違うと感じました。


コメントを投稿

  コメント投稿後の表示には管理者の承認プロセスがあります。
  ご了承ください。